« 21日は3日ぶり大幅反落 | トップページ | 時流 »

2008年1月22日 (火)

イー・キャッシュ

イー・キャッシュ(東証マザーズ3840)の玉木栄三郎社長にラジオNIKKEIの番組でインタビューしました。

イー・キャッシュは、RFID事業と決済サービス事業を行っています。

RFIDとは、Radio Frequency Identificationの略で、電波を使った認証技術。身近な具体例では、SuicaやPASMO、Edy等があります。これら非接触ICカードは、電波で情報のやり取りがあり、裏で複雑な処理が行われています。このような電波を使って非接触で買い物や電子チケットサービスを実現する技術がRFIDと呼ばれる技術です。

イー・キャッシュは、RFID技術の様々なサービスを展開していて、読取装置や書き込み装置等のハードウェア、ハードウェアの制御や利用時に表示処理を行うソフトウェア、ハードやソフトを使ったシステムの構築も行っていて、RFID分野の全般的なサービスを展開しているのが特徴です。

☆玉木社長は、獣医師免許保持者と言うユニークな経歴をお持ちです。
獣医と現在のビジネスとは全く異なる領域では?

何故、IT業界に?と素朴な疑問を玉木さんにぶつけてみたところ・・・。

☆獣医学部の学生時代、解剖の研究室にいらして、(通常、研究室での解剖は、動物が死んだ状態で行うことが多いそうですが)生きている状態で臓器や細胞がどのような構造で、どういった特徴があるのかと興味を持ち、CTやMRIを使って生きている状態を捉えたらおもしろいと思い、解剖と理工学的な発想が結びついたのだとか。

そして情報解析を学び、IT技術と出会うことに・・・。

CTやMRIは微弱電波を捉えてそれをデジタル変換して画像化する、あるいはその中から情報を抽出する技術は、RFIDとの共通点。

なるほど納得です。

(レオナルド・ダ・ヴィンチの活動領域が多岐にわたり、様々な分野の研究をしたこととも共通点がありますね!)

また、玉木社長は、世界に130人、日本にはたった一人しかいないMicrosoftのRegional Directorを務めていらっしゃるそうです。

今後の目標や詳しい事業内容も聞きました。

番組サマリー&オンデマンドはこちらのサイトから

|

« 21日は3日ぶり大幅反落 | トップページ | 時流 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イー・キャッシュ:

« 21日は3日ぶり大幅反落 | トップページ | 時流 »