« つれづれ | トップページ | パンケーキ »

2006年12月18日 (月)

グランプリファイナル

グランプリファイナル。浅田真央選手、高橋大輔選手が銀メダルでした。おめでとうございます!

そして織田選手が3位、村主選手が4位。安藤選手が5位。

優勝は女子がキム・ヨナ選手、男子がブライアン・ジュベール選手でした。

試合全体を通して、複数の選手のミスが目立ち、正直なところ「ファイナル」という大会ものとしては全体的に少し残念な試合内容だったと思いました。

前回のNHK杯の方が見ごたえがありました。日本人選手の活躍云々以前に、観客がスケートの魅力に引き込まれるような演技が多かったのです。

今回のファイナルは、一人一人の選手の体調不良や怪我などもそれぞれ多かったということですし、思いがけないトラブルもありました。それは本当に不可抗力もあるでしょうし、病気や怪我を押して一人一人はその状態でのベストを尽くすべく頑張っていることは判りますし、敬意を払います。

が、元・スケート少女、現・お茶の間解説者としては、それぞれの選手が一番ベストな状態で戦って自己ベストを更新する演技を見せた上でメダルを争ってほしいと思うわけです。

そういう意味で、正直なところ今回の大会は少々期待はずれでした。(ちょっと辛口?)

さて個別の選手の感想です。

☆浅田真央選手については以前の日記にグランプリシリーズ初戦の感想を書いていますが、その時の見方と基本的に何も変わっていません。

初戦の感想でも書きましたが、「プレッシャー云々で負けた」というのはワタシ個人としては「?」と思っています。とにかく、昨シーズンと今シーズンの真央さんの滑りは全く別物です。

エッジ使い一つ一つを見れば判るはず。とにかく美しいのです。

彼女は世界最高、そして史上最高のスケーターとして名を残すポテンシャルを十分に備えた人だと確信しています。

また実際に一年足らずで目覚しい成長を遂げています。その努力、能力はまさに「天才」です。

そして、真央さんは男子でも難しい演技に挑戦しているのです。(詳しくは前回の日記をご覧下さい。)

「何故もっとプログラムを易しくしないのだろう?」「直前に助走をたっぷりとったトリプルアクセルなら成功確率は上がるし、もっと易しいプログラムにすればもっと確実に勝てるのに」。と思ったこともありましたが、

恐らく真央さんの成長を一番身近で見守っている人たちは、真央さんの目先の勝負よりも、大切にしていることがあるのでは・・・と思うようになりました。

つまり「世界最高のスケーター」というだけでなく

真央さんを「世界最高のスケーターであり史上最高のスケーター」に育てようとしているのではないでしょうか。

頑張れ!真央ちゃん!!

ワタシは真央さんが伝説のスケーターとして世界のスケートファンに永遠に語り継がれる素晴らしいスケーターの1人になってくれることを願っています。

そして、そうなるであろうと信じています。

(^^)

☆今シーズンの高橋選手。

素晴らしい!美しい!!

本当にスケーティングが美しい。エッジさばきをみているだけでうっとりします。

そして今シーズンはステップはもちろん、スピンもジャンプも安心して見ていられます。

エッジさばきの正確度、それから身体の軸の安定度が高くなっていると思います。

また集中力も昨シーズンとは全く別人のようです。

今回、観客からもわかるほど体調が変化してしまい、途中動きが止まりそうになる場面も何度かありました。

それでも最後まで滑り続け、銀メダルを手にしました。

もし体調を崩していなければと思うと残念ではありますが・・・。

体調不良というアクシデントは不幸でしたが、それ以上に今後のスケート人生で役立つとても大切なものを得たのではないでしょうか。

☆そして今シーズンの村主選手。

あ~。もうこの前から書きたくて書きたくて仕方なかったんです。

私はトリノで村主さんの滑りに心から感動しました。そして、一歩も動けないほど力を出し尽くしたにも関わらずメダルに手が届かなかったという結果に涙しました。

人間は全てを捧げて努力してもかなわないことがあるのだろうかと。

ファンの1人としてこのまま引退しないで欲しい、もう一度メダルにチャレンジして欲しいという気持ちで一杯でした。

今シーズンのSP、村主さんが選んだ曲は「ボレロ」。

スケートファンの多くが思い浮かべるのが、サラエボオリンピックのトービル&ディーン組が見せた世界一の演技。彼らが20世紀最高のスケーターと称されることになった演技に使われたのが「ボレロ」なのです。

あの演技を見た人は一生忘れないでしょう。

トービル&ディーンのボレロはそれほど素晴らしいものでした。

つまり、ボレロは多くのスケーターの憧れであると同時に、それを選ぶことは、多くの人に20世紀最高のスケーターと比較されることを意味します。

ワタシがもし現役トップスケーターであったら(たら・れば)

一番滑ってみたいのが「ボレロ」であり、一番滑りにくいのもまた「ボレロ」です。

村主選手の強い決意を感じました。

もしかして引退を決意しているのだろうか?

