« 北京撮影旅行 <トホホな宿>編 | トップページ | 頑張った »

2006年9月30日 (土)

フィルム利用者受難の時代

銀塩→デジタル

この流れは加速している。

ワタクシは両方とも使うし、デジがダメというのではないが今はモノクロフィルムにはまっている。

が、各メーカーの感材の値上げ、撤退。

これだけでも受難の時代。

加えて、フィルムカメラ利用者にとって、昨今の空港セキュリティ強化の動きは悩ましい。

通常の手荷物チェックを通しても感度が高くないフィルムなら問題ないって言うけど、何かに反応してレベルが上がる場合もあるみたい。(Ⅹ線保護袋に入れると完全アウトらしいね。多くの人がその事実を知ってるのに、何て罪作りなものを売ってるんだろう・苦笑)

ハンドインスペクション事情。

ブローニーとかシートフィルムなんて「これ何?」と見たことも無い人にとっては不思議な物体なんだろうな。

悪循環だ。

銀塩減少→ものめずらしい→ハンドインスペクションにもますます手間取る・もしくは却下。

う~~~。

撮影済みのフィルムの中身をあけて見せろ

って言われてもね(苦笑)

どうするかな~次回。

杉本博司さんも、何かに空港のセキュリティ強化で活動に影響が出ていると書いてあったなぁ・・・。

一度、普通に手荷物検査を通してどの程度の影響が出るのか試してみたいが・・・。

時間が限られた撮影旅行で「試し撮り」っていうのは(^^;)余裕なし!

多分ヤバイのは、日本出発時よりも海外出発時かもね。

銀塩使いの皆さんは空路利用時どうしてますか?

最近、空路移動で撮影に出かけた方はどうしましたか?

|

« 北京撮影旅行 <トホホな宿>編 | トップページ | 頑張った »

コメント

Ⅹ線保護袋に入れると完全アウトらしいね>??え〜どうアウトなんです〜!?ただ、引っかかるだけ?なら良いけど…フィルムはあれで安全なんですよね〜、いままで何の疑問も抱かず使用していましたが…確かにフィルム袋で引っかかるけど、自分が何回も引っかかった経験があるので、あのときは焦ったなぁ〜、違うレーンの検査官も来ちゃって囲まれました(汗)
フィルムは永遠に不滅です!!っと思いたい、フィルムユーザーです。

投稿: yuzi | 2006年9月30日 (土) 10時05分

☆yuziさん
いえいえ。あの袋に入れると新型セキュリティではアウト!の危険がむしろ高いんです(^^;)

これからフィルム現像なんで(笑)
また夜にでもこの件は詳しく書きますね(^^)


投稿: takako watanabe | 2006年9月30日 (土) 11時21分

なまじ保護袋に入れると、中が見えないものだから、かえってX線レベルを上げてでも見ようとして、結果低感度ならハダカでも大丈夫とうたっているシステムのはずがダメにしちゃうとか聞きましたけど…。
専門家の解説はどうなのかな?

でもそうと聞いて手検査を希望したら、3年くらい前だっけな?サンフランシスコで小1時間も足止めされたことがありましたね~。ブローニー30本とボディ1台、レンズ2本に小物程度だったのに…。
レンズキャップの開け方も知らない係官がいじくり回すもんだから、壊すんじゃないかと気が気でなかったです。「そうじゃなくてね…」って教えようとすると、「ノノノノノ!」とか言ってさえぎろうとするしさ。
その上、結局後ろからその若い黒人係官の後ろから上司と思しき白人係官がやってきて、「いつまでやってんだ!もういいよ!」てなことを言ったらそこで打ち切りになりまして…、せっかくまとめた荷物を広げただけだった、と。「その程度なら最初から人の話を聞けよ!」と憤慨したのでした。(-_-#)

投稿: ろーらい庵庵主 | 2006年9月30日 (土) 22時47分

先日、横浜西口の某量販店のフィルム売り場で、欧州製の○×社のフィルムにX線による影響があるため回収しております、との張り紙がありました。

日本にいてもそうなんですから、安心できません。

投稿: タカシ | 2006年9月30日 (土) 22時49分

こんばんは。
いろいろ受難の時代ですね。
昨日のブログといい、今日のブログといい。
このブログを読んでいて、「よ〜し!久々に645でも使うか!」って、栃木は簑沢の彼岸花を見に行ってきました。久々のでかい画面に、何となく意味もなく納得。
今度は海外の青い海でも・・・と思っていたら、う〜ん、確かに空港のセキュリティ、厳しそうですね。先日のイギリスの件もあるし、いろいろと銀塩には逆風が吹きまくりますね。

投稿: さんぽみち | 2006年9月30日 (土) 22時52分

☆庵主さま

まさにその通りなんです。
システムがX線を遮断する金属に自動的に反応しちゃうんですよね。

ハンドインスペクションのイライラ。
ワタクシ今回北京で同じ目に遭いました(^^;)
撮影済みのロールを「見ていい?」だって。
「絶対にダメ!!!」と叫びました。
火薬に反応する紙を近づけたりいろいろやってましたが
開けられそうになりました。
北京では非常にものめずらしいようです。
ブローニー、北京では見かけませんしね(苦笑)

投稿: takako watanabe | 2006年9月30日 (土) 23時34分

☆タカシさん
あ~あれですね。
ワタクシ貼り紙を新宿で見ました(苦笑)
災難ですよね。
買ったほうも売った方も仕入れたほうも(涙)

投稿: takako watanabe | 2006年9月30日 (土) 23時35分

☆さんぽみちさま
フィルムは大きさで格段の違いですよね(^^)
特に植物や風景。緑が独特なんですよね。
あ~ワタシもたまにはカラー撮ろうかな。

同じく欧州旅行、考え中です。
う~ん。
フィルムじゃ危ないでしょうかね。

投稿: takako watanabe | 2006年9月30日 (土) 23時38分

私の場合、手荷物検査でそのままX線に通してしまっています。
2003年頃に、やはり海外旅行でどうがんばっても「通せ」で
らちがあかなかったので、それ以来諦めて通しています。フツーに
フィルムはバッグに入れた状態です。

使用しているのはISO400までのフィルムで、今までは特にかぶった
とか言う事はありません。ま、あくまでも「今までは....」ですが。
でもまあ、アフリカの場合は往復で6〜8回くらい検査を受けていて、
影響が出た事はないですね。

そうは言っても、貨物室に預ける荷物にフィルムを入れる事はない
ですけど....。

投稿: 塚原 | 2006年10月 1日 (日) 00時28分

☆塚原さま
こんばんは(^^)
塚原さんはいままでセーフだったんですね。
う~ん。
それにしても塚原さんの写真はなかなか「もう一度」っていける場所ばかりじゃないんで、勇気ありますね~(笑)
もろもろチャレンジャーです!
多くのケースは大丈夫なんですよね、きっと。

でも・・・
カーゴは絶対ダメですよ(苦笑)

投稿: takako watanabe | 2006年10月 1日 (日) 01時35分

この記事へのコメントは終了しました。

« 北京撮影旅行 <トホホな宿>編 | トップページ | 頑張った »