« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

株式市場から見た外航海運

Dsc_0407weblog Dsc_0404weblog

先日、『株式市場から見た外航海運』をテーマに、商船三井の取締役・専務執行役員の米谷憲一さんと対談をさせていただき、

2月21日と22日の2回にわたり日本海事新聞に記事が掲載されました。

90年代後半、海運業界は(IT関連産業のニューエコノミーに対して)「オールドエコノミー」などと呼ばれ、斜陽産業、あるいは成熟産業で今後の成長は望めないという見方が大勢でした。

例えば、業種別TOPIXを見ると、海運は2000年の安値が255.08という状況でした。

ところが、中国をはじめとした鉄鉱石需要の拡大でドライバルク市況が歴史的高値となった昨年2000年には、1998.97まで上昇しました。

今期、通期の見通しを下方修正をする上場企業も多い中、商船三井は第3Qの発表時に再度、通期見通しを上方修正するなど業績も絶好調です。

今では、海運株を「オールドエコノミー」などと呼ぶ投資家はほとんど居ないのではないでしょうか。

最近では、資源関連株、あるいは新興国関連株との見方もありますが・・。

私自身は、日本の外航海運会社の現在の業績拡大は、単なる特需的なものとは考えていません。

プラザ合意後の急速な円高を契機にした大胆なコスト削減、強い危機意識の中での経営努力、そして的確な将来予測による投資があったからこそ、近年の需要拡大と市況高騰を取りこぼさずに収益に結びつけることが出来たのだと考えます。そして、グローバル経済の中で、無くてはならない重要なインフラです。

対談では、資本・株式市場の中で、外航海運産業に対する見方はどのように変わったのか、また、米谷さんは長年にわたり財務・IRをご担当されてきたこともあり、商船三井のIRやコーポレートガバナンスへの取り組みについて、そして買収防衛策やM&Aなども話題に上りました。

(商船三井のIRは、日本IR協議会や日本証券アナリスト協会など様々な第三者機関からIR優良企業として表彰されるなど高い評価を受けています。

ちなみに・・・私が以前受講したIRプランナー講座でも、商船三井のIR資料が上場企業の「お手本」のひとつとして授業で使用されました。)

この他、トン数標準税制が日本の海運業界にもたらすメリット、国際的な環境規制強化の動きが及ぼす影響などについてもお話しました。

☆<対談ウラ話>

その1。

対談当日、商船三井では、大地震発生を想定した災害対応ドリルが実施されていました。

現在の商船三井の強さの一つが「危機意識」だと私は考えますが、様々な場面でこうした取り組みがなされているのだと思いました。

その2。

様々な話題が豊富な海運業界、そして商船三井の取り組み、IR・・・・。

米谷さんとの対談は盛り上がり・・・予定の時間をついついオーバーしてしまいました。(恐縮です)

☆今回の記事が掲載された日本海事新聞は、

海運だけでなく、造船、素材、資源、製造業、物流全般に渡って国内外のニュースをタイムリーに得ることが出来ます。海運業や関連業界の方はもちろん、業界以外の方にも愛読者が多いのですが、経済全般に渡って参考になる情報が多く、投資家の方にもオススメの業界紙です。

海運を勉強すると、世界経済の大きな流れの勉強にもなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セミナーのご案内

私が出演するセミナーのご案内です。

カリスマディーラ・藤巻健史さんのファンの方、福岡近辺にお住まいの方、荒れる相場に頭を痛めていらっしゃる方・・・・。ご都合がよろしければ是非お越しください。

皆さま何卒宜しくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

エスプール

エスプール(ヘラクレス 2471)の浦上壮平社長にラジオNIKKEIの番組でインタビューしました。

エスプールは、人材派遣を中心としてクライアント企業向けに研修事業や人事コンサルティング、モバイルマーケティング事業を行っています。

強みとしては、3つの事業を同じクライアント企業に提供するワンストップサービスが可能なこと。

例えば、企業の合併の際にA社とB社に同じ研修をして意識を同じにして企業合併の期間の短縮やコストが安くなるように・・・というようなサービスが可能です。

詳しい事業内容、今後の目標など、番組サマリー、オンデマンドはこちらからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