しかし、今シーズンの村主選手の滑りを見て思いました。

昨シーズンよりもずっと素晴らしい!

「記憶に残る」だけではなく是非「記録に残る」ことも目指して欲しい。

そして、今シーズンの村主さんには「喜び」を感じます。

これほどスケートを愛している人がスケートを辞めるはずは無い。

アマチュアを引退することがあっても、プロに転向したり、あるいは種目をアイスダンスに転向することがあるとしても(アイスダンスの村主さんも見てみたいです)、

そして、後に現役を引退することがあっても、

指導者として、そして様々な形をとりながら、一生スケートと共に生きていくのではないだろうかと・・・・・・。

この秋、ボサノバの巨匠、ジョアン・ジルベルトのライブに行きました。

そこで思ったのはこれを是非村主さんにも見て欲しい、聞いて欲しい、ということです。

当日の日記をご参照ください

ボサノバとともに人生を重ねているジョアンの声とギター。その人生、あふれる想い、愛。

これを是非村主さんに!などと勝手に思っていたのですが・・・。

スケートカナダ、NHK杯のエキシビジョンで村主さんが選んだ曲はボサノバの名曲「イパネマの娘」。

活き活きと滑るその姿に、村主さんは実はとっくにスケートと人生を共にすることを決めていたのではないだろうか・・・と思ったのです。

これからもずっとあなたを応援します!

★とにかく、これほど日本の選手の活躍にワクワクドキドキというのはスケート少女だった昔、佐野稔さんに憧れて以来、いや、世界中の選手を含めてトービル&ディーン以来・・・というより、初めてのことかもしれない。

元・スケート少女、現・お茶の間評論家(=スケートファン)にとってなんとも幸せな時代である。

|

« つれづれ | トップページ | パンケーキ »

コメント

takakoさま

真央さんのNHK杯のFP、世界歴代得点一位でしたね!!すごい!!(シニアだけでなく、ジュニアでの得点も、いまだに世界歴代一位のまま保たれているようですね。)
衣装も、赤にキラキラしたリボンを刺繍した華やかなものに変更しましたね。中盤のステップがチャーミングで可憐でした。
また、高橋さんや織田君、村主さんの迫力ある演技も素晴らしく、NHK杯はハイレベルな戦いで、とても楽しんで観戦することが出来ました☆
GPFは、何故か総崩れで、棄権する選手や(男子は4人だけ…)ミスの目立つ演技も多く、見ているのが辛かったです…。
でも、まだこれから。来年3月の世界選手権で、素敵な演技が見られることを期待しています。

ちなみに、真央さんのSPは、アメリカの解説者(ディック・バントン)が「フィギュア史上3本指に入る素晴らしい演技。真央は何光年も先を行っていた」と賞賛したようですよ☆
スケーティングが滑らかで、とても美しいですよね。天性の踊り子というか、彼女の演技一つ一つがピアノを奏でているようでした。伝説のスケーター(もう既に伝説の序章かな?)としてこれからの活躍を期待します!!


投稿: spica | 2006年12月19日 (火) 19時09分

☆spicaさま
「何光年も先を行っていた」というのは凄く良くわかります!
まさにその通りですね。
別格です。
彼女の伝説は既に始まっているのかもしれませんね。
天上の滑り、天女の舞。
彼女は「天使」そのものですね。
鳥肌が立ちました。
衣装もよくなりましたね。

GPFは全体的に不調な選手ばかりで残念でしたよね。
ロシアには数え切れないほど行きましたが、
体調管理には過酷な場所です。

世界選手権、これは恐らくかつてない闘いになりそうな予感がします。
特に真央さん、高橋さんの演技は個人的にも期待大です!
体調万全で臨んで素晴らしい演技を見せて欲しいですね。
いまから楽しみです。
(^^)

投稿: takako watanabe | 2006年12月20日 (水) 00時45分

この記事へのコメントは終了しました。

« つれづれ | トップページ | パンケーキ »