« 充実の一日 | トップページ | 最近 »

2005年12月14日 (水)

ハービー・山口さんワークショップ

月曜日、南青山で開催されたハービー・山口さんのワークショップに参加しました。
コーディネーターは松本路子さんハービーさんの作品上映、作品解説、質疑応答などが行われました。(昨夜は電池切れで書けなかったけど、今日はこんな時間にもかかわらず、冷凍の今川焼きを温めて食べたから充電もばっちり。さぁ一気に書きますよ~~~~)。

ハービーさんの作品音楽とのコラボレーションという形で上映された。
静かなシャッター×いつか僕らが帰る場所(矢野真紀)
London×出会い(寺井尚子)
Peace×レクイエムが聴こえる(入日茜)
代官山17番地×one more time, one more chance(山崎まさよし)

★暖かく優しいハービーさんの目線、そして人間の心の美しい部分が、美しい音楽とともに一枚一枚から静かに伝わってきた。

世界が殺伐としていて、国内でも毎日のように悲惨な事件が起きているが、ハービーさんの写真とお話は、人間の幸せや、美しい心、本当に豊かな生活・人生とは何か、日常の幸せ、一期一会の大切さ、絶望と希望。いろいろな事をあらためて気づかせてくれた。

そして、写真が伝えられること、表現出来ることの可能性、自分が写真を撮ることの意味を考えさせられた。

顕在化する格差、マネーゲームの盛者たちが跋扈する一方で、貧困や孤独死は私たちのすぐそばに。年間自殺者は3万人、猟奇的な殺人、凶悪事件も後を絶たない・・・。老後に不安を抱えた人々、将来に希望が見出せない人々。
ハービーさんは、そんな世の中にあって希望の光だと思う。
言葉とは裏腹に他人のことなんてこれぽっちも腹の底では考えちゃいない偽善者も多い中、ハービーさんが「本物」であることは、その作品を見れば一目瞭然だ。
作品に溢れる清楚で透明な空気は、様々な醜い感情やマイナスの思考を洗い流してくれた。

☆以下、あんまり詳しく書いてよいものやら・・・と思うのでメモ書き程度にアップ。
いまの鮮明な記憶の残り具合だと、一冊ゴーストライター出来そうなので^^;
ハービーさんの『日曜日の陽だまり』や『女王陛下のロンドン』、及び、ファットフォトに連載中のハービーさんのエッセイを参考図書としてお薦めします。
特に『日曜日の陽だまり』はワタクシ的ratingではstrong buy!(強い買い推奨)。今年読んだ本の中でもベスト3に入ります。写真に興味のない方も読んでみてね♪素晴らしい本。

てなわけで、メモ書き↓ ()括弧内はワタクシの感想および補足
★ライカについて
勇気をくれる宝物
それまでの街撮りから「人生を撮る」という気持ちにさせてくれた

(ライカについて、あれこれハービーさんの熱い語りを聞いているうちに・・・ワタクシも早くレンズ買おう!と思うこと数百回。レンズが無きゃただの箱だしな~。35ミリか50ミリか・・・悩む悩む)

★20代の頃のネガを大量発見。個展の開催場所を検討中
(公的なギャラリーでも個展開催は聞いてびっくり!の運営費がかかるようだ・・・わが国の芸術・文化レベルはまだまだ・・・こういうところに税金使って欲しいよね)

★ハービーという名の由来
jazzフルートのハービーマンから。病弱な自分と決別し、健康な第二の人生をハービーという名と一緒に歩みたいと思った。

★「日本人で唯一 人の幸せが撮れるカメラマン」(アラーキー氏によるハービーさん評)
あたたかい写真を撮れるのはホカロンをライカに貼っているからなんだ^^;
(病弱な時期を体験したこと、つらい思いやさびしい思いを沢山したことで余計に)街で明るい表情が沢山眼に飛び込んでくる

★心のバイブレーション
一番よいバイブレーションは感謝の気持ち
一番悪いバイブレーションはねたみ
(強度偽装問題を例に挙げつつ・・・)エゴしか知らない人が増えているのではないか?人格は金で買えない。
人格形成には人の役に立つことを誰にも言わずにひたすら続ける。
自由と我侭の違いは、他人に迷惑をかけるか否か。
写真を撮る目的は世界平和。

★タレント撮影
キメの表情から0.5秒~1秒のタイムラグを狙う

★(高機能デジカメの登場などでこれから写真家に求められるものは何か)
その人だけのシャッターチャンス、行動力、着眼点

★ロンドン時代
本物の人たちに囲まれていた
貧しさ、さみしさ、劣等感も写真のパワーに

★テーマが無いと写真家は生きていけない
テーマに出会えるかどうか。運・不運。

★(「兼高かおる世界の旅」の)兼高かおるさんに「30年間で変わったことは?」と聞くと
「世界から笑顔が少なくなった」と。
ならば、若者の笑顔を撮ろうと思った。

★今しか出来ないことをする
自分しか出来ないことをする
深呼吸

★DJとしてのハービーさんについて
ハービーさんの個性「絵が見える言葉」を生かす。
(某プロデューサーとの出会いを引き合いにしつつ)
自分をプロデュースしてくれる素晴らしい人
発掘してくれる人に会うか会わないか
(自分の個性や才能に)気づかせてくれる人に人生のある時点で出会う。
一生のうち、素晴らしい人との出会いが必ずあるが、それに気づくか気づかないか。