アクセル

ラジオNIKKEIの番組でアクセル(JASDAQ 6730)の佐々木譲社長にインタビューしました。

アクセルは、工場を持たないファブレスの半導体メーカー。画像や音声の半導体の設計開発をし、国内の半導体メーカーに製造委託しています。遊戯機器市場のパチンコやパチスロ機のLSIが主力製品です。

現在パチンコ・パチスロ合わせて年間約500万台が製造されていて、そのうち液晶が付いているものは450~460万台なのだそうです。

アクセルでは、その5割の220万~230万台を販売していて、業界シェアトップです。

今後の戦略、経営目標など詳しい番組の内容については、番組サマリー&オンデマンドをどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

JALについての個人的な疑問と危機感

JALについては、何度かこのブログや他の媒体でも取り上げてきた。

特に安全面での取り組みに大いに疑問を感じることが多かったからだ。

しかし、05年3月に事業改善命令と警告書を受けるに至った安全トラブルについて、その検証とその後の安全への取り組み、柳田邦男氏を座長とする安全アドバイザリーグループの設置などを行い、06年度は(トラブルが多発した)05年度に比べ、やや改善の傾向が見られたように思えた。

しかし、私は現在JALの安全運航への取り組みについて再び疑問と危機感を抱いている。

2月16日、JALに関する2つのニュースがあった。

502便の管制指示違反と、958便のカートが適切に収納されずに離着陸したニュースだ。

以下、JALのサイト内の「ご報告」から。

*************************************

JL502便における管制指示違反について
2008年2月16日 JL502(新千歳空港発 羽田空港行)にて管制の離陸許可を受けないまま離陸滑走を開始した事例が発生いたしました。詳細については調査中でありますが、このような事態はあってはならないことであり、心よりお詫びを申し上げます。今後再発防止策を講じて、航空会社として最大の使命である安全運航の堅持に取り組みます。

(発生日時) 2008年2月16日 10時33分頃 (日本時間)
(発生場所) 新千歳空港
(便名) JL502 (新千歳空港発 羽田行)

(搭乗者数) 乗客数 428名 / 運航乗務員 3名 / 客室乗務員 15名 / 総数 446名
(使用航空機)  ボーイング747-400型機 (JA8904)

尚、当該事例は重大インシデントと認定され事故調査委員会にて原因調査が行われます。本調査に全面的に協力するとともに、再発防止に努めてまいります。

http://www.jal.co.jp/other/info2008_0216.html

*************************************

JL958における不適切なカート収納が発生した件について
2008年2月6日JL958(プサン発 成田行)において、お客さまにご提供する機内食が入ったカートを所定の位置に収納せず、ラバトリーに収納し離発着した事例が発生しました。

当該機内食は封をされていた状態であったとはいえ、お客さまにご提供する上で配慮が足りなかったことを深くお詫び申し上げます。今後このようなことがなきよう、乗務員の周知徹底を図り、再発防止策を講じてまいります。

http://www.jal.co.jp/other/info2008_0216-2.html

**************************************

どちらも乗客・乗員の安全に関わる深刻な出来事である

管制指示違反については、重大インシデントとして認定され、調査が徹底的に行われることになる。

気になるのは二つ目のカートが定位置に収納できなかったケースだ。

事例そのものに加え、「不適切なカート収納が発生した件について」というリリースの文章を読む限り、

現在、JALの安全への取り組みに関して、改善の傾向はストップした、あるいは05年に逆戻りしているように感じられる。

JALでは、2005年5月14日726便で着陸前のカート収納ミスが発生しているが、それを受けて、再発防止のための対策を以下のように発表していた。

**********************************

(1) 当該便全客室乗務員を当面乗務から外し、再教育プログラムを実施いたします。
(2) 全運航乗務員、全客室乗務員へ事例周知を実施するとともに、運航乗務員と客室乗務員間のコミュニケーションを綿密に行い機内の情報を的確に把握した上でより一層の安全運航の確保を図るよう注意喚起を行いました。
(3) 当面の間、本事例が発生した当該路線に管理職客室乗務員を追加で乗務させ、安全および業務実施状況の確認を行います。

