« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

ジャパン・オープン

みなさんGW前半はいかがお過ごしでしたか?

☆放送を楽しみにしていたフィギュアスケートの「ジャパン・オープン2007」。

やっぱり交流試合という意味合いが強いんでしょうかね。

明らかに選手たちに緊張感が・・・。それゆえアドレナリンが足りないのか?多くの選手がミス連発。

全ての試合でオリンピックや世界選手権なみの緊張をする必要は無いにしても、あまりにも盛り上がりに欠けた気がします。残念。

☆今回の放送では、最小限の実況でじっくり選手たちの演技を見せてくれてほっとしました。(まるでプロレスかF1の実況と勘違いした意味不明の言葉の羅列や絶叫、知識不足の自己陶酔型実況はうんざりだっただけに・・・・)。

☆そして解説の佐藤有香さん。佐藤さんの解説はやはり秀逸!です。

豊富な知識に加え、スケートや選手たちへの愛が随所に感じられて、(盛り上がりに欠けた)今回の放送のレベルを引き上げていたと思います。

一フィギュアスケートファンとしては佐藤さんの解説をもっともっといろんな番組で聞きたいと思います(^^)

| | コメント (0)

2007年4月29日 (日)

dance!dance!dance!!

07apr010blog

07apr010weblog

07apr008blog

ザ・ダンス対決。

猫パンチ師匠は、ダンスの達人でもあったのです。

(注)何にも与えてません。マタタビとか、マグロとか・・・。

師匠は、ただただ心から湧き上がる想いを表現しているだけなのです。

これからも師匠について行きます!(師匠ってば、住所不定気味だけど・・・。)

| | コメント (2)

2007年4月28日 (土)

バリオセキュア・ネットワークス

あちらのブログにアップしました。

| | コメント (0)

2007年4月27日 (金)

with6月号に

先日『with』(講談社)の編集部の方から取材を受けました。

今日4月27日発売の6月号に掲載されました。

p193~198の特集記事「”貯まる生活”はここが違う」に、貯めている読者の方の節約法や、お金について、あれこれFPとしてのコメントを寄せています。

よろしくでございます。

ちなみに、貯めている人に共通している主なポイントは、家賃と食費を抑えているところ。(実家の人も多く、家賃ゼロと言う人も目に付きました)。

皆さんいろんな工夫をされていて感心しました。

詳しくは長谷川京子さんが表紙の『with』6月号を見てくださいね♪

| | コメント (8)

2007年4月26日 (木)

花散る公園で

07apr007web

頭痛は随分良くなりました。朝はまだ若干耳鳴りがしましたが・・・。

来年も桜が見られるでしょうか・・・。

なんてことをしみじみ考えちゃいますね(^^;)体調崩すと。

20代のころは毎日そんなことを考えて「いつ死んでも後悔しないような人生を」と仕事にプライベートに命を燃やしていた時期もありましたが(笑)

今は以前とは少し違う意味で一日一日を大切にしなくては・・・と思います。

| | コメント (2)

2007年4月25日 (水)

まさかの展開

ワタクシ、一足早くGW休みを頂戴し、神津島行きの豪華客船にっぽん丸に乗船、

優雅なフルコースディナーを堪能♪

のはずが・・・

ワタシが今朝向かったのは横浜大桟橋客船ターミナル 都内の某病院でした(^^;)

豪華ディナーどころか、本日これまでに何も口に出来ない状態でして・・・。

☆ 深夜、これまで体験したことの無い(人生初にして最悪の)激しい頭痛に襲われ

吐き気、耳鳴り、めまいと視覚異常、また、肩から左腕にかけて刺しこむような痛みも伴い、

旅行どころか立つことや歩くことさえ難しい状態になり・・・。

バファリンを飲んでも痛みが全く治まらず、どんどん症状が酷くなり、夜明けを待ち(信頼できる先生が出勤している時間を待ち)都内の大きな病院に。

これまで体験したことの無い酷い症状に、ビート・たけし氏出演の某医療バラエティ番組のパターンでは「帰らぬ人」ケースではないかと、死の恐怖さえもちらついたりして・・・。

幸い、(一番恐れていた)クモ膜下出血やら

脳梗塞、脳腫瘍といった重篤な病気の恐れは無いということで、片頭痛の可能性が最も高しとの診断。

特に、ワタシが体験したような視覚の異常は片頭痛の代表的な症状だそうで・・・。

激しい頭痛が発症する前からギラギラの光の帯が目の前にちらつき、

段々それが大きくなり、ダンダラ模様の原色のキラキラがネオンのようにきらめき、ヘビのようにうごめいて視界をさえぎり、

ダンダラ脇の視界が暗くなったり、

視界が狭くなったりという

「妙なクスリをやっていないのに、何だこれは?!」というような

(↑体験していないのであくまで想像。念のため・・・)

明らかに何かが脳内で起きている、

何かがあばれまわっているかのような

とってもサイケな世界(?)が展開されていたのです。激痛が訪れるまではある意味面白かったりしたんですが・・・。面白いとか言ってる場合じゃないけど。

というわけで、ロキソニンとゾーミックを処方され経過観察ということになりました。

神津島行きを泣く泣く断念。

結局午後まで激しい頭痛が続いて歩けず、病院でしばらく休んでから自宅に戻りました・・・。

夕方になり薬が効いたようで痛みも随分と改善しました。

よりにもよって、お休みまで頂いて準備万端でフィルムも機材もばっちりそろえて神津島行きの乗船を楽しみにしていたこの日に

いったい何故人生最悪の頭痛が!?

