« どんなこどもでしたか? | トップページ | 夜と霧 »

2007年1月31日 (水)

発掘

最近「発掘」というと、某番組が浮かんじゃいますが・・・(^^;)

積読本を大々的に整理していて発掘しました。

『沖縄オバァ烈伝』。

読んだ方も多いかと思いますが、いや~、面白い!!

バスや電車の中でも声を出して笑ってしまう。

何でもっと早く読まなかったかな~。

オバァは偉大で温かい。

生きる知恵と人生哲学が素晴らしい。

もっとも、沖縄オバァと世界中のおばあさんには共通することが沢山ある気がするなぁ。

笑って、温かい気持ちになれる本。

是非ぜひ(^^)

|

« どんなこどもでしたか? | トップページ | 夜と霧 »

コメント

ワンクリックしました。

投稿: キタノ | 2007年1月31日 (水) 23時17分

☆キタノさん
おもしろいですよぉ~(^^)
沖縄オバァのユーモアや
沖縄の人たちの暖かさやゆるさがなんとも言えない味を出してます。

投稿: takako watanabe | 2007年1月31日 (水) 23時36分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発掘:

» 夜と霧 [仕事・お金・生き方関係の本読み日記]
第2次世界大戦中のドイツ強制収容所に収容され、 生き抜いてきた精神科医フランクルの体験記録です。 人間は、かくも残忍になれるんだという暗澹たる気持ちになる反面、 それでも生き抜く人間の強さを感じます。 淡々とした記述であるがゆえに、 著者の、そして人間の精神的な面を浮き彫りにしています。 人間の尊厳と精神について深く考えさせられる本です。 あれこれ僕が感想を言うのは安っぽくなってしまう気がして上手く書けません。 是非是非、多くの人に読んで欲しい本です。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 23時05分

« どんなこどもでしたか? | トップページ | 夜と霧 »