« アマナイメージズ、有料写真、インターネット上の無断使用で著作権侵害が認められ勝訴 | トップページ | つれづれ »

2015年9月 2日 (水)

エンブレム問題、各企業の対応から見えること

佐野研二郎氏がデザインした五輪エンブレムの使用中止が決まりました。

(エンブレムデザインの盗用疑惑の白黒はひとまず置いておくとして、)

現在、はっきり判明しているだけでも、サントリーのトートバッグや五輪エンブレムの使用例資料など複数の事例に及ぶ写真の無断転用は、佐野氏側の著作権に関する意識の低さや知識不足、五輪エンブレムという歴史に残る国民的かつ国際規模の仕事をするうえで、倫理観に問題があるのではないかと感じました。

遅すぎた感すらあるこのタイミングでのエンブレムの使用中止。

当然、五輪スポンサー企業にとっては、腹立たしく迷惑な話だと思いますが、スポンサー企業のこれまでの対応は、企業のリスク管理や状況判断力の片鱗が伺えるひとつの事例だと思いました。

もちろん、水面下では表の動きとは別に、様々な展開を想定して準備し動いている企業も多いかとは思います。

あくまで一つの事象への対応、しかもその片鱗ではありますが、例えば、投資対象として企業をとらえた場合、著作権に関する企業の理解や知識、情報収集力や状況判断力、リスク管理など、企業の実力や将来性を見る上で一つの判断材料になるのではないかと思いました。

http://www.sankei.com/economy/photos/150824/ecn1508240005-p2.html
盗用疑惑にスポンサー困惑…「企業イメージ悪化する」(産経ニュース 8月24日)

|

« アマナイメージズ、有料写真、インターネット上の無断使用で著作権侵害が認められ勝訴 | トップページ | つれづれ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。