などと、

非常に残念に思うのですが、

船に乗る前だったのが不幸中の幸いと思うことにします(涙)

というわけで、 体調不良によりGW前の休暇でいきなり躓きましたが、

体調を整えて、本当のGWスタートまでにはルンルンの(死語?)休暇モードにはいりたいと思います。

日頃の不摂生のつけが一気に回ってきたような気もします。

年初から徹夜と寝だめを繰り返したのも、いまごろになって身体からのサインとして現れたのかも。

ある種の「天の声」かもしれません。

これを機に不規則な生活を改善しなければと思います。カラダが資本の商売ですので、気持ちも新たに健康管理をまじめにしようとおもいます。

ではでは。

様々な思いを胸に?既に横浜大桟橋のターミナルに送ってしまったスーツケースの戻りを待ちます。

☆誰ですか?「やっぱり年には勝てないんじゃないの?」と言ってる人は?!

仰る通りかも。

などといつになく弱気だったりして(^^;)

いやいや、これを機にますますパワーアップしますぞ。

リベンジだ!(←謎)

| | コメント (10)

行ってきます

日付け変わって

今日から旅に出ます。

東京都内。

なのですよ・・・。神津島って。

金曜日に帰ってきます。

旅の報告をお楽しみに(^^)

☆昨日は仕事帰りにメーター用の電池を買いにレモン社をのぞいたら・・・。

(ふつう銀座近辺で電池ならビックだろう・・・という突っ込みは無しでお願いします・笑)

出会ってしまいました。買ってしまいました。

Rolleiflex用にローライナーの新品。BAYⅢの1。

これで

寄れます♪寄れます♪

ハッセルのマクロプラナーにはモロモロかないませんが。

スクエアで寄れるのが嬉しいのですよ。

それにしてもクローズアップフィルターにしてはよくできているなぁ・・・。美しい。

値段も値段だが。

ふふふ・・・。2とか3も欲しいけどなかったな~。(懐具合を考えれば無くてほっとするけど・・・)。

そして長らく捜し求めていたコード用のショートレリーズを発見!!

こちらは純正ではなくてレモン社さんの特注(当然新品)だそうで。

「また入りますか?」と聞いたら

「在庫がなくなったらまた発注すると思いますけど・・・」

「在庫は結構ありますか?」

「45個ありますが、最初に70作ったらあっというまに完売で・・・」

「3つください・・・」←謎の「トロワ攻撃」。

レリーズをオトナ買いしてどうするよ!?

だって、これまで探しても探してもなかったんですもん。

気がついたら落としてそうだし(^^;)

rolleicordをお使いの皆さん、ショートレリーズ新品がレモン社さんにありまっせ~。

まわし者じゃございません。念のため。

☆というわけでRolleiと一緒に神津まで一人旅♪

| | コメント (6)

2007年4月24日 (火)

猫パンチ練習中

07apr008web_2

今日は夕方から暗室でフィルム現像。14本シャカシャカと。ベタまで焼いて終了。

ボーッと電車に乗ったら逆の方向でした(^^;)ハハハ。

| | コメント (5)

2007年4月23日 (月)

クリスマスローズ

Dsc_0058blog

銀塩白黒写真を蔵にしまっているため、自宅のデジ花写真が続いておりますが、今日は数メートル足をのばしてご近所のデジ花写真です。

☆バタバタしているのだけれど、どうしても旅行前にネガを見たい試し撮りフィルムがあるので時間を作って暗室に籠もらねば・・・。

試し撮りが良かったら良かったで、悩みがまた増えるのだろうな。ダメな方が思い切りがつくんだけどな・・・。一つのシリーズで作風が混在するとワケがわからなくなるし。

複雑。

☆「入荷分は全部買います」と某量販店でオトナ買い(買占め?)したapx400の在庫が底をついてきました。数えてみたら、ラスト50本。なので今回の旅で使い切るでしょう。

ついにこの日が・・・・apx400(;_;)アグフアよ・・・。

(まだapx100とか、カラーネガ&ポジなんかもあれこれあるけど)。

今回はt-maxとacros&prestoも持っていきます(^^)

| | コメント (0)

2007年4月22日 (日)

こんな時間まで

Dsc_0151blog

決定したメイン機用のフィルムを準備しながら・・・。

やっぱりカラーもブローニーを持っていこうかな。

いや、そんなに時間があるわけじゃないしあれこれ手を伸ばさない方がいい・・・。

でもサブは必要。

デジは記録っぽい写真が多くなるから万が一のときのために持っていくとしてもなるべくパスしたいな。でも万が一ってなんだ?

