« 投資家向け会社説明会のお知らせ | トップページ | 今年の漢字は「偽」 »

2007年12月11日 (火)

KFEジャパン

KFE JAPAN(名証セントレックス3061)の原田隆朗社長にラジオNIKKEIの番組でインタビューしました。

KFEジャパンは、工場を持たないファブレスメーカーで、家電やコンピューターの中のプリント回路基板を扱っています。また、デジタルカメラ、ワンセグテレビ、ムービーカメラ等をOEM提供しています。

中国には、香港系企業、台湾系企業、中国系企業など色々な工場が展開していますが、顧客のニーズに応じてそれらの工場を使い分けていくことが特徴です。

主な顧客は、コンピューター関連の大手企業やDVDレコーダーやデジタル家電を扱っている大手企業などです。

KFEJAPANは、今後の新たな柱として、「環境」と言うキーワードに注目しています。

具体的なビジネスとしては

世界的に注目が集まっている中国の環境問題に対応して、企業が精度の高い検査ができる装置を安価に利用してもらえるようなビジネスの構築。

そして、バイオマスプラスチック(植物性プラスチック)。

(コンビニ惣菜の容器や、ファストフードのカップなどに採用されると、かなり大きいビジネスになりそうですね。)

どちらも今後の新たな柱として成長が見込まれるとのことでした。

詳しい内容は番組サマリーをどうぞ。

|

« 投資家向け会社説明会のお知らせ | トップページ | 今年の漢字は「偽」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KFEジャパン:

« 投資家向け会社説明会のお知らせ | トップページ | 今年の漢字は「偽」 »