*************************************

今回の958便におけるカート収納ミスに関しては、トイレに収納した機内食を配布したことのみをリリース(「ご報告」)でお詫びしているが、(乗員・乗客に怪我などは発生しなかったものの)安全面で大きな問題が生じている

また、それが1クルーの問題ではなく、JALがどれだけ深刻にこの出来事を受け止めたのか、リリースを読む限り全く伝わってこない。それどころか、その受け止め方に大いに疑問を感じてしまうのだ。

トイレに入れた機内食を乗客に出したことも問題かもしれないが、このケースでクローズアップされるべき、そしてJALが「お詫び」し、周知徹底し、再発防止に取り組むべきはは、むしろ安全面の問題ではないだろうか。

客室乗務員は、離着陸前の安全性チェックで、離着陸時に浮動物となりえるものが無いかギャレーや客席などを念入りに確認する。

カートについては、ギャレーの収納場所の床のロックにきちんと固定されているか、安全ブレーキがしっかりかかっているか、ギャレーから飛び出さないように固定する爪がかかっているか、カートのドアが閉まってかつロックされているか・・・などというように、カートだけでもいくつもの項目をチェックする。

あれだけの大きさと重量と強度をもつものが乗客や乗務員自身にぶつかれば、大きな怪我につながるからだ。

それが、あれほど大きなものを収納できないことを見逃すはずがない。

もし見逃したら保安要員である客室乗務員が乗務している意味がない。

保安要員として客室乗務員は、様々な「異常」に目を配らねばならず、コックピットの中からは気付きにくい機体などの異常や、テロの可能性のある「不審物」がないかどうか、チェックすることなども重要な仕事だ。

カートのチェックなどは基本中の基本であって、しかも比較的早いタイミングでチェックが可能な項目だ。

そもそも、ドアクローズ前に、ギャレーに収納できない台数のカートが搭載されていることを誰も気付かない(気付けない)、あるいは気付いても声をあげない(あげられない)こと自体、既に異常な出来事だと思う。

トイレに離着陸前にカートを収納したということは、少なくとも離陸前には気付いたということだ。

カートの収納場所が無く、離着陸の衝撃に耐えられるよう固定できる定位置に収納できないことに気付いたにも関わらず、その時点で機長に報告をしないまま離陸、そして着陸を行っている。

基本的職務が遂行されていない、

何らかの理由でその基本的な職務を遂行できなかった人間をカバーできる人間が誰も存在しなかった、

あるいは気付いて連絡したものが居たにも関わらず、連絡系統のどこかで信じがたい判断ミスが生じた・・・などが考えられるが、いずれにしてもこの異常事態には驚くばかりだ。

05年5月の事例の反省とその後の再発防止の対策は、958便のケースを見る限り、全く生かされていないように見える。

対策としてあげていた事例の徹底乗務員間のコミュニケーション、それどころか、安全面での基本的な業務の徹底すら疑問を感じる。

約3年前の出来事で風化したわけではあるまい。

しかも、わずか3ヶ月前の2007年11月3日には、 スカイマーク114便で、着陸時に、機体後部に収納されていたカートが動き、乗客2名に接触し、一名は肩に打撲、もう一人は右足膝骨折という事例が発生していた。

経営再建と安全運航の確保の両立は生易しいものではないが、空の安全を強く願うものとして、引き続きJALの動向をしっかりウォッチしていきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

テクノアルファ

テクノアルファ(ヘラクレス 3089)の松村勝正社長にラジオNIKKEIの番組でインタビューしました。

テクノアルファは、パワー半導体向けの半導体製造装置の輸入販売、半導体製造に関連する電子材料・機器の輸入販売、船舶に搭載される救命艇の仕入販売、液体分離を主な目的としたフィルター等の輸入販売事業を行っています。

主力の電源制御用のパワー半導体製造装置は、自動車用、特に昨今脚光を浴びているハイブリッドカーに使われるもので、トヨタグループを始め、日産、ホンダ等のハイブリッドカーメーカーに使用されています。

