« 東電 | トップページ | 経営者会報8月号 »

2007年7月23日 (月)

社員第一主義

ハーバー研究所(JASDAQ 4925)の小柳昌之社長にインタビューしました。

ハーバー研究所は、自然化粧品の開発、製造、販売や健康食品を手がけています。

小柳社長へのインタビューは、ハーバー研究所が上場した当時、私が担当していたテレビ番組の対談番組に続き、今回が二度目です。

現在の売上比率は、基礎化粧品が68%、無機顔料のメークアップ化粧品が12%、トイレタリーその他が8%、健康食品が12%程度。健康食品、メークアップ化粧品の伸びが好調です。

同業他社がひしめく中でハーバーの強みをたずねると、内製化にあるとのこと。

製品、研究開発、物流、コールセンター、そしてなんと印刷物もアートディレクターからコピーライターまで全てを社内で手作りなのだとか。

また、ハーバーは、ユニクロの製品 HOTELS HOMES by UNIQLO のOEM供給を始めました。

小柳さんによれば、ユニクロは、品質に対するこだわりが厳しく、コストダウンも求められて苦労されたそうです。

収録後も「ユニクロの商品、あの品質と値段は、買われる方にとっては本当にお得だと思いますよ」と話していました。

私も小柳さんへのインタビュー前にユニクロの銀座店をのぞいてみましたが、

HOTELS HOMES by UNIQLOのコーナーは(これまでのユニクロのイメージらしからぬというか)本当にお洒落です!

ユニクロ店舗全体のイメージアップにも一役買っている気がしました。

小柳さんは、経営者として大切にしているのは、

株主第一主義ではなく、社員第一主義と話しておられました。

愛情を持って社員を大切にすれば、社員は仕事に打ち込み、愛情をこめて良い製品を作り、結果的には消費者、そして株主の利益にもつながる

というのが小柳さんの考えです。

社員第一主義という発想にはとても共感を覚えました。

また、子供を持つ女性が働きやすい環境を作るなど、女性社員を出来る限り大切にしたい。また女性の投資家に株を保有して欲しいと話していました。

番組のサマリー&オンデマンドはこちら

↑ハーバーの人気の商品。

ちなみに、私は薬用ホワイトレディを使っています。美白&保湿に手を抜けないお年頃・・・(^^;)

|

« 東電 | トップページ | 経営者会報8月号 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。