« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月30日 (木)

秋ですね

07aughokkaido049weblog

次の北海道ぶらりひとり旅は、モノクロ中心になりそうです。

と言いつつ、カラーにも惹かれるんだよね。

| | コメント (4)

2007年8月28日 (火)

天体ショー<皆既月食>

本日、8月28日、「皆既月食」が見られますよ。(天気が心配ですが)

前回日本で皆既月食が見られたのは2004年5月5日。

そして、全国で見られるのは2001年1月10日以来、6年半ぶりなんです。

楽しみにしていたのに、ワタシは丁度その時間帯に見られない。あ~!残念!!

ご興味のある方、神秘的な天体ショーをお見逃し無く!

ちなみに皆既月食のスケジュール。

半影食の始め 16時52.2分
月食の始め 17時50.9分
皆既食の始め 18時52.0分   
食の最大 19時37.4分   
皆既食の終わり 20時22.7分   
月食の終わり 21時23.8分   
半影食の終わり 22時22.5分

(国立天文台サイトより http://www.nao.ac.jp/phenomena/20070828/#Section2

今宵、晴れることを祈りつつ・・・みなさん楽しんでね☆

| | コメント (6)

2007年8月27日 (月)

必携アイテム

戦場ヶ原に持っていけばよかったモノ。

虫よけ

はらってもはらっても、謎の虫があちこちから寄って来て、ブチブチ刺されたり喰われたり。

☆あちこちで見かけたクマ注意の貼り紙&看板。

調べてみたら、先週、戦場ヶ原でツキノワグマに襲われて怪我をした方がいたんですね。

クマ除けの鈴も次回は忘れずに・・・。

と言っても、現地の土産物屋以外でどこで売っているのか判らないので(^^;)今度行った時に速攻で現地調達しよう。

そうそう、道東もクマ頻発エリアなので、気をつけないとね。

| | コメント (1)

充填<その2>

自然のパワーを充填した後は、知識の充填。

昔読んだ本の最新版を買いなおして、インプット!

以前よりも、それを学ぶ必要性も理解できる。

時代の流れからしても、今のワタシが、このタイミングでしっかりと基礎から学ぶことは必要なことだと思う。

あ~、なんだかワクワクしてきた。

大人になってからの自発的な勉強は楽しいな。

| | コメント (0)

マガシーク

あちらのブログを更新しました

| | コメント (0)

2007年8月26日 (日)

充填

ぷらり戦場ヶ原に行ってきました。

日光に行くのは10数年前にヨーロッパの仕事仲間を連れて観光に行って以来。

そして、戦場ヶ原に行ったのは、なんと小学校の修学旅行以来。(何年前かは忘れたんですけど。笑)一人で行ったのは初めて。

いや~、乗ろうとした日光方面の特急電車が満席で、一時間後の電車に。予定がどんどんずれました。予約すればよかった(笑)

東武日光でバスに乗り換え、湯滝、小滝、泉門池、石楠花橋、竜頭の滝をぐるっとめぐり、バスで日光駅に戻るつもりが・・・。

石楠花橋で道を間違え、小田代が原に向かってしまい・・・日没が間近だったので超あせりました。慌てて引き返し、竜頭の滝は諦め、赤沼に。

方向音痴なので、今回は迷子にならないように地図だけはしっかり頭に叩き込んだのに、これだよ(笑)

赤沼は、茶屋も閉まってて、ぽつ~んとバスが来るまでバス停に。

クマ出没エリアらしく、「クマ注意」がトイレにまで張ってあって、ちょっと怖かった(笑)

なんとかバスに乗り込み、東武日光→下今市。ギリギリ浅草行き特急の最終に乗れました。

日光駅周辺や華厳の滝からバスに乗り込んでくるのは海外からの観光客が多く、ハングル、中国語、英語、ポルトガル語、仏語が飛び交っていました。

いや~、充填!やっぱり自然は良いね。

ものすごく良いエネルギーをたくさん吸収しました(^^)

あ~楽しかった!

| | コメント (0)

ひさびさのぎょ~ざ

ぎょ~ざ部部会に久々に参加。

今日は豪華な餃子@神保町の新世界菜館

焼き餃子、蝦餃子、韮饅頭、デザートも美味。

新世界は餃子専門店じゃないけれど、神保町はナイスな餃子の店が多い。

噂のスヰートポーヅに「はしご」する予定は次回に持ち越し。

それにしても、餃子のはしごなんて、気合入ってるな~(笑)

| | コメント (0)

2007年8月25日 (土)

つれづれ

☆UNOのCM。

いや~、お金かかってますね。何から何まで豪華です。

オーリーはやっぱり男前だ。いまさらながら(笑)

☆CMと言えば・・・ニコンの新製品発表会に知花くらら嬢が。

CMキャラは誰なのだろう・・・。それともCMはうたないのだろうか。

キヤノンの渡辺謙さんは、マッチしている気がする。

☆アナリスト氏とファンドマネージャー氏とコンサル嬢と食事会。

久々にお洒落なお店でご飯@神楽坂。

ワインや日本酒、焼酎の品揃えも充実。

神楽坂にはキモノが合うな~。

と思いつつ、暑さに負けて洋服で行きました(笑)

今年はがんばって夏も着物を着ようと思ったのに・・・。

朝から晩まで着ていたら倒れるかも。

この夏一度も絽に袖を通さないのはもったいないので、少し涼しくなってくれないかな・・・。

今年は浴衣も着ていない。

もっともこの歳になると、浴衣を着るようなシチュエーションはぐっと減る。

やっぱり着る場が多いのは、絽か紗の小紋か付け下げだよな。

が、しかし。

気づけば何故かこの夏、浴衣が増えてるじゃん!!(^^;)

しかも、手持ちの帯では合わないような色柄だったりするし。(合う帯を物色していたりするからコワイ。)

こんなことではダメだ~。

引き続き緊縮財政中です。

世の中物欲を刺激するモノが多すぎる!!

| | コメント (4)

D300FX

キヤノン、ニコンの新製品を見回したけど、買うかどうか微妙。

買うとしたらD300かな・・・。でもDXフォーマットというのが惜しい!