サブは白黒+35ミリ一眼+単焦点でいいじゃん。

えっと・・・35ミリの感度はどうしよう。800は増感で対応するにしても1600はスーパープレストを持っていこうかな。

と思ったら、何故かデルタがカメラに残ってる・・・。カウンターは1(笑)

フィルムの種類を増やしすぎると現像が面倒くさい。

そうだ。メインと同じ機種のワイドをサブにもっていけばフィルムは一種類。

さすがに二眼×二台は首が折れる。しかもサブの方が重量級。だめだめフットワークも肝心なのだ。

なんて

あ~でもないこ~でもない。

さっぱり準備がすすまない!

出発までにたまった仕事も済ませないと(^^;)こんな時間までウダウダとフィルム&カメラを広げて考えているなんて・・・バカですねぇ。

| | コメント (2)

2007年4月21日 (土)

スミレ

_dsc0118web

一番好きな花のひとつがスミレ。

これは、なんと小学生のときに学校に咲いていた花の種を拾い、家に蒔いたもの。

以来、代々咲き続けている年代モノです(笑)

☆来週の旅行の準備。

パッキングして荷物をペリカンで送る。

あ~短い旅なのにどうしてこんなに荷物が多いのだろう?!

でも、まだ最終的に機材を決めていない。

メインは決まり。白黒はAPX400をメインに、増感用にはPRESTOを40本ほど持っていこう・・・。

サブ機が決まらない!35ミリか、中判のレンズ違いか、デジか!?

ギリギリまで悩むんだろうな。

毎度の事ながら・・・。

| | コメント (2)

ソースネクスト

ソースネクストの松田社長にインタビューしました。

| | コメント (0)

GW目前

Dsc_0035weblog_1

楽しいことの前には大抵やらねばならないことが山積みなわけで・・・。

| | コメント (0)

2007年4月19日 (木)

ELLIOTT ERWITT "PERSONAL BEST PERSONAL CHOICE"

日付け変わって昨日は、ラジオ番組収録後、

CHANEL NEXUS HALLで開催されている

エリオット・アーウィット写真展『パーソナルベスト パーソナルチョイス』を観に行きました。

アーウィット氏自身が選んだベストと、アーウィットファンの有名人が選んだベストを集めた展示です。

「写真家としての活動を始めた頃から、写真家としての自分の技術について非常に生真面目であった一方、深刻になりすぎないように常に取り組んできました。」(会場配布冊子の作家挨拶文より)

28年にパリで生まれ、53年、エリオット25歳の時にキャパの推薦でマグナムに参加。

「60年近くも写真家として最前線で活動を続けている場合、その数は半端なものではないことが想像される」と飯沢耕太郎氏が述べているように、何十万カットの中からのベストチョイスです。

選者に選ばれた著名人の中で、北野武さんと福山雅治さんはベストチョイスを選んでませんが、選べないというのもわかります。

さて、写真展ですが、

「エリオットと初めて会ったとき、大変恐縮ですが、私はエリオットがまるで昔からの友人のように、ずっと前から彼を知っていたような気がしました」という言葉がリシャール・コラス氏の挨拶文にありましたが、その理由が分る気がします。

というのも(逆説的ではありますが)・・・。

私自身は、エリオットの作品は、例えそれが初めて見る作品でも「初めて見た気がしない」のです。

もちろん、その構図やシャッターチャンス、織り込まれたユーモアやウィット、視点の温かさは新鮮な驚きが数多くあり、ある意味では何度観ても初めての発見がある作品です。

しかし、作品を見ていると、全ての作品に懐かしさ、既視感を覚えるのです。

例えば、

少年が(父親か祖父と思しき人の漕ぐ)自転車の後ろに跨り振り返り微笑む木立の中の一本道。

電車の一番端の車両に乗り眺めた風景。

波打ち際に佇む老人・・・

挙げればきりがありません。

いつか見た光景、そして自分も場所は違えど似たような光景を目撃しシャッターを押したことがある光景です。(もちろんエリオットのような傑作ではありませんが・・・。)

そして、観たことがないはずの光景ですら既視感を伴います。

人が心動かされるシーンや懐かしさと言うのは普遍性があり、被写体に対する愛やユーモアは場所や時代が変わろうと、人の心に伝達され共感を呼ぶものだと改めて気づかされます。