パワー半導体製造装置の車用向けとしては国内首位、40%強のシェアを持っていて、トヨタ内でのシェアは現在100%です。

また、派生する消耗品「ボンディングツール」も扱っていて、これが安定収益源となっています。

マリン分野では、外航船に詰まれる救命ボートと救命ボートを昇降させる昇降装置(ダビット)を扱っていますが、これらは造船所、海上保安庁、政府機関等に納入しています。

テクノアルファは、産学協同の取り組みにも注力していて、2年前に静岡大学の研究室との共同で開発した装置にマイクロ波プラズマ装置(ICチップの表面や接合面を綺麗にする装置)があります。これは、今後も半導体分野並びに電子材料等の広いエレクトロニクス業界で大きな需要が期待されているものだそうです。

自動車用パワー半導体製造装置と聞いて気になるのが、北米を中心とした消費動向。サブプライムローン問題の波及による景気減速と消費の冷え込みが、リスク要因としては気になります。松村社長に質問したところ・・・・

ハイブリッドカーは、自動車市場全体の需要が落ち込んだとしても(環境・省エネ問題は避けて通れない問題なので)これまでもハイブリッドカーは年率15%の成長を世界規模で増加しており、今後とも増えていくだろうと見込んでいるそうです。トヨタ自動車だけではなく、それ以外のメーカーも非常に注力していることから、今後も需要が拡大していくと、松村社長は確信しているとのことでした。

番組サマリー、オンデマンドはこちらからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ウイン・インターナショナル

ウイン・インターナショナル(JASDAQ 2744)の秋沢英海社長にラジオNIKKEIの番組でインタビューしました。

ウイン・インターナショナルの主力事業は、医療機器販売事業で、売上の95%を占めています。

低侵襲医療機械と呼ばれる身体に負担の少ない検査や治療で使う機器に強みを持ち、特に心臓カテーテルなどの心臓関係、そしてエリアは関東圏に強いことが特長です。

日本での心臓カテーテルの販売シェアは10%強、関東圏では30%強のシェアを持っています。

また、医療機器販売以外の事業としては、医療機関の開業・運営サポート、医療環境のデジタル化、ネットワーク化サポートなどを行っています。

今後の戦略や経営目標など詳しい番組サマリーとオンデマンドはこちらからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

IDU<マザーズオークションと伊能忠敬>

アイディーユー(マザーズ8922)の池添吉則社長にラジオNIKKEIの番組でインタビューしました。

世の中の新たなインフラを作ろうという気概あふれる池添さんのお話はいつもエキサイティングです。

IDUは、インターネットの不動産オークションの企画・運営会社で、

MOTHER’S AUCTION」を使って不動産オークションを実施しています。

収益源はオークションの不動産会社の加盟料と取引価格の成約手数料、そして、不動産や有価証券等の投資事業です。

池添さんには、前回06年にも番組にご出演いただいたのですが、その後大きなトピックスは、全宅連からMOTHER’S AUCTIONが公認の不動産インターネットオークションとして認められたこと。

オークションの参加者も拡大し、約1,700店舗と前年同期比312%と急増しています。

そして、驚きなのが、LOCATION VIEWの開発(東証二部上場のアジア航測と共同開発)。

なんと、東京の約93%の不動産を360度撮影した立体の空間地図です。

普段道路を歩いて見ている視線で不動産を見ることができます。

現在、東京23区内の93%と横浜、川崎、名古屋、大阪、京都までカバーしています。

オークション物件の確認などがネット上で出来ることになります。

また、将来は不動産会社の賃貸の案内をインターネット上でできるようになるそうですが、本当に画期的な開発です。

個人的には初めてグーグルマップを見たとき以上の衝撃がありました。

開発秘話を伺ったところ、LOCATION VIEWは様々な路地を撮影の為にくまなく回られたそうで・・・

自らの足で地図を作成するという意味で

平成の伊能忠敬」とでも呼ぶべきご苦労&コンテンツの開発だと思いました。

さまざまなビジネスに転用可能な気がしますが、色々なコンテンツ(お店から電話番号まで)をビルから確認して頂く等、視覚化されたものを提供することも考えているそうです。