以下、松本さんとのトーク
○松本さん●ハービーさん

○周囲の見えないものが見えてくる写真
●人生を感じさせる写真は飽きない
人生を表現する写真はどんな流行も押しのける
○そこにいなければ撮れないもの
●個展はlive

★ツールとしてのカメラ
●ライカは写真家としての決意、誇り
ライカに勇気付けられる
一写入魂
写真を愛すること・被写体を愛すること
自分が愛する道具に出会うこと
↑(「ハービーさんのライカへの思いはわかるんですけど、半分は幻想ですよね」との松本さんのオモロイ突っ込みもあり・笑)
○自分の手になじんでいる、手の一部になるカメラ

以下、参加者との質疑応答

Qこれまで会った中で素晴らしいと思った写真家は?(それぞれの思い出深い言葉)

★ジョセフ・クーデルカ
(チェコ生まれ→イギリス亡命→その後フランス国籍取得。)
「さびしいが後悔はしていない」
★奈良原一高
「撮りたいものを撮れ、評価は後から付いてくる」
★植田正治
「最新のものとパイプを持つ」→現在の自分が生まれる
★エリオット・アーウィット
スランプの脱し方「昔のネガを探せ」
(あの超・有名な代表作「california kiss」も最初はプリントしていなかったそうだ)

Qポートレート撮影で気にしていること
一秒のタイムラグ
人間が人間を好きになる写真

同じ質問に松本さんは
オーソドックス。ライティングで奇をてらわない。集中の極みの無心。
人が自由でいることのたたずまい。

以上、充実のワークショップでした♪

終了後、ハービーさんのオリジナルプリントを間近で見ることが出来ました。やっぱり実物を観られるのはいいですね~。

余談↓

ハービーさんにお会いしたのは最初が今年の7月。今回が3度目。その度に、ますます写真が好きになり、沢山いい写真が撮りたいと思うのです。

「ワークショップ」ということなんで、時間があればハービーさんに見ていただこうと、実はあれこれ作品を持っていったのですが、時間は無かったです。残念(笑)
でも、持参したハービーさんの写真集『peace』にちゃっかりサインしてもらっちゃいました♪
サインに書き添えられた言葉は・・・
「雲の上はいつも青空」

|

« 充実の一日 | トップページ | 最近 »

コメント

ハービーさんすばらしい。じっくり読んでしまいました。
その道で秀でている人って、すごくいいこと言うよね。説得力があるというか。ぐっときました。
またわたこっちの書き方もわかりやすくていいんだよね~、さすがだね。

投稿: chihosh | 2005年12月14日 (水) 09時18分

ほんと充実の一時でしたよね〜(^o^)
早くレンズを買わなくちゃ!!ですね・・・(^_^;)

投稿: haru | 2005年12月14日 (水) 09時53分

まず、ワークショップってハイカラな響きが良いですねぇ。。。(^○^)
何に、何処に目を向けるか?そりが難しい。。(-_-;)

ローライも良いけどライカは良いですよぉぉぉぉ~~♪
先ず標準50mmf1.4がお勧めですが、
今はツアイスも選べるから悩むところですね。。(-_-;)

しかし、何で箱だけ持っているの?。。分からん。。笑
で・今日は早起きだったですね。。もしかしたら違うかも。。(-_-;)

投稿: staka | 2005年12月14日 (水) 11時31分

★chihoshさん
ほんとうにね。ハービーさんはさらっと言ってることでも、
普通の人はなかなか出来ることじゃないと思う。
そこがまたすごいな~と。

★haruさん
やっぱりお会いしましたね(笑)
レンズ、買いたいです~。

★stakaさん
どこに眼を向けるか・・・。
ピュアな気持ちに正直になることが大切なのかな・・・
なんて思いました。

ライカ良いですかぁぁぁぁ~~~!
やっぱり最初は50ミリなのかな~。35ミリも使いそうな気がするんですよね。ツアイスもよさそうですよね。
そうそう。最初、実は50ミリのエルマーでも・・・と思ったら
店員さんに止められて(笑)
エルマーならツアイスにしてもいいんじゃないの?
でもライカでしょ。だけどエルマーはヤメトケ。
ということでした。

てなわけで、
悩んだ挙句、その日はボディだけ買ったんですよ(笑)
箱なんだな~。レンズが無いと。
早くレンズ買いたい~。

投稿: takako watanabe | 2005年12月14日 (水) 16時46分

始めまして。haruさんのところでよくお姿を拝見してました(^^)
私もハービーさんのワークショップに行ったのですが、
こちらの情報はとっても正確ですので、コメントの中で紹介させていただきましたm( )m
ハービーさんの写真やお話、いつも勇気付けられてます♪

投稿: ヒツジ草 | 2005年12月14日 (水) 20時42分

★ヒツジ草さん
こんばんは。
ご紹介ありがとうございました。
わたしもハルさんのところで度々お名前拝見してました(笑)
わぁ~、月曜日、ご一緒だったんですね。
またどこかでお会いするかもしれませんね♪
これからもヨロシクお願いします!