ただ、彼の作品の魅力は構図の素晴らしさ、一瞬を切り取るセンス、観る人に懐かしさや切なさを呼び覚ます優れた作品であると同時に、

「優れた写真家の仕事は時代の鏡である」との飯沢耕太郎氏の言葉通り、

アーウィット氏が写真家として生きて来た時代の風景が見事に写しこまれています。

一つの活動を長く続けるということの意味も痛感します。

長いキャリアの膨大な作品の中のほんの一部の作品を集めた今回のベスト展。

以前、ハービー・山口さんがスランプの脱し方として

アーウィット氏の「昔のネガを見ることだよ」というアドバイスが心に残ったと話していらっしゃいました。(アーウィットと言えば思い浮かぶ人も多いであろう超有名な代表作カルフォルニアキスも当初ボツだと思ったネガの中にあったそうですよ)。

「昔のネガを見ること」

この言葉の背景にあるアーウィット氏の生真面目な努力の歴史を感じることができます。

というわけで、良きものじっくりと拝見しました。

「わだばゴッホになる」というのは棟方志功の言葉ですが・・・

「わだばアーウィットになる!」などという言葉がココロに湧き上がった次第です!!

単純だな~(笑)

そして、モノクロは本当にいいな~としみじみ。

エリオット・アーウィット写真展『パーソナルベスト パーソナルチョイス』は、

2007年4月6日(金)~ 5月6日(日)
11時~20時

入場無料・無休

シャネル銀座ビル4階 シャネル・ネクサス・ホール

皆さま是非ご覧下さいませ♪

ネクサス・ホールは初めて行きましたが、天井も高く自然光が入るくつろぎの空間です。それにしても、これだけの展示が入場無料
しかも豪華な冊子つき(おまけに表紙は白黒赤と三色からチョイスできる。ワタクシ赤をチョイスしました)。
う~ん太っ腹。シャネルに感謝!
感謝の意を表し会場下の階でスーツをお買い上げ・・・・出来たら良かったんですけどねぇ。
(^^;)
バブリーな時期のシャネルはもっとマダ~ムな印象でしたが(自分がまだ青いマドモアゼルだったせいか?!)、
今日ぐるっと見回したところ、なるほど凛子な(?)年代向きの服が多かったですね。
いつかはシャネル!と昔は思いましたが、いつのまにか「シャネルが似合うお年頃」が微妙に低年齢化しているような気もしました・・・。

☆「アーウィットは観たし、シャネルは入り難し・・・」

という男性陣の声もちらほらと耳にしましたが(笑)

シャネルのスタッフの方は「明らかにアーウィット展目的」という人に対しても(あ、ワタクシのことね)にこやかに感じよく応対していましたし、店員さんに強引に服や小物を薦められるなんていう心配も全くありません(笑)

エリオットファンの男性諸氏、臆せず機会を逃さず銀座シャネルへGO!

ドレスコードももちろんありません。

ただし、服装は自分が持っている範囲のコーディネートで良いので、

こざっぱりした格好で行くのが良いんじゃないかな~と思います。

例えば、

スーツなんて持っていないという人も、同じ手持ちのTシャツでも着古したものではなく、一番新しいものを着ていくとか・・・。

せっかくこのような素晴らしい展示を多くの人が見られるきっかけを作ってくれて、場を提供してくれた(しかも無料で)方々への

せめてもの気持ちの表れが大切じゃないかなと思います。

で、懐に余裕がある方は、是非是非シャネルさんに敬意を表してお買い上げしてください(^^)

芸術振興だメセナだ、なんだかんだと言っても、バブル崩壊以降、「太っ腹旦那気質」の企業がすっかり減ってしまいましたしね・・・。

こちらもオススメ↓

| | コメント (0)

2007年4月18日 (水)

寒の戻り

Dsc_0063weblog

2月並の寒さが見込まれているそうです。

が~ん。

さすがにダウンはもう着ないかなと思い、

クリーニングに出しちゃいました(^^;)

天候不順が続いておりますが、体調を崩さないように気をつけたいですね(^^)

| | コメント (2)

2007年4月17日 (火)

予定稿の恐ろしさ

あちらのブログを更新。いや~、何でも予定稿を作ってしまう傾向はいかがなものかと。

| | コメント (0)

卯月の花

Dsc_0029weblog

ウツギの花。空木、卯木。

☆雨が続いていますね。春の雨にしては少し遅いし多すぎ(^^;)

たまにはすっきり晴れないかな~。

☆先日ある写真展に行きました。

そこで目にしたのは豪華な花、花、花・・・。会場花だらけ。

お花が好きなので贈ることも頂くことも結構多いので相場が何となく判ってしまい暗算しちゃいましたが(笑)

とにかく巨大な花が多すぎて作品が見にくい(爆)

時々見かける光景ですが・・・どうなんでしょうね・・・。程度の問題と言うか・・・。

開店祝いじゃないので(笑)作品が隠れるような1メートル以上あるような巨大な豪華な花を贈るより、その分、作品を買ってもらった方が作家本人もギャラリーの人も嬉しいような気もしますが・・・・。