そして、もう一つの衝撃が、マザーズサーチです。

池添社長が「世界最大の不動産検索エンジンになるのではないか」と語る検索エンジンは、日本の不動産情報の8~9割を検索できる技術を持っています。

それを毎日更新することによって不動産価格の指標(インデックス)が出来上がり、それに付随するビジネスも考えているそうです。

(日本には、このタイプの不動産価格のインデックスはこれまでありませんでした。これは本当に画期的で、様々なインデックスがらみのビジネスが考えられますね。)

☆多くの起業家の方にインタビューする機会に恵まれてきましたが、世の中に新たなインフラを作ったり、これまでにないサービスを提供したり、

既存の仕組みを変えるビジネスを生み出す経営者の方にお話を伺うのは本当にエキサイティングですね。

☆インタビューは、この他にも、サブプライムローン問題や改正建築基準法施行の影響、今後の戦略、業績見通しなどなど盛りだくさんです。

番組サマリー&オンデマンドはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月 5日 (火)

アジアの書店で・・・

私が監修をつとめた『10%脱力生活 オカネ編』が翻訳され、台湾や香港などアジア地域で出版されることになりました。

近々、台湾の新聞などでも紹介されるそうです。

まだ翻訳版の実物を見ていないのですが、出来上がりが楽しみです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

日本FP協会創立20周年

1月31日、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)創立20周年記念式典が帝国ホテルで開催されました。
約560名の個人会員をはじめ、賛助会員、役員など参加者はおよそ800名。

そして、日本FP協会会員でもあるワタクシ、このビッグイベントの司会を務めてまいりました!

☆第一部の式典では、日本FP協会理事長・加藤寛さんの挨拶に続き、慶應義塾大学教授の竹中平蔵さんからの祝辞。

そして、長年にわたってボランタリーな活動を行ってこられた方々の功労表彰小学生「夢をかなえる」作文全国コンクールの受賞者発表と表彰がありました。この小学生たちの受賞の挨拶や、それぞれの「夢」も素晴らしかったです。日本の将来はこの子達に任せたい!と思うようなしっかりとした受け答え。会場の皆さんからもどよめきが起きていました。受賞作品は『FPジャーナル』や、協会HPで紹介される予定ですので是非ご覧下さいませ。

☆第二部は、「金融の動向とFPの役割」をテーマに、慶應義塾大学教授の吉野直行さん、ニッセイ基礎研究所主席研究員の臼杵政治さん、第一生命経済研究所主席エコノミストの熊野英生さん、信州大学教授の真壁昭夫さんによるシンポジウムが行われました。会員の皆さん、メモを取りながら熱心に聞き入っていらっしゃいました。

☆第三部は懇親会。日本FP協会の白根専務理事の挨拶の後、塩川正十郎元・財務大臣、そして渡辺喜美金融担当・内閣府特命担当大臣からの祝辞がありました。
懇親会では、一部・二部とは会場も雰囲気もがらりと変わり、会員同士の交流の時間を楽しまれていました。

☆日本FP協会は1987年11月に設立されました。

協会の設立総会が開催されたちょうど1ヶ月前の87年10月19日に起きた出来事といえば、NY株式相場が暴落したブラックマンデー。(下落率は22.6%を記録)日本でも日経平均は14.9%(3836円安)の急落となり、マーケットが波乱の中での船出でした。創立当初の会員数は136名だったそうです。その後、10周年記念式典が開催された97年7月の会員数は15478人。そして、20周年を迎えた現在の会員数は、1月1日時点で160997人となりました。

☆今回の記念式典は、内容が本当に濃密で、多くの刺激を受けました。
ワタクシも色々と頑張らねば。
懇親会では、以前お世話になった方々との再会もあり、会話の中から新たに気になる分野も。
今年中に勉強をスタートしたいことも出てきました。(まずは資金を作ってから・・・・。)
本当に実り多い一日でした。
感謝。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »