« NU | トップページ | 日本の貧困層倍増 »

2005年9月 4日 (日)

豪華客船を愉しむ

名前が「たか」つながり♪ということもあってお世話になっている商船三井の森隆行(もり・たかゆき)さんがお書きになられた『豪華客船を愉しむ』を読みました。

知って驚きの客船の歴史や基礎知識、クルーズ用語、洋上の動くホテルでの優雅な過ごし方、愉しみ方あれこれなど、読後すっかり客船通になった気分(!?)。

雑学的な話も楽しく・・・。

どんな豪華客船も恐れをなす小さな天敵、それは「ネズミ」なのだとか。昔はネズミよけのために猫が乗船していたそうです。いまも船にはラットガードなるネズミよけが。(正倉院にもネズミよけがありましたね)。また、豪華客船の四分の一の費用で世界一周が可能な方法、タイタニックの謎、船酔い予防法も紹介されています。

金持ちフルムーン(古い?)夫婦や、セレブの為のものというイメージが強い豪華客船の旅。イメージ通りの超豪華世界一周旅行もあれば、手軽に楽しめる短期の船旅も。この本を読んで知ったのですが、豪華客船の旅費は、宿泊、食事、船内イベント、ショーの鑑賞も全て込みの料金。と考えると高くないのかも・・・。そして女性の一人旅でも安心して楽しめそうです(涙)。

「豪華客船に乗ると、その国の文化がよくわかります」(あとがきより)

海に囲まれた日本、その文化を理解するためにも船旅を一度はしてみたくなりました。

そして、見渡す限りの紺碧の海と満天の星空を体験したら、人生変わりそうです。

↓旅心&写真心を刺激する一冊でした。

|

« NU | トップページ | 日本の貧困層倍増 »

コメント

そう言えば洋館と夜景専門だから、最近大桟橋の客船をよく見るけど撮ったことがないなぁ。。。

投稿: staka | 2005年9月 4日 (日) 13時09分

★stakaさん
私も大桟橋で客船を見ても撮ったことが無かったのですが、この本を読んでカメラを持って船旅に出たくなりました。

投稿: takako watanabe | 2005年9月 5日 (月) 00時53分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪華客船を愉しむ:

« NU | トップページ | 日本の貧困層倍増 »