D300FXがあれば即買いなのにな・・・。

| | コメント (2)

2007年8月24日 (金)

屈斜路湖畔

07aughokkaido012weblog

| | コメント (2)

D3&D300

出ました!

http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2007/0823_d3_01.htm

http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2007/0823_d300_02.htm

さて、みんなどうします?

フルサイズは魅力なれど、ワタクシの細腕には、D3はごつすぎ。

やっぱりD300かな~。こっちもフルサイズにして欲しかった(^^;)

ライブビューはどっちでもいいや。ワタシはあんまり使わないだろうな・・・。

視野率は◎。

実際見たら欲しくなるのかも。

なんて考えているうちにD90とかD80Xが出そうな予感も。

年明けにD300Xとか(笑)

| | コメント (6)

2007年8月22日 (水)

砂湯・屈斜路湖

07aughokkaido045weblog

| | コメント (0)

xデー

キヤノンの新製品発表に続く、ニコンのデジカメ新製品発表、クビを長くしている人は多いのでは?

どうやら明日が濃厚、スペックは・・・などなど。期待交じりの未確認情報が飛び交っておりますが・・・。

楽しみ半分、残りの半分は懐具合が・・・(^^;)

| | コメント (6)

短い夏

07aughokkaido046weblog

北国の夏はあっという間で、8月も半ばを過ぎると秋の気配が。

今年はどこもかしこも暑いけどね(^^;)

| | コメント (2)

2007年8月21日 (火)

上を向いて歩こう

先ほど19時40分ごろ、夜空に国際宇宙ステーションと、(あと数時間でケネディ宇宙センターに帰還する予定の)スペースシャトルエンデバーが仲良く飛んでいるのを目撃しました。@東京の空の下。

ISSとスペースシャトルが一緒に飛んでいるのを見るのは初めて。

一人で「おぉ~~!」と叫んでました(←かなり怪しいヒトと思われたに違いない)

☆追記

調べてみたら・・・。

STS-118ミッションについて
STS-118ミッション/国際宇宙ステーション(ISS)組立ミッション(13A.1)は、エンデバー号によるISSの組立フライトであり、スペースシャトルによるISSの組立・補給フライトとしては22回目、ロシアのロケットでの打上げを含めると26回目の組立フライトです。(jaxaサイトより)

☆へぇ~、へぇ~、へぇ~。

宇宙はスゴイことになってますね。

| | コメント (2)

2007年8月20日 (月)

アトサヌプリ

07aughokkaido044weblog

| | コメント (0)

ベネフィットワン

あちらのブログを更新しました。

| | コメント (0)

此処は何処?

07aughokkaido014weblog

すぐに判ったあなたは釧路通。

正解:釧路駅前交番。

| | コメント (0)

まずはキヤノン

ニコンvsキヤノンデジタル一眼新製品バトル

8月20日がⅩデーと見ていた人は多かったのでは?

今日、キヤノンが新製品を発表しました。(しかも一気に)

☆EOS-1Ds Mark III

2110万画素・フルサイズCMOSセンサー

お~、きましたね。

11月下旬発売です。詳しくはこちら↓

http://cweb.canon.jp/camera/eosd/1dsmk3/index.html

☆で、30Dの後継機、40Dも発表。

発売は8月31日。

こちらはそれほど驚きを受けませんでしたが・・・。

渡辺謙さんがイメージキャラクターなんですね。

それが一番のサプライズだったかも(笑)

詳細はこちら↓

http://cweb.canon.jp/camera/eosd/40d/index.html

☆さて、これを受けて・・・。

ニコンのD3、D300(?)の発表が気になるところです。

スペックはどんなもんでしょうね?

正式発表近々なんでしょうが・・・。

先ほどニコンイメージングサイトをチェックしたら、明日21日9時半~14時半までサーバーメンテです。

もしかして・・・。

その後にドカーンと発表ですかね。

考えすぎ?

| | コメント (2)

未確認生物(静物?)

07aughokkaido029weblog

☆涼しくなったので(あくまで前日比だが)先日の道東旅行フィルム撮影分をスキャン。

☆さて、屈斜路湖のクッシー

1973年に中学生が遠足中に目撃したのが、最初の目撃証言とされている。

ネス湖のネッシーに対抗して(あやかって)屈斜路湖のクッシーというわけだ。

☆このクッシー像、壊したら100万円との注意書きが・・・。

よく見ると、首の切れ目が痛々しい。

以前、何らかの被害に遭ったのだろうか???

う~む。

いまさらながら、風光明媚なこの場所に、巨大なクッシー像の存在そのものが、どうなのよ?と思わなくもない。

オトナの観光地を目指していないのだろうか・・・。

それとも、「カワイイ~」と思うオトナが圧倒的なのだろうか。

と、違和感がありつつ、ツッコミを入れつつ、やっぱり記念に撮っているワタシ・・・。

クッシーよ。嫌いじゃないぜ。

でも、キミの居場所はここじゃなくてもいいと思うのだが・・・。

| | コメント (2)

2007年8月18日 (土)

別れと出会い

すいません。

大げさなタイトルで。

機材の話です。

しかも昨日の続きですが、D200を売って、D40xを入手しました。

D200は、細腕のワタクシが(←誰が細腕やねん!)毎日持ち歩くにはチト重いということ以外に、特に不満はなかったのです。

知り合いに「何がいい?」と聞かれれば、ニコンの回し者のように薦めていました。

それほど満足度が高いデジカメだったのです。

ところが、今月に入って見かけた「生産中止」の文字。

遂に来たか・・・という感じです。

何が?って、あ~た、そりゃもちろん後継機の発売です。

と言っても、実際にはまだ発表にはなっていません。

これは、既存ユーザーへのニコンの気遣いか?それとも在庫売り切り戦略か・・・。ま、両方だろうな~。

発表になったら最後。

最近のデジカメの価格と言うのは後継機が発表になった途端、日々値下がり。

その下がりっぷりと言ったら、ここんとこの日経平均の下げよりキツイわけでして。

ましてや中古市場価格なんて暴落に告ぐ暴落。

カメラと言うより家電の域に入った感もあるデジカメ。

「dead cat bounce」 という(直訳するとちょっと恐ろしい&猫好きのワタクシにとっては思い浮かべるだけでおぞましい)