作品も買った上でのご祝儀なのかもしれませんけど。

車がないと一人では絶対に持ち帰れないようなとにかく大きで勝負!のような花台とか鉢植えとか、どっちの作品を見せたいのか分からないような巨大なアレンジメントとか、会期後自宅に持って帰るのも大変だし、ギャラリーの方も会期中手入れが大変、処分するにしても大変だなぁ・・・なんて思っちゃいました。

小さくても気持ちがこもっていればお花ってとても素敵なプレゼントだと思うんですけどね。

プレゼントって、本当の意味で気持ちがこもってることが大切ですね(^^)

| | コメント (0)

2007年4月16日 (月)

春色

Dsc_0027weblog

寒さに強くて次々と花を咲かせるパンジーやビオラ。

気がつくと毎年庭の花を撮ってます(^^)つまり毎年植えてるってことですね(笑)

☆寒いですね~。

どうしちゃったんでしょう。

☆アキバのヨドで印画紙をガッツリ購入。

いや~、高い!!(苦笑)

どこまで上がるんでしょうね。

それにフォルテも2月一杯で終わってるじゃん!!工場閉鎖だって。寂しいのぉ・・・。

とは言え、在庫が結構あるみたいなのでまだ店には並んでいるのだけど。

寒い、寒い・・・。

| | コメント (0)

2007年4月15日 (日)

咲きました

Dsc_0082weblog

ブルーベリー。今から食べるのが楽しみ(笑)

さて、

気づけば4月が半分終わっている・・・。

かなりショック。

で、一年も三分の一が間もなく終了。

使っている手帳が既にボロボロになってきた。

手荒に扱いすぎ&何でも書き込みすぎ(^^;)

そろそろ取り替えるかな~。

| | コメント (2)

2007年4月14日 (土)

Vergissmeinnicht

Dsc_0034blog

英訳だと「forget me not」日本語訳は「勿忘草」。両方ともそのまんま直訳ですな。

若い騎士が恋人のためにドナウ川に咲くこの花を摘もうとして川に落ちてしまい、

”Vergiss mein nicht”

と叫びながら川に流されてしまった中世ドイツの悲しい恋の伝説・・・。

いくらなんでも子どもじゃあるまいし、花を摘もうとして死んでしまったなんて、ほんまかいな!?という突っ込みはさておき・・・。

ワタシ自身は、何度も足を運んだドナウ川に勿忘草が咲いていたかどうか全く思い出せない次第。

| | コメント (0)

身近な春

Dsc_0032weblog

今日は一日片づけをしていて終わってしまった。

こんな良い天気なのに何処にも行かない休日って・・・。

最近は、家から一歩出るときには常にRolleiを持ち歩いて撮る気モードなので、デジ写真が減っています。ブログにアップする写真が・・・。

なので、久々にマクロレンズなんぞ引っ張り出してデジ一で庭の花を撮ってみた。

身近な春ってやつですかね・・・。えっ?身近じゃなくて手近だろうって??

その通りです。

デジ&手近な春がしばらく続きます(笑)

| | コメント (0)

青空

最近、夕方から天気が崩れる日が多かったけれど今日はスッキリ青空。

箪笥整理であっという間に時間が過ぎ・・・。

陽が落ちないうちにお出かけしなくちゃ。

| | コメント (0)

王様サヨウナラ

童話なんぞ書いてみました。

きっかけは・・・。お話に籠めるとしましょう。

こんな話はいかがでしょう。

********************

『王様サヨウナラ』

自分だけが感じていると思っていた王様への違和感。

最初は小さなことでした。

王様の横暴、身勝手。

どんどん積み重なっていきます。

もう限界だ!

しかし、王様は力を持っているから小さなものは口にはできません。

殺されてしまうのです。

小さなものが声を上げないのをいいことに、王様はやりたい放題。

ごく少数の王様のお気に入りの取り巻きだけは王様からご褒美がもらえます。

他のものは王様からあらゆるものを奪われます。

金があるものからは金を。才能があるものからは才能を。アイデアが豊かなものからはアイデアを。感謝の言葉もなく。

だって王様は小さなものの声なんて気にしちゃいない。

「おれは王様なんだ」。

ただただ王様から奪われるだけで馬鹿馬鹿しくなった小さなものは王様からそっと離れていきます。

「王様から大切なものを奪われました」そう叫んでも、誰も取り合ってくれないから。

「この国にいてはダメだ」。

やがて小さなものは他の国で暮らし始めます。

もっと大きな国に移り住めば、小さな国の王様なんてぜんぜん怖くないからです。

大きな国には同じような酷い王様もいますが、中には正直で心の大きな偉大な王様もいます。

そんな国を目指して旅立っていくものがひとり、またひとり・・・。

しかし、小さな国の王様は決して省みようとはしません。

ある日、耐え切れなくなった誰かがまた声をあげました。

王様は泥棒だ!