投稿: takako watanabe | 2005年12月14日 (水) 23時02分

レンズ選びは楽しい悩みですぅぅ~~~♪
でも、明るい(f1.4以上)一本にしておきませよう。笑
手持ちで室内照明なしで何でも撮れます。。。練習すればブレないで。
二兎を追うものは・・・先ず物欲を捨てて。。遅いか。。。笑

投稿: staka | 2005年12月15日 (木) 07時34分

★stakaさん
そうか~。やっぱりf1.4ですね!

ところで・・・・
物欲を捨ててって???
ライカレンズは物欲じゃないのですか?(笑)
ニコンの50ミリf1.4と
実際どこまで何が違うんだろう・・・などと
妙に冷静になったりして(笑)
ま、違いは実際に撮って見ないとね!←危険

投稿: takako watanabe | 2005年12月15日 (木) 17時38分

私の使うニコンのAi以前の標準f1.4の開放性能は素晴らしいと思います。
でも、ライカのレンズとの値段差は桁違いですね。
ツアイスのプラナーはファインダーを覗いただけで違いが分かりますね。
私はアサカメで木村伊兵衛さんの秋田などの連載を見た世代です。
木村伊兵衛さんの写真は50mmと35mmが95パーセントくらいでしょう。
で・ライカは物欲でなくライカを信心する方々のお守りれす。。笑

投稿: staka | 2005年12月15日 (木) 20時05分

有意義な時間を過ごされたようで良かったですね。
僕もハービーさんの写真が大好きで、写真集「代官山17番地」を探しているのですが、なかなか見つかりませーん。

投稿: kobakawa | 2005年12月15日 (木) 21時20分

★stakaさん
物欲じゃなくってお守り~~?(爆)
そうですか、そうですか。なるほど^^;

レンズによって、そのレンズの絶頂期ってあるみたいですね。
う~ん。ますます欲しくなってきました。
ツアイスのプラナー、これはもうワタクシも大好物です。
35ミリでも使ってみたいです(←またまた危険な発想・笑)

やっぱりズミクロン、ズミルックスあたりが正統なんじゃないかと思うんですが・・・ツアイスも使えるんですよね~。
でも、まずは、やっぱりライカにはライカレンズです!

★kobakawaさま
kobakawaさまもハービーさんファンでしたか♪
「代官山・・・」私も欲しいと思ったんですが、無いですね。
もしどこかで見つけたらkobakawaさんにもお知らせしますね。

投稿: takako watanabe | 2005年12月16日 (金) 02時02分

私はpeaceも女王陛下のロンドンを持ってます。代官山はプレミアムついてしまってますね。でもpeaceの方が私は好きで、そちらを買いました。ハービーさんは私の一番好きなライカ使いです。あんな写真撮れるようになりたいですねえ。

1本で済ませるならズミルックス35mm/f1.4が超超お薦めです。ホントに素晴らしい描写です。

投稿: ぎえもん | 2005年12月19日 (月) 15時58分

★ぎえもんさん
peaceいいですよね~。
なんか、見ていると涙が出てきます。
本当に。
ハートがある写真が撮れるライカ使いになりたいですね~。
で、まずはレンズだ(笑)

ズミルックス35ミリですか~。
描写素晴らしいんだろうな~~~。
あちこち物色してるんですが、
さすがに値段も素晴らしい(苦笑)

ファインダー倍率、0.85なのが気になります・・・(笑)
う~ん。0.72にしておけば良かったかも(;;)

投稿: takako watanabe | 2005年12月20日 (火) 01時38分

私のM6も0.85です。やはり0.85のピント精度は大口径レンズを使うときに頼もしいですよ~。
確かに35mmは見え難いですけど、メガネをしていらっしゃらないようなので実用できると思います。眼鏡付き(M3用)っていうズミルックス35mmだとその眼鏡でファインダー倍率が下がるので、ブライトフレームがよく見えます。

投稿: ぎえもん | 2005年12月20日 (火) 11時12分

★ぎえもんさん
わ~い。ぎえもんさんも0.85なんですね。
35ミリでも、いけますか。
ますます悩むな~。
ズミルックスの35ミリか50ミリか・・・。
宝くじ当たったら両方買います(笑)

投稿: takako watanabe | 2005年12月20日 (火) 22時54分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハービー・山口さんワークショップ:

« 充実の一日 | トップページ | 最近 »