相場用語も株式市場にはあったりしますが、

デジカメの場合、その中古価格は、暴落し始めたら、株と違って底入れして反発することはないわけでして・・・。見るも無残な価格に。

ボーナスシーズン、卒入学シーズンに合わせて新モデルが発売される、サイクルの早い家電と化したデジカメ戦線に乗るのも悔しいわけですが、

後継機が出るデジカメを売るなら、発表前の今しかない!という相場観(?)に基づき、ワタシが愛したD200とはきっぱりお別れです。

(ちなみに、間違いなく近々発売されるであろう後継機を買うか買わないかは、その価格にもよります。何よりもその時の懐具合にもよりますなぁ。)

☆D200は本当に良いカメラですので、「最新モデルにはこだわらないので、デジタル一眼の中級機が欲しい」と言う方は、生産中止で最後の安売り状態になってますし、中古市場でも状態の良いものがお手ごろな値段で出ていますので、このタイミングで買うのもひとつのテかもしれませんね。

☆既にD70も手放してしまったので、後継機発売までデジ一眼が一台も無いとあれこれ困るので、買ってみましたD40xレンズキット

う~ん。どうなんでしょ。微妙です。

様々な機能でD200に劣るのは(それが値段の違いでもあり)仕方ないですが・・・。

やっぱり比べてしまいます(^^;)

入門機としてはとてもお得感がありますし、本当に軽いので、使いやすいと思います。

でも、やっぱり自分で設定できる部分がD200と比べると少ないので、使い慣れていたD200からの乗換えだと、とまどうことも多いですね。

それから、使えるレンズが少ないのも、事前に分かってはいましたが・・・。

持っているレンズ、ほとんど使えません(笑)

もっとも、マニュアルで使えばいいんですが・・・。

また、その笑ってしまうほどの軽さも馴れないうちは、(軽すぎて)手ブレに要注意です。コンパクトなみに手ブレに注意したいところです。

VR付きのズームレンズも二本持っているんですがね・・・ボディとのバランスが悪くて(苦笑)

もしVRレンズの望遠ズームを買うなら、ダブルズームキットを買うのが、価格的にも、ボディとのバランス的にもオススメです。

従来メタルだった部分がプラスチックになっていたりと、かなりの軽量設計になっています。

☆別れたばかりのD200と比較して、つい、遠い目をしてしまいますが(笑)

あれこれ差し引いても、サイズと重さは本当に魅力です。

これならカバンにいつも入れて持ち歩けます。

また、銀塩派の旅の友にも良いでしょうね。

ワタシが使うのは銀塩が中心ですが、デジタルで撮りたいこともあるので、カバンにポンと入れられて、一日持ち歩いても苦にならないこの大きさはありがたいです。

特に、レンズキットのレンズとの組み合わせは、手にしてみたら驚く軽さ&小ささです。

☆というわけで、D200の後継機を楽しみにしつつ、しばし、D40xと仲良くしようと思います。道東リベンジ旅行にも連れて行こうと思います。

☆それにしても、気になるポストD200、価格は押さえ気味にしてほしいですな。

新たに加わる機能はどんなものになるんでしょう。

フルサイズが出たらちょっと驚きですが、ニコンの既存ユーザーを大切にする姿勢からすると、それは、やっぱり無いのかな・・・。

画素数が若干増えて、ホコリ防止機能がついたり、ボディに手ブレ防止機能がついたり・・・という感じなんでしょうかね。

| | コメント (2)

2007年8月17日 (金)

米緊急利下げ

米が緊急利下げです。

あちらのブログにアップしました。

| | コメント (0)

夏休みの

アツイ、あまりに暑いです。

というわけで、(脈絡はないが・・・)

熱帯夜に読む(?)写真・カメラ関係の本。

☆渡部さとるさんの『旅するカメラ 3』。

その名の通り第三弾なのですが、1、2に比べるとちょい写真少なめかな・・・。

それにしてもエイ出版のこの手の本は物欲そそられます。

フォコマートにまで手を伸ばしたく・・・。

いかんいかん。

↑こちらも気になりつつ、値段も気になるのでワタクシ自身は未読。

☆つづいては

上原ゼンジさんの『カメラプラス トイカメラ風味の写真が簡単に』

トイカメ風写真がお手軽に。

さくっとお休み前の30分で読める本。

☆もうひとつ。

ロラン・バルトの『明るい部屋』。

まだお読みでない方がもしいらしたら是非。

訳が少し読みにくく感じるのが玉に瑕。

とは言え、この暑さで原著で読む気はナシ(笑)

☆ではでは、今宵も暑さを乗り切りましょう。

| | コメント (0)

D40X

またまたキャッチ&リリース。

D200→D40Xに。

笑ってしまうくらい軽い(^^;)

| | コメント (0)

祝100回

あちらのブログをアップしました。

| | コメント (0)

タケエイ

あちらのブログをアップしました。

| | コメント (0)

アルコニックス

あちらのブログにアップしました

| | コメント (0)

2007年8月16日 (木)

で、どうしよう 2

Rimg0080weblog

新たにスタートしようと思っていることがある。

スタートしようとほぼ決めているんだけど、それなりに費用もかかるので、年齢を考えると費用対効果が気になったりする。

立ち止まるのもリスク。

新たなことを始めるのもリスク・・・。

いやはや大変な時代。

☆またまたANA時代の同僚からメールをもらいました。

同期のCちゃん(^^)

こんな暢気なブログでも、音信不通になっていた昔の仲間がブログを発見しメールをくれたりするので、続けるってことはそれなりに意味があるのかもしれない。

さて、Cちゃんの話。

なんと彼女はANA退職後、税理士になった。

何年もこつこつ勉強して資格を取得したそうだ。

う~ん。偉い!!