私も王様から大切なものを奪われた。

私もだ。

あるものは毎日一生懸命働いて得たお金を。

あるものは何ヶ月もかけて考え出したアイデアを。

あるものは時間を・・・。

小さなものが次々と叫び声をあげ始めました。

側近が王様に報告しました。

「王様、大変です。最初は逆らうものを抹殺することができましたが、人数が増えてきて全ての人を殺すことはできません」。

王様は慌てて小さなものにご褒美をあげて黙らせようとしました。

しかし、実はご褒美に毒が盛られていたのです。

うっかり食べてしまいおかしくなってしまった者、それを知って怒り狂う者、恐ろしさから慌てて国を逃げ出す者、黙り込む者。

王様の毒入りご褒美の噂は、あっという間に国中に広がりました。

それでもしばらくは王様の力が小さなものの叫びをなんとか押さえつけていました。

王様の国は新しい小さな国なので国から離れる人が増えていくと王様のお金がなくなってしまいます。

「もっと人を増やして、もっと奪わなくては新しいお城が建てられないのだ」。

王様は、新しいお城と馬車、そして自分のための名誉ある勲章を大きな国から買うためにお金が必要だったのです。

王様は甘い言葉を他の国にばら撒いて人を集めるよう、側近たちに命令しました。

彼らの言葉に釣られて新しい小さな国に希望を抱いて人が集まってきます。

しかし、国境で国を離れる人とすれ違います。

「あなたはどうして国を離れるのですか?」

「王様は泥棒なのです。だから他の国で暮らすのです」。

「それは大変だ。では私も他の国を目指します」。

やがて誰もその国には行かなくなってしまいました。

そして、小さな国は崩壊が始まりました。

10年後、新しい小さな国は、古ぼけた小さな国になっていました。

ありとあらゆる手を使って集めたお金で建てた新しいお城には、年老いた男がたった一人で住んでいました。

新しく買った馬車をひく馬にやるエサ代も無くなりました。

王様が一番ほしかった大きな国からの名誉ある勲章は、お金だけでは買うことができませんでした。

もう誰も王様と呼ぶ人はいません。

王様サヨウナラ。

(c)2007 Takako Watanabe All Rights Reserved.パクリ&無断転載お断り。

| | コメント (14)

2007年4月13日 (金)

更新

あちらのブログをまとめて更新中。

ヨロシクでございます。

| | コメント (0)

目白押し

備忘録。

コルベール展、アーウィット展、つかにゃんにいさんのチーにゃん展(なんのこっちゃ)

それからオダジョーの東京タワーもあるな~。原作に感動しすぎたのでどうかな・・・って気もするが。今週のニュースゼロ見た?福山&リリーさん。日本中の女子が目をハートにしていたに違いない。

5月になればニコール・キッドマンのアーバスもあるし。

それから・・・爆発的にがっつり撮りたい気分。

人生は短いね。

| | コメント (0)

どうでもいいですよ~

今日は何度もだいたひかるのフレーズが頭の中に渦巻いた・・・。

| | コメント (2)

2007年4月11日 (水)

mixiの

日記をしばらくの間、こちらのブログからのリンクにしてみます。

ヨロシクでございます。

| | コメント (0)

ペンタックス

PENTAX645NⅡ使ってます。

カメラ事業が売り飛ばされてしまうのか、あるいは消滅してしまうのか、経済キャスターという立場だけでなく、ユーザーとして、ファンとして、大いに注目している(ハラハラしていると言うべきか)・・・。

コンタックスと名前が一字違いなだけに、あぁなってもらっちゃ困るわけで・・・(^^;)

ペンタックスは、臨時取締役会を開き、HOYAとの合併計画の白紙撤回と、合併推進派の浦野文男社長と森勝雄取締役専務執行役員の解任を決議した。

これに対して株式市場やマスコミではいろんな評価があるけれど(某紙なんて思い切りペンタの決議を批判していたが)、一ユーザーとしては、ますますファンになった次第。

(創業部門に対する愛着や思い入れは先日放送されたNHKのドラマ『ハゲタカ』を髣髴とさせる。菅原文太氏がトップを演じたあの会社ね。)

ここ最近、ワタシが作品を撮る時はセミ判はRolleiが圧倒的で、645NⅡの出番がぐっと少なくなっていたのだが、もっと可愛がってやらなきゃな~などと思ったりして(笑)

いや~、書きたいことは山のようにあるのだが、そろそろ寝なくちゃならん。

なので一言。

頑張れ!ペンタックス!!

頑張れ!カメラ業界!!

デジも頑張ってほしいけど銀塩もヨロシクお願いします。

| | コメント (2)

2007年4月10日 (火)

探し物

相変わらずAPX400ブローニーの増感データを探しております(笑)

先日、ようやく見つけたと思ったら・・・。

Refinalかよ!!

