« 今後の見通し | トップページ | JMM writers talk & BAMBOLEO Live »

2007年11月19日 (月)

ウェブドゥジャパン

ウェブドゥジャパン(ヘラクレス2138)の小渕宏二社長にラジオNIKKEIの番組でインタビューしました。

ウェブドゥジャパンは、モバイル広告、モバイルコンテンツ配信、モバイルコマースなどを展開しています。また、人材事業は連結子会社のベインキャリージャパンで運営していて、連結売上の約50%を占めています。

モバイル事業と人材事業は全く異なるものに見えますが、安定的な収益を上げるためのポートフォリオということです。

☆小渕さんは、IBMとCSKの合弁子会社にいらして、営業をされていたそうです。

新規事業としてモバイルを活用した事業を複数提案してみたものの、大企業ゆえ決断に時間がかかり、ついに自分で起業して始めることにしたのだとか。

小渕社長の目標は「21世紀で最も感動を与えた会社になる」こと。

詳しい事業内容、今後の戦略についてはオンデマンド&番組サマリーをどうぞ

|

« 今後の見通し | トップページ | JMM writers talk & BAMBOLEO Live »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウェブドゥジャパン:

« 今後の見通し | トップページ | JMM writers talk & BAMBOLEO Live »