ワタシの同期は異常に(?)パワフルな人が多かったのだけど、みんな退職後も頑張ってるなぁ。

ワタシもしっかり生きないと。

やっぱり新たなことをスタートしよう!

勉強しなくちゃ。

| | コメント (8)

2007年8月15日 (水)

で、どうしよう

熱い。アツイ。暑い。

すいません。

融けそうです。

道東の撮影分が出揃った。

さて、どうしよう・・・。

とりあえず、ポジじゃないことは分かった。ネガだ。

で、白黒か、カラーか・・・。

テイストもあれこれお試ししてみたけど・・・。

どうするかな。

あ~、悩む悩む。

今回はカラーの打率が悪かったんだけど、もしかしたらカラーなのかもしれない。

リベンジに向け悩む悩む。

| | コメント (0)

2007年8月13日 (月)

道東ひとり旅・三日目(最終日)

8月5日、最終日。

台風一過抜けるような青空・・・だったらよかったのに。

曇り。どんより。

とは言え、雨は止んでいたので、帰りのフライトまで貧乏性全開であちこち回ることに。

悩んだ末・・・。

前日と同じ観光バスに乗り込む。

釧路

釧路湿原北斗展望台

摩周湖第一展望台

美幌峠

砂湯(屈斜路湖畔)

川湯温泉

硫黄山

阿寒湖 オンネトー

釧路

何故か、摩周湖は台風5号が迫る悪天候の前日の方が見えて、この日は湖面すら全く見えず。

結局二日とも天候には恵まれず。

まぁ、霧の摩周湖&暴風雨の摩周湖が見られたということで・・・(苦笑)

☆この日は昨日のベテランガイドさんではなく、新人さんっぽい。

それはそれでほほえましくもあり。

☆で、二日連続で復路便ギリギリまで粘ってしつこくバスに乗ったわけは・・・。

オンネトー。

阿寒湖に近づくと、前日同様「阿寒湖にするか、オンネトーにするか、いまから皆さんにうかがいます」とガイドさん。

「ちなみに、オンネトーは滞在時間がとても短いですし、トイレも小さなトイレが一ヶ所だけですし、おみやげ物屋もありません。天候によってはあまりよく見えないこともあります」

とネガティブ情報をずらりと並べられる。

(土産物屋は空港にもあろうが・・・と心の中で突っ込み入れつつ)

思いっきりネガティブ情報を与えられ、後ろの座席から「どうする?」という気分↓の声がちらほら聴こえる。

前方の座席からガイドさんが一人一人、選択を聞いていく。

ワタシの番になったので、

「オンネトーにします!!」と大きな声で元気良く(後ろの座席まで聞こえるように)答えた(笑)

「昨日の雨で湖面が奇麗に見えないかもしれませんし、滞在時間も短いですし、土産物屋もないですが・・・」

と念を押されるが

「オンネトーに行きます!」と再び元気良く答えるワタシ。

見たかったんだもんね~。

元気な声につられたのか、後ろの座席からも「オンネトー」という声が。

ふふふ・・・勝った。(何にだよ?!)

ただね~滞在時間が10分。集団行動の「5分前精神」からすると実質5分じゃん!!

Rimg0138weblog

オンネトーは、雌阿寒岳の西山麓にある周囲2.5kmの小さな湖。別名五色沼。

前日断念したので、来られた喜びが×2。もう嬉しくて嬉しくて。

やっほ~。

などと叫んでいる暇も無く、滞在時間短すぎ&一眼もってけば良かったよ。

実感としては5分が2分に感じられるくらいの短時間。

あぁ、貧乏性ゆえ記念写真連発(爆)

ここでビシッとRollei白黒撮りとか決めてみたいもんだが・・・悲しいかな貧乏性。

結局カラーオンリー。

しかもとりあえずコンデジでも押える自分が悲しいよ。そんな時間は無いぞ~!!

(↑とりあえずと思いつつ、これで結構時間使ってしまった。タイムマネジメントがなっとらん!)

後ろ髪ひかれる思いでバスに乗り込み、揺られ揺られてトランス状態。

気がつきゃ釧路空港で、あたふたと下車。

リベンジを誓いつつ、未練を残しつつ、猛暑の東京に戻ったのだった。

いつか晴れた日に訪れてやるっ!!

晴れるまで行ってやる!!(←資金が心配だが)

| | コメント (2)

2007年8月12日 (日)

道東ひとり旅・二日目 その2

強い風雨。傘は見事に破壊。(横殴りの雨だったので、傘をささなくても一緒だったような気もする)。

一昔前の台風中継か?てな感じで笑ってしまう。

また、長袖にアウトドア用ジャンパーを着こんでも寒い。

観光バスの同乗者の中には、寒さに耐えかねて土産物屋で上着を購入している人も。

とにかく視界が悪いので摩周湖も絶望的かなぁ・・・と諦め気味だった。

ところが・・・。

摩周湖の展望台に到着すると、ガイドさんが興奮気味に

「見えますよ!湖面が見えます!!」

お~~見える見える!

「天気がいい日でも、霧で見えないことも多いので、ものすごく運がいいですよ」とガイドさん。

が、しかし。

感動をぶち壊す風雨。

寒さに震え、レンズを拭きつつ・・・。

ローライのファインダーにザンザン雨水が入ってスクリーンは何も見えず・・・。

なんとコンデジのレンズにも水が。ファインダーも液晶もよく見えない!!