持ってないっつ~の。

何処で売ってるんだっつ~の。

(何故かAgefixは家にワンボトルあるが・・・fixerはこの際どうでもいいっつ~の)

D76かT-Maxdev.の増感で使いたいんだよぉ~。

あ~、可能な組み合わせが減っていく・・・。

仕方ないな~、早いところフィルムのほうを切り替えるしかないのだろうな・・・。

もしくはどこか町の小さな写真屋の奥に眠っているRefinal探し当てるとか。

う~ん。

もうちょっと頑張って探してみるかね。

もうちょっと真剣に。

最後の最後に某カメラ屋で「入荷したら全部買います」と大人買い(買占めとも言う)したのが運のつきだってば(爆)

な~んて言ってても、使い切ったら寂しいんだろうな。

| | コメント (0)

2007年4月 9日 (月)

最近

_pp10045blog

タイ料理中毒です。一ヶ月食べないと禁断症状が出ます。

☆最近、ちゃんとした写真をほとんどアップしてませんね(^^;)

まずい。

数ヶ月アップしてないことに気づいた次第。

理由は・・・「完全に銀塩白黒モード」だから。

スキャンすればいいんですけど(笑)

スキャンしたものはプリントした実物とは別物なので、スキャンしがいが無いというか。

それから、実物発表の機会まであたためておきたいネタもあり・・・。

まぁ、スキャンが面倒くさいのが一番の理由かもしれません(笑)

☆嵐の3月、怒涛の4月一週目が過ぎて、今週は忙しさのあまり先送りにしてきたことを少しずつ片付ける一週間にしたいです。ためすぎて一週では終わらない気がしますけど、なんとか4月中に片付けたいことがあれこれと。

| | コメント (4)

2007年4月 8日 (日)

機材は

月末の神津島。

機材は決まった。

三台持っていくことにしよう。

作品撮り用に二台。一台は記録用にデジ一。

問題はフィルムだな~。

モノクロオンリーか、モノクロとカラーか。

限られた時間の中で撮れる枚数は限られているから・・・。

悩む悩む。

あっちのブログも最近ボチボチ更新中。

☆司会の仕事で行ったオリベホール。

ホワイエに飾ってあった龍村織物の巨大なコラージュに眼が釘付け。

前回は全く気にならなかったのにな~。

こうなると、ある種の病気(^^;)

物欲を駆り立てられるからあんまり見ちゃダメだ!

| | コメント (0)

2007年4月 7日 (土)

最近のモヤモヤが

写真の話。

ここ最近のモヤモヤが少しずつクリアに。

何故袋小路に入っていたか、その理由がわかって少し明るい気持ちに。

自分がどこに向かっているのかかわからず、自分がやっていることに意味があるのか?と思っていたけれど・・・。

そうか、そうだったのか!!

袋小路に入った理由もわかった。

そして一番大事なこともなんとなく見えてきた。

うん。これが分かっただけでも明日につながる。

明日に向かって撮るべきものもクリアになった。

備忘録、備忘録。

| | コメント (2)

風間健介さん写真展

四谷のルーニィで開催されている風間健介さんの写真展『夕張』を観ました。

「昨年日本写真協会新人賞 写真の会賞 地方出版文化功労賞(奨励賞)を受賞した風間が見たワイドショー的じゃない夕張のマチ。16年間撮り続けて来た集大成による一気200点の圧倒的なインスタレーション。」

ということですが・・・

会場、そして廊下にまで所狭しと展示された作品は圧巻。

まだご覧になっていない方は是非!

会期・2007年4月3日(火)~8日(日)12:00~19:00 最終日~16:00 
会場 ルーニィ・247フォトグラフィー
東京都新宿区四谷4-11 みすずビル1F
tel/fax 03-3341-8118

| | コメント (0)

2007年4月 6日 (金)

お薦め本

最近読んだ中からお薦めの本&ムックをご紹介。

まずは

『キミがこの本を買ったワケ』。

ホイチョイプロダクションのブレーンをつとめる「指南役」が著者。

人がものを買うときの根拠、気になるCMとヒット商品の関係などなど、広告・マスコミ関係者、企業の広報・宣伝担当、企画担当者はうなずくことが多いはず。(時々苦笑いすることも)。それ以外の人も、読むとCMを見る眼が更に厳しくなりそうな一冊。

続いてはムックで『七緒』。

これはキモノ好きにはたまりません。

ゴージャスなキモノの雑誌は他にあれこれありますが、大げさすぎないさりげない着こなし、キモノの基礎知識、お手入れ法など、日常のキモノを楽しむための情報が満載。

ここで紹介されているようなコーディネートに惹かれて、

実際にやってみたら全然似合わなかったなんて失敗もするんですけどね(^^;)

毎号発売が楽しみなムックです。

☆おまけ。

こちらもヨロシク♪

好評発売中!

| | コメント (0)

2007年4月 3日 (火)

オフ会?

