« あの日あの時 | トップページ | 上げても下げても大事な問題 »

2006年5月17日 (水)

土日はインド

といっても、本当のインド旅行はまだ先。

この前の土日はラジオNIKKEI主催の個人投資家向けのインド経済・株式についてのセミナーの司会の仕事で、土曜日は東京国際フォーラム、日曜日は大阪・淀屋橋のAP大阪に行ってまいりました。みっちり二日間、インド経済の勉強をしてきました!

インド経済の成長力、若い労働人口、内需の拡大、ソフトウェアの輸出増加やアウトソーシングの受注増加など明るい材料が多い一方、投資対象先としてはどうなのか気になる投資家も多いようで、沢山の参加者が集まり、熱心に講師の方の話に耳を傾けていらっしゃいました。とにかく盛り上がったのが、質疑応答の時間。投資家の方々が鋭い質問を次々とされて、とても充実したディスカッションになりました。

例えば・・・。

ルピー、ドル、円の動き。

カースト制度は若い労働力の流動化の妨げにならないのか。

急成長に対して、国内のインフラを整備できるだけの建設業者があるのか。

政治リスク。

などなど。

仕事とは言え、本当に楽しい二日間でした。

月曜日が仕事でなければ、大阪で美味しい物を楽しんだんですけどね~。日帰り!

次回の大阪出張のために、大阪地区のグルメ本を駅の本屋で購入しておきました(^^)

あ、でも、仕事帰りに美味しいコーヒーを飲みましたよ。

ふらりと入った淀屋橋駅近くの「holly’s cafe」というコーヒーショップ。

ダッチ・コーヒーがナイスでした♪

ダッチ・コーヒーとは何ぞや!?などと思ったのですが、オランダ式の水出しコーヒーらしいです。「holly’s cafe」、東京では、まだ見たことが無いのですが、大阪限定なのかな?

東京でも飲めるようになると良いですね。

☆インド・ミニ知識☆

国土面積は日本の約9倍。

人口は約10億6500万人。

インド憲法では18の言語が公用語として認定されていて、宗教もヒンドゥー教、イスラム教、キリスト教など、さまざまな宗教を信仰し、多様な文化を持っています。

財政赤字、経常収支が悪化していたところに91年の湾岸戦争を引き金とする原油高、印僑からの送金が止まり、外貨準備高は激減、IMFなどが対インド融資の延期を決定したことなどから経済危機に。これをきっかけに、92年経済自由化政策を導入。

国連の予測では2035年にインドの人口は中国を抜き、2050年には15億人になる見通し。

|

« あの日あの時 | トップページ | 上げても下げても大事な問題 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。