さすがに諦めて肉眼で楽しむことに集中するにも台風中継状態。

バスに戻り、ずぶ濡れのカメラをタオルで拭う。

☆ガイドさんが摩周湖のカムイシュの伝説を話してくれた。

昔、あるコタンの酋長がだまし討ちにあい殺され、酋長の母は孫を連れて逃げたものの、山野を逃げまどううちに命より大切な孫を見失ってしまう。

孫を探し続けて摩周湖のほとりまで来た老婆は、カムイヌプリ(摩周岳の神)に一夜の宿をお願いしたところ、快く引き受けてくれた。老婆はそのまま悲しみと疲労で動けず、摩周湖に浮かぶカムイシュ島になってしまったという。

ガイドさんの話がうますぎ。思わず目頭が・・・。

☆美幌峠は、更に視界が悪く、屈斜路湖がどこにあるのかも全く見えず。

☆砂湯で昼食休憩。

レストハウスで醤油ラーメン。

阿寒湖のアイドルがまりもっこりなら屈斜路湖のアイドルはクッシー(なのか?)。

これまた「どうなのよ?」という微妙さ。

Rimg0221weblog

楳図かずお大先生のまことちゃんハウスも屈斜路湖畔ならノー問題だったに違いない!

硫黄山。アイヌ語でアトサ(裸)ヌプリ(山)。明治時代には硫黄の採掘が行われていたそうだ。

臭いがすごいので、喘息持ちのワタクシとしては全く期待をしていなかったと言うか、ここで発作を起こして救急車の世話になっちゃ洒落にならんので、ガスが凄かったらバスに残ろうと思っていた。

ところが・・・

すごいよ硫黄山!!見た瞬間アドレナリンが。

モウモウと噴煙をあげ、生きてる地球を感じる場所。

枯れた樹木があちこちに見られる一方で、高山植物の姿も。

事前にノーマークだったが、ここだけ単独で訪れたいくらいのエキサイティングな場所だった。

もっとも一人で訪れるには何となく怖い場所でもある。

喘息持ちでなくても、風向きとか火山活動によっては十分に気をつけないと・・・。

☆阿寒湖に近づくと、ガイドさんに「阿寒湖オンネトーか」と選択を迫られる。

オンネトーを選ぶと、そのままバスで阿寒湖から30分。(往復一時間。)滞在時間は10分。

阿寒湖を選ぶとその約一時間10分が阿寒湖周辺での自由時間になる。

オンネトーは楽しみにしていた場所だったのだが、

ベテランガイドさん「今日の天候だとあまり期待できません」とのインフォメーション。

悩んだ末、あれほど楽しみにしていたオンネトー行きを断念。

未練を残しつつも阿寒湖畔で過ごすことに。

と言っても風雨と寒さで写真撮影もままならず、遊覧船のりばの小さなレストハウスでコーヒーブレイク。

再びバスに乗り込み釧路の宿に。

☆一日を通して「見えた!」とか「見えない」で一喜一憂する悪天候。

(そういえば・・・。バスの窓から外を眺めていたら緑の中に赤茶色の物体が。

なんだろう?凝視したところ・・・。なんとエゾシカとばっちり眼が合いました。)

ほとんどの時間、バスの窓から雨に濡れたぼんやりした景色を眺めていたのだが・・・。

9時間45分に渡り、さまざまな道東の見所や季節の情報、歴史、時事ネタなど、面白おかしく時には感動的にその話術と知識で楽しませてくれたベテランガイドにただただ感謝!

また別の季節にも道東を訪れてみたいと思った。

☆この日もホテルで夕食。鱈腹にて就寝。(これじゃ、たった三日で肥えるわけだ。)

| | コメント (2)

2007年8月11日 (土)

道東ひとり旅・二日目 その一

8月4日。

朝起きると7時。

6時に目覚ましを掛けていたのに無意識に止めていたらしく、慌てまくって飛び起き、テレビをつけると台風関連のニュースばかり。

なんというバッドタイミング。それでも公共交通機関が動く限り行動しようと決め、シャワーを浴びてホテルで朝食バイキングを取り支度をしてバス停に向かう。(「やればできるじゃん」と思える一連のすばやい行動。普段はどうかするとこの動作だけで半日かかることすらあるからな~。)

何故今日に限ってこんな天気なんだ?とブルーになりがちな気分を無理やりテンションを高めつつ、前日に予約していた阿寒バスの定期観光バスに乗り込む。

この日のルートは

釧路

釧路湿原北斗展望台

摩周湖第一展望台

美幌峠

砂湯(屈斜路湖畔)

川湯温泉

硫黄山

阿寒湖畔

(オンネトー)

釧路

所要時間9時間45分、(走行距離・失念!)

日本一走行距離が長い定期観光バスらしい。

☆道東の魅力満載ながらも、たった一日でこれだけのルートを回ると、一ヶ所の所要時間が短くなるので、写真を撮るにはかなり忙しい。(一番行きたかったオンネトーの予定滞在時間はわずか10分!)

観光バスに乗るか、電車と定期路線バスを利用して周遊個所を減らし、じっくりと撮影時間を取るか悩んだが、とりあえず見てみたいところが沢山網羅されていたし、これだけの悪天候。バスに揺られるのも良いんじゃないかと思った。

☆実際にバスに乗ってみて、良かったことがもうひとつあった。

ヤマムラ・ミドリさん(と自己紹介で言っていたように聴こえたが、もしかすると違うかもしれない)というバスガイドさんが乗車していて、このガイドさんが素晴らしかった。

年齢はワタシと同年代かあるいはもう少し上だろうか、とにかくかなりのベテランであることは間違いない。

知識、話術など客を飽きさせない。

歴史や時事ネタなどとにかく勉強になることが多く、このガイドさんがいたお陰で9時間45分、悪天候の旅を飽きることなく楽しめた。

観光バスの代金5800円。このガイドさんがつくなら、本当にお得だと思った。

9時間45分のほとんどを立ちっぱなし、しゃべりっぱなしは相当体力的にもきついと思うが、たまたま乗った観光バスで思いがけずプロフェッショナルな仕事振りに出会い感激だった。

Rimg0192web

台風迫る阿寒国立公園。

「絶景」と言われる美幌峠からの屈斜路湖眺望も・・・。

屈斜路湖?どこどこ?