中・高の部活仲間・MとWと鍋を囲む。

MとはMの結婚式以来、十数年ぶりの再会。音信不通だったのが、今年になってミクシィで発見。おそるべしミクシィ!(笑)

「鍋をやろう」という年初からのオフ会(というのか?)の約束がようやく実現。

小田急線沿線の某駅のM宅で(ベランダから東京タワーが見えるすばらしいロケーション)、寿司屋の娘・Wの手料理を頂き・・・だんだん盛り上がってきて「そうだ、S先生を呼ぼう!」ということになり・・・。

帰宅したMの旦那と、突然の呼び出しに応じてくださったS先生も加わり、近況報告やら「あの子はどうした?」なんつ~定番の噂話やら昔話に花が咲く。

S先生に対する女三人の馴れ馴れしい口ぶり&態度に、Mの旦那からは「失礼すぎるよ・・・」。

すんません。でも、元・女子校生の中年が集まるとこんなもんなんですってば。

Mの旦那が女子校生に抱いていた『はいからさんが通る』のイメージはMがとっくの昔に壊したらしいが・・・。

元・女子校生の中年集団ってある意味最強。

そんな最強集団と同じ電車の車両に乗り合わせたら、ワタシなら車両変えるね(笑)

考えてみればワタシたちも人生の折り返し地点近辺。

「歩んだ人生分の6年」の割合がどんどん小さくなっていくけど、あの6年間には、情操の基礎になっている部分が沢山詰まっている。

そんな6年を一緒に過ごした仲間だから、どんなにブランクがあっても「箸が転んでも可笑しい年頃」に一気に引き戻されてしまうのよね。

仲間との再会に感謝。

旦那ちゃん&S先生に深謝。

| | コメント (0)

2007年4月 2日 (月)

個人投資家向け会社説明会のお知らせ

2007年4月7日(土)、個人投資家に向けた会社説明会を開催します。
注目企業のトップが事業内容・財務に関する最新情報や、今後の企業ビジョン等についてのプレゼンテーションを行います。

出演企業
グローリー株式会社(東証1 部・大証1 部 6457)
代表取締役社長 西野 秀人 氏 硬貨・紙幣処理機でシェア5割強とトップ、たばこ自販機・コインロッカーも首位。

バリオセキュア・ネットワークス株式会社(ヘラクレス 3809)
代表取締役CEO 坂巻 千弘氏 ファブレス生産の多機能ルータを使ったセキュリティサービス。
月額制・低価格、日本企業で唯一のICSA認定取得の高い技術力が強み。

株式会社ワコム (東証1 部 6727)
代表取締役社長 山田 正彦 氏 
コンピュータ入力用タブレットで世界首位。特許が強み。ウィンドウズ・ビスタは追い風。 電気設計用CADも国内首位。

司会:渡辺タカコ

日時 2007年4月7日(土) 13:00より (12:30受付開始)

会場 オリベホール (東京・六本木) >>地図
東京都港区六本木6-1-24ラピロス六本木8F

東京メトロ日比谷線「六本木」駅下車
都営地下鉄大江戸線「六本木」駅下車
六本木側3番出口 直結
*ホールへは地下1F又は2Fより直通エレベーターをご利用下さい。

定員 180名 定員になり次第締め切り (参加費 無料)
詳しい情報、お申し込み方法は主催のスター・キャピタル・パートナーズのサイトにアクセスしてください。

| | コメント (0)

RVR

村上龍さんのRVR、JMM NIGHTでの対談の模様が気付けば配信されてました(^^;)

| | コメント (0)

2007年4月 1日 (日)

定例部会

ギョーザ部部会。

部長の案内で新橋のギョーザ屋を目指すも・・・

ない!

番地はあってるのに・・・

どうやら潰れたっぽい(^^;)

一同銀座方面に流れつつ、点心のニオイにつられ、よさげな店に吸引される。

海老餃子、にらぼうずや大根餅、あわび粥、ピータンなどなどどれも美味。

締めは話題のスポット?銀座数寄屋橋の不二家レストラン。

「ダイエット中じゃなかったの?」というツッコミを振り切り、中華の後にパンケーキなんぞ食べてしまいました(笑)

☆写真談義。

部長&他のぎょーざ部員に個展開催をせっつかれ・・・。

「便秘と同じ」との発言まで飛び出し。

う~ん。

出すもの出さないと次のインプットもアウトプットもできないっつ~こってすかね。

撮り足したい気持ちと、この辺で一区切りつけて次のテーマに移りたい気持ちが交錯。

展示のプリントは半切程度と思っていたけれど、皆の話を聞いているうちに、全紙、いっそのこと豪快にロールでプリントしたい衝動も。

なんせ、ある時にあるものを楽しまないと将来が不安な銀塩です。

☆食事中もY姐さんのハッセルに皆の視線が集中。

隙あらばと狙う部員たち(もちろんワタクシも)

姐さん、置き引き注意(笑)

| | コメント (2)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »