« 道東ひとり旅・二日目 その一 | トップページ | 道東ひとり旅・三日目(最終日) »

2007年8月12日 (日)

道東ひとり旅・二日目 その2

強い風雨。傘は見事に破壊。(横殴りの雨だったので、傘をささなくても一緒だったような気もする)。

一昔前の台風中継か?てな感じで笑ってしまう。

また、長袖にアウトドア用ジャンパーを着こんでも寒い。

観光バスの同乗者の中には、寒さに耐えかねて土産物屋で上着を購入している人も。

とにかく視界が悪いので摩周湖も絶望的かなぁ・・・と諦め気味だった。

ところが・・・。

摩周湖の展望台に到着すると、ガイドさんが興奮気味に

「見えますよ!湖面が見えます!!」

お~~見える見える!

「天気がいい日でも、霧で見えないことも多いので、ものすごく運がいいですよ」とガイドさん。

が、しかし。

感動をぶち壊す風雨。

寒さに震え、レンズを拭きつつ・・・。

ローライのファインダーにザンザン雨水が入ってスクリーンは何も見えず・・・。

なんとコンデジのレンズにも水が。ファインダーも液晶もよく見えない!!

さすがに諦めて肉眼で楽しむことに集中するにも台風中継状態。

バスに戻り、ずぶ濡れのカメラをタオルで拭う。

☆ガイドさんが摩周湖のカムイシュの伝説を話してくれた。

昔、あるコタンの酋長がだまし討ちにあい殺され、酋長の母は孫を連れて逃げたものの、山野を逃げまどううちに命より大切な孫を見失ってしまう。

孫を探し続けて摩周湖のほとりまで来た老婆は、カムイヌプリ(摩周岳の神)に一夜の宿をお願いしたところ、快く引き受けてくれた。老婆はそのまま悲しみと疲労で動けず、摩周湖に浮かぶカムイシュ島になってしまったという。

ガイドさんの話がうますぎ。思わず目頭が・・・。

☆美幌峠は、更に視界が悪く、屈斜路湖がどこにあるのかも全く見えず。

☆砂湯で昼食休憩。

レストハウスで醤油ラーメン。

阿寒湖のアイドルがまりもっこりなら屈斜路湖のアイドルはクッシー(なのか?)。

これまた「どうなのよ?」という微妙さ。

Rimg0221weblog

楳図かずお大先生のまことちゃんハウスも屈斜路湖畔ならノー問題だったに違いない!

硫黄山。アイヌ語でアトサ(裸)ヌプリ(山)。明治時代には硫黄の採掘が行われていたそうだ。

臭いがすごいので、喘息持ちのワタクシとしては全く期待をしていなかったと言うか、ここで発作を起こして救急車の世話になっちゃ洒落にならんので、ガスが凄かったらバスに残ろうと思っていた。

ところが・・・

すごいよ硫黄山!!見た瞬間アドレナリンが。

モウモウと噴煙をあげ、生きてる地球を感じる場所。

枯れた樹木があちこちに見られる一方で、高山植物の姿も。

事前にノーマークだったが、ここだけ単独で訪れたいくらいのエキサイティングな場所だった。

もっとも一人で訪れるには何となく怖い場所でもある。

喘息持ちでなくても、風向きとか火山活動によっては十分に気をつけないと・・・。

☆阿寒湖に近づくと、ガイドさんに「阿寒湖オンネトーか」と選択を迫られる。

オンネトーを選ぶと、そのままバスで阿寒湖から30分。(往復一時間。)滞在時間は10分。

阿寒湖を選ぶとその約一時間10分が阿寒湖周辺での自由時間になる。

オンネトーは楽しみにしていた場所だったのだが、

ベテランガイドさん「今日の天候だとあまり期待できません」とのインフォメーション。

悩んだ末、あれほど楽しみにしていたオンネトー行きを断念。

未練を残しつつも阿寒湖畔で過ごすことに。

と言っても風雨と寒さで写真撮影もままならず、遊覧船のりばの小さなレストハウスでコーヒーブレイク。

再びバスに乗り込み釧路の宿に。

☆一日を通して「見えた!」とか「見えない」で一喜一憂する悪天候。

(そういえば・・・。バスの窓から外を眺めていたら緑の中に赤茶色の物体が。

なんだろう?凝視したところ・・・。なんとエゾシカとばっちり眼が合いました。)

ほとんどの時間、バスの窓から雨に濡れたぼんやりした景色を眺めていたのだが・・・。

9時間45分に渡り、さまざまな道東の見所や季節の情報、歴史、時事ネタなど、面白おかしく時には感動的にその話術と知識で楽しませてくれたベテランガイドにただただ感謝!

また別の季節にも道東を訪れてみたいと思った。

☆この日もホテルで夕食。鱈腹にて就寝。(これじゃ、たった三日で肥えるわけだ。)

|

« 道東ひとり旅・二日目 その一 | トップページ | 道東ひとり旅・三日目(最終日) »

コメント

数年前、会社の旅行で屈斜路湖に行きました。
UMAマニアのボクは地元のお土産やさんにインタビュー。
「クッシーて、いると思いますか?」
「あれは、流木かなんかの見間違えだね」
「(…信じてないのにお土産を売ってんのかい!)」と、思わず突っ込みそうになりました。

投稿: タカシ | 2007年8月12日 (日) 23時09分

☆タカシさん
>「(…信じてないのにお土産を売ってんのかい!)」

それは言わないのがオトナのお約束(爆)

いや~クッシーには笑ってしまいますね。
クッシーグッズ、まりもっこりグッズに完全に押され気味です。そろそろまた出現して(?)話題を作らないと(笑)

投稿: 渡辺タカコ | 2007年8月12日 (日) 23時27分

この記事へのコメントは終了しました。

« 道東ひとり旅・二日目 その一 | トップページ | 道東ひとり旅・三日目(最終日) »