視界は10~20メートル程度がやっと。

| | コメント (2)

おそろしや

カラーだけで、既に旅費を上回る現像&同プリ代。

寒気が・・・。

| | コメント (6)

道東ひとり旅・一日目 その2

釧路駅に行き、「日本一遅い」釧網線くしろ湿原ノロッコ号に。(「ノロッコ」はノロノロとトロッコの造語らしい。まんまや。)

出発ホームに行くと、夏休み光線発しまくりの親子連れ&鉄、鉄、鉄。

圧倒されつつ、にわか鉄気分で数枚記録写真をフィルムに収め、車両に乗り込む。

釧路から塘路まで片道530円。時速約30キロ。

見所では更に速度を落としながらゆっくりと釧路湿原を走る。

乗客には中国、韓国といったアジアからの観光客(カップル多し)の姿が目立った。

塘路で下車し、塘路湖へ。

う~む。微妙。実に微妙。

悪天候のせいか、見渡す限りワタシ以外に誰もいない。

その状況を喜びたいのだが・・・。かなり微妙。

飛ぶあめんぼのような謎の巨大虫に集団で襲われながらパチリパチリ。

今度は「どこでもベープ」を持参しよう。

天気もますます悪くなったので早々に切り上げ、塘路駅に戻る。

釧路湿原駅で下車して細岡展望台に行けば良かったかもしれないなぁ・・・と、プチ後悔先に立たず。てなわけで細岡展望台は次回に持ち越すことに。

Rimg0090weblog

<塘路駅にてセルフポートレート(よぉく見ると・・・)>

復路はノロッコではない釧網線にて釧路駅まで。

翌日の観光バスを駅のバス営業所で予約。

ホテルがある港方向に歩いていくと、港まつりが開催されていた。

くしろ港まつり は、昭和23年の釧路港開港50年を記念して開催された「釧路港開港50年港まつり」を第一回目とし、以後、現在まで続いている釧路市最大のイベントなのだとか。

大漁ばやしパレード、市民踊りパレード、音楽パレードなどがあり、今年の会期は3日から5日ということで、ワタシの滞在期間とちょうど重なった。

昼間歩いたシャッター通りには露天が並び、浴衣姿の若い女性や、パレードに参加する市民・・・。

この人たちは昼間一体どこに居たのだろう?という人出だった。

そして会場一帯には、ワタシがこれまで行ったどんな祭りでも体験したことの無い強烈なまでの大音量で音楽が流れ・・・。

近くにいたおばあさんに「あの人たちは立正佼成会の人ですか?」と質問され

「韓国からの出演者のようですよ」と答えたが、

何度も耳元で互いに叫ばなくては会話が成立しないほど・・・。

10分ほど見物していたが、もともと薄い鼓膜が段々痛くなってきたので、足早にホテルに向かう。

ホテル上層階にあるレストランで釧路の夜景を眺めつつ夕食。まさに鱈腹となり就寝。(翌朝ジーンズが・・・)

| | コメント (0)

2007年8月10日 (金)

道東ひとり旅・一日目 その一

まだネガが仕上がってこないのですが、忘れないうちにメモメモ。

8月3日、台風五号とともに北上する。

ANA741で羽田から釧路に。

釧路空港では丹頂の剥製が到着ロビーに。

う~む。さすがは「たんちょう釧路空港」。と思ったり思わなかったり。

ガイドブックをとうとう買わずに出発してしまったのでロビーで路線バスの時刻表やらパンフレットやらあれこれ入手。なかなかの充実ぶり。(ふふふ。節約したぜ。)

釧路空港から空港連絡バスに乗り込む。

空港連絡バスは到着便の時間に合わせてあるので便利だ。小さな空港なので迷うことなく釧路駅方面のバスを発見。

乗り込むと、ちょい無愛想な運転手さん。(「ちょい」なのか?!)

何故か青森時代を思い出す・・・。(「何故か」は書かないことにしよう)

あいにくの空模様だったが、空港から5分も走るとバスの窓の向こうに緑が広がり「旅気分」が高まる。

高まりながらも徹夜明けだったのでいつしかトランス状態に・・・。

「あ!釧路川」と叫んだ子どもの声で目が覚める。

(が、しかし。釧路川ではなかったようで、すかさず子どもの母親らしき女性から「新釧路川」と訂正が入る。)

空港から約50分ほどで、今回のお宿、釧路プリンスホテルに到着。

チェックインの時間より随分早く到着してしまったが、「お部屋の準備が済んでおりますので」と、笑顔で迎えられる。

(初めて遭遇した釧路人が無愛想な運転手だったので、もしや・・・と嫌な予感が走ったが、どうやら釧路にもサービスという言葉は成立しているらしいと確認し、安堵。)

チェックインを済ませ、ホテルで昼食を取り、すぐ近くにあるフィッシャーマンズワーフmooに行き、バスのチケット売り場で釧路駅までのバスの有無を聞くと、「ないです。歩いていけますよ」と何故か不機嫌そう。

駅の方角を目指し、てくてく歩いていくと、目の前を通り過ぎる釧路駅行きのバス。

むむ?どういうことだ。

近くにバス停もありそうなニオイがプンプンするのは気のせいか?

う~む。さっきのバス会社とは別の会社ってことなんですかね。

結局、ぷらぷら街を散歩しながら徒歩で駅に向かうことに。

あちこちの店でシャッターが下りている。金曜日の真昼間、定休日ではあるまい。家電量販店も閉店。

まさにシャッター通りとしか呼びようが無い。

台風が近づいていることもあってか、町を歩いている人もまばら。

見かけるのは年寄りと、内外からの観光客ばかり。

釧路市では、80年代後半以降、郊外型大型スーパーの出店などから、シャッター通り化が起きたそうだが、それから約20年。

釧路の街を歩いているうちに、たった数時間前まで目にしていた東京都心の光景の方が、現実離れしている気さえしてくる。

| | コメント (0)

2007年8月 9日 (木)

ドリコム

あちらのブログにアップしました。

| | コメント (0)

どうにもとまらない

またやってしもた。

キャッチ&リリース。

だいたいこの順番じゃダメなのだ!

リリース&キャッチにしないと。

それにしても異常。

8月の物欲は異常すぎる。

何故この時期に。

あ~。

ピンチピンチ。

急いで追加リリースしてこよう・・・。

☆追加といえば

残りのポジがあがってきた。

死亡。

見事全滅。

あか~ん。

で、一緒にえいやっと同プリ出した35ミリの白黒(今回の北海道撮影ではないフィルム)の出来の方が遥かにいい。

久々に35ミリ。しかもぷらっと家の周りを遊びで撮った気合ゼロの二本。(一本なんて去年の北京撮影フィルムの残り消化撮影なのに・笑)

う~む。

ブローニーの出来はどうだろう・・・。

やっぱり今の自分にフィットするのは白黒なのかも。

でも北海道の「色」は魅力的なんだよな~。

次回までにがっつり決めないと!

| | コメント (2)

2007年8月 8日 (水)

釧路といえばラーメン&勝手丼<旅ご飯編>

Rimg0210weblog

フィルム写真が出来上がるまで、しばしコンデジの食事写真なんぞ。食事の時はコンデジって、便利。

さて、一人旅だといつも、食事にはそれほど力を入れない。

そこそこの味でお腹が一杯になって、お腹を下さない食べ物ならOK!という主義。

上の写真は屈斜路湖畔のレストハウスで食べた醤油ラーメン。650円也。

ちなみに、ここのメニューには「クッシーラーメン」1000円が。クッシー(ネス湖のネッシーのような屈斜路湖のアイドルキャラ)を模った蒲鉾か何かが載っているラーメンの豪華バージョンなのだが、貧乏性なので、旅先のラーメン1000円は心理的抵抗が。結局普通の醤油ラーメンを選択。

Rimg0061weblog

で、その醤油ラーメンなのだが、正直、観光地のレストハウスのラーメンなんて全く期待していなかったのだけれど、これが意外にも美味しかった。

☆実は、翌日、またしても屈斜路湖を訪れ、飽きもせず同じレストハウスに。

せっかくなので地元特産の紅まるというジャガイモを使った「紅まるコロッケ定食」750円にトライ。

Rimg0060weblog

コロッケにホワイトソース。

地元のじゃがいもに、地元の乳製品を使ったホワイトソース。

地元愛が感じられますな。

が、しかし。

下町育ちのワタクシとしてはじゃがいもコロッケには、ソースかケチャップをざざ~っ、どど~~っとかけたくなってしまう。

決して紅まるコロッケ定食がまずいということではないのだが、前日の醤油ラーメンをリピートすればよかったとプチ後悔したりしなかったり。(小さい問題だな~。)

☆夜は二夜連続ホテル(釧路プリンス)のバイキング。

で締めに・・・またまたラーメン。こちらも二夜連続。

Rimg0267weblog

少量だったので、「しめのラーメン」にもかかわらず、この後さらに二杯。(我ながらすごい胃袋。)さらにさらに。フルーツ(西瓜)、プチフール×4、アイスクリームまでしっかり頂きました。乳製品が新鮮なだけあって、生クリームを使ったデザートも濃厚な味わいでハズレなしでした。

それにしても、何故ホテルのバイキングでラーメンが?と思ったのですが、かなりツボにはまり、二夜連続どころか、朝のバイキングでも食することに。いや~癖になる味です。バイキングの人気定番メニューというのも納得。

釧路ラーメンは、細縮れ麺のあっさり系。

札幌、旭川、函館に次ぐ道内第四のご当地ラーメン。(らしい)

レストハウス、ホテルのバイキングのラーメンだけでなく、ラーメン店で味わってみたい。

☆さて、釧路ラーメンと並んで釧路の食を代表するメニューといえば・・・

勝手丼」。

ちらし寿司を想像してもらえばよいわけですが、好きな具を選んで好きな量だけ載せるもので、JR釧路駅近くの和商市場のものが有名。

時間の関係で和商市場を食事時に訪れるチャンスが無く・・・。

これまたホテルのバイキングで勝手丼を堪能しました(←前菜、肉魚、パスタと味わった後の丼。もちろん、締めにはラーメン。そしてフルーツ、デザート。笑)

☆摩周ソフト、マリモソフト、メロンソフト、熊笹ソフトなどなど・・・あれやこれやとご当地ソフトが。

これも大きなハズレなし。

☆エゾ鹿ステーキ、エゾ鹿バーガー、エゾ鹿ウインナー&ソーセージなどなど鹿メニューも多し。

鹿好き、ジビエ好きなのだが、過去のバブルの名残か、ワインがないと・・・(笑)

いや、ワインはあるにはあったのだが、二日酔いや寝坊が怖いので。

結局、今回の旅で鹿は食さず。

その代わりといっちゃなんですが、久々に鯨肉を食べました。何年ぶりだろう。

次回はエゾ鹿料理もしっかりチャレンジしたい。

☆いやはや、一人旅の食には多くを求めない主義ですが、わずか3日でジーンズがきつくなりました。

| | コメント (2)

2007年8月 7日 (火)

リベンジを誓う

いや~、先ほどカラーポジ10本仕上がり見たんですが、だめだ~!玉砕に近いっす。

まだ白黒とカラーネガ見ていないけれど、納得できない出来であることは間違いない。

機材とフィルム選択が違うんだよな~。思いっきり外した。

コンデジ含めて4台もカメラを持っていって、いくら下見の為の試し撮りとは言え、ワタシの気の多さに本命恋人・ローライ君も嫉妬したのだろう。

「おかしいな」と思ったのだが、いやな予感は的中。特に台風で水物取りすぎて2日目が酷い(苦笑)。いや~、スクリーン見えないくらいの雨水浸入だったし(爆)

撮っている最中から気づいたのだがメーターが謎の動き。結局自分の感覚の方が適正露出に近かったのだ。「?」と思いつつ内蔵メーターに頼りがちだった。

う~む。

いやいや、愛するローライに罪は無い。ワタクシの修行不足なのだ。

ごめんよ~。次回はもっと大事にするからね。

(↑などと言いつつ、次回rolleiを持っていくべきかどうか疑問を持ち始めているが、そう思っただけでまた機嫌を損ねそうな気がする)

| | コメント (2)

写真の著作権

JTBグループの著作権法違反事件で、JTBグループの写真の無断使用は数千件に上っていたという。

JTBグループの場合、知っていて(しらばっくれて)使っていたのだろうけど、写真にも著作権がある。

これまで、タレントなどの肖像権侵害事件は多かったけれど、デジタル全盛時代、著作権侵害に関する事件もますます増えていくだろう。

撮影者本人に許可無く利用したり、第三者に譲渡したり、コピーしたり・・・。

無断で利用しても、それをビジネスのネタにしなければ著作権侵害じゃないと思っている人も居るようだけど、有償無償にかかわらず、一部の場合を除いて著作者に無許可で勝手に使えない。

私的に楽しむための複製であっても、デジタル方式の著作物のコピーなどは著作者に対して補償金の支払が必要となる。

それにしても、無断使用数千件で御用とは・・・。

せめて抗議された段階で、きちんと謝罪して、使用料金を払えば良かったのに・・・。

それがいやなら使わなきゃ良かったのに。

お金を払いたくないなら、きちんと写真(あるいはデータ)を返却すればよかったのにね。

料金は払わない、写真は返さない、勝手に使う・・・。あまりに身勝手。

料金をケチって著作権侵害して警察のお世話になるなんて、寒い話だな~。

| | コメント (2)

帰京

昨日(もう一昨日ですね)北海道の旅から帰ってきました。

いや~、良かったです。

それにしても笑ってしまう悪天候(爆)

風雨に負けず結構撮りました。

3日間でカラー24本、白黒13本。&コンデジ数百枚(カット数えてない)。

久々にカラーが多いです。しかも倍近い。

機材選択(特にレンズ)の反省などありつつ・・・。

ま、とりあえず、第一回下見ということで。

さて、楽しい休暇のつけが回ってきてます(苦笑)

追々アップしていきます♪

Rimg0249web

↑荒天の阿寒湖訪問を歓迎してくれたまりもっこりくん。

阿寒湖の人気NO.1 キャラ(らしい・・・)

阿寒湖周辺や道東の土産物屋にずらりと並ぶまりもっこりグッズ。

とりあえず、優雅な避暑地というイメージ作りに役立って・・・いないことは確かだ。

| | コメント (10)

2007年8月 4日 (土)

うさぎとともに

釧路です。台風5号とともに北上しました。なせばなる!突破です。雨天決行です。道東ぐるり。何処もかしこもぶらぼーな天気です。傘が折れました。寒さに凍えました。明日は台風一過。午後から天気良さそうです。明日帰ります( ̄□ ̄;)!!ではではおやすみなさい。

| | コメント (2)

2007年8月 3日 (金)

パッキング終了

ようやく荷造り終了。

週末旅行なのに荷物が多い。

今回は中判オンリーと決めたのでフィルムがかさばる。

モノクロ約50本と、珍しくカラーも40本ほど詰め込みました。

(一体、何日間の旅だっ!?っていう量ですね)

それから、台風接近で天気が悪そうなので、小さな三脚も持ちました。

☆昨日買ってしまったカメラ。

クラッセW(←前々から目をつけていて、ついにやってしまいました)

ナチュラクラシカ(←ビックで見本機も値札もきれいに消えていたので、「あの」嫌~な予感に襲われ・・・)

軽量で見かけによらずいい仕事をしてくれそうな銀塩に集中投資です。

そして・・・。

恐るべし。

また一台ニコンの一眼が増えました(笑)

きゃ~~~っ!!

でもね。

やっぱりフィルムが好き。

(↑物欲の言い訳)

さぁて、これからお仕事。

朝までに仕上げるぞ!!

| | コメント (6)

衝動買い?

旅行準備でバッテリーを買いにビックに立ち寄ったのが運のつき。

が~ん。

久々にカメラを買ってしまいました。

後日レポします。

でも旅には持っていかない(苦笑)

さぁ、これから朝までガッツでもろもろ準備!

台風usagi、早くどこかに行ってくれ!

| | コメント (0)

2007年8月 2日 (木)

サブ決まらず

台風の進路がますます気になる今日この頃。

そして北海道行きの準備をほとんどしていない。

サブ機が決まらない。

サブのフィルムも決まらない。

(↑ここまでは毎度の事ながら)

ガイドブックも買っていない。

旅行中に締め切りを迎える連載原稿も書いていない。

(ブログ書く前に原稿書け!って自分で突っ込み入れます)

大丈夫か?!

☆ところで・・・。

韓国公使が北京の病院で点滴後に死亡。ニセ薬の可能性もあるらしい。

何故病院に行ったのかと思ったら、大使館近くの店で買ったサンドイッチを食べたところ、下痢。病院でリンゲル液の投与を受けたという。亡くなった黄氏は、北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議を担当していたとのことだ。

何が原因か現段階では全く分からないし、民間人ではないから、原因が分かっても100%事実を公表するかどうか微妙かもしれない。

☆北京で下痢。ワタシも何度かあります。でも現地の病院に行きたいと思ったことは一度もナシ。^^;

世界中を旅したいと思うけれど、具合が悪くなったときの医療体制は、旅人にとってひとつのリスク。

若い頃はあまり考えなかったけど、このリスクを考えると旅先の選択肢が狭まる。

もっとも、医療体制がある程度信頼できそうな場所(もしくはまともな医療施設がある国に短時間で移動可能な場所)に狭まったところで、一生かかっても、行きたいと思う全ての場所には行けないので大した問題ではないのだけれど。200歳まで生きれば別の話だが。

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »