« リベンジを誓う | トップページ | どうにもとまらない »

2007年8月 8日 (水)

釧路といえばラーメン&勝手丼<旅ご飯編>

Rimg0210weblog

フィルム写真が出来上がるまで、しばしコンデジの食事写真なんぞ。食事の時はコンデジって、便利。

さて、一人旅だといつも、食事にはそれほど力を入れない。

そこそこの味でお腹が一杯になって、お腹を下さない食べ物ならOK!という主義。

上の写真は屈斜路湖畔のレストハウスで食べた醤油ラーメン。650円也。

ちなみに、ここのメニューには「クッシーラーメン」1000円が。クッシー(ネス湖のネッシーのような屈斜路湖のアイドルキャラ)を模った蒲鉾か何かが載っているラーメンの豪華バージョンなのだが、貧乏性なので、旅先のラーメン1000円は心理的抵抗が。結局普通の醤油ラーメンを選択。

Rimg0061weblog

で、その醤油ラーメンなのだが、正直、観光地のレストハウスのラーメンなんて全く期待していなかったのだけれど、これが意外にも美味しかった。

☆実は、翌日、またしても屈斜路湖を訪れ、飽きもせず同じレストハウスに。

せっかくなので地元特産の紅まるというジャガイモを使った「紅まるコロッケ定食」750円にトライ。

Rimg0060weblog

コロッケにホワイトソース。

地元のじゃがいもに、地元の乳製品を使ったホワイトソース。

地元愛が感じられますな。

が、しかし。

下町育ちのワタクシとしてはじゃがいもコロッケには、ソースかケチャップをざざ~っ、どど~~っとかけたくなってしまう。

決して紅まるコロッケ定食がまずいということではないのだが、前日の醤油ラーメンをリピートすればよかったとプチ後悔したりしなかったり。(小さい問題だな~。)

☆夜は二夜連続ホテル(釧路プリンス)のバイキング。

で締めに・・・またまたラーメン。こちらも二夜連続。

Rimg0267weblog

少量だったので、「しめのラーメン」にもかかわらず、この後さらに二杯。(我ながらすごい胃袋。)さらにさらに。フルーツ(西瓜)、プチフール×4、アイスクリームまでしっかり頂きました。乳製品が新鮮なだけあって、生クリームを使ったデザートも濃厚な味わいでハズレなしでした。

それにしても、何故ホテルのバイキングでラーメンが?と思ったのですが、かなりツボにはまり、二夜連続どころか、朝のバイキングでも食することに。いや~癖になる味です。バイキングの人気定番メニューというのも納得。

釧路ラーメンは、細縮れ麺のあっさり系。

札幌、旭川、函館に次ぐ道内第四のご当地ラーメン。(らしい)

レストハウス、ホテルのバイキングのラーメンだけでなく、ラーメン店で味わってみたい。

☆さて、釧路ラーメンと並んで釧路の食を代表するメニューといえば・・・

勝手丼」。

ちらし寿司を想像してもらえばよいわけですが、好きな具を選んで好きな量だけ載せるもので、JR釧路駅近くの和商市場のものが有名。

時間の関係で和商市場を食事時に訪れるチャンスが無く・・・。

これまたホテルのバイキングで勝手丼を堪能しました(←前菜、肉魚、パスタと味わった後の丼。もちろん、締めにはラーメン。そしてフルーツ、デザート。笑)

☆摩周ソフト、マリモソフト、メロンソフト、熊笹ソフトなどなど・・・あれやこれやとご当地ソフトが。

これも大きなハズレなし。

☆エゾ鹿ステーキ、エゾ鹿バーガー、エゾ鹿ウインナー&ソーセージなどなど鹿メニューも多し。

鹿好き、ジビエ好きなのだが、過去のバブルの名残か、ワインがないと・・・(笑)

いや、ワインはあるにはあったのだが、二日酔いや寝坊が怖いので。

結局、今回の旅で鹿は食さず。

その代わりといっちゃなんですが、久々に鯨肉を食べました。何年ぶりだろう。

次回はエゾ鹿料理もしっかりチャレンジしたい。

☆いやはや、一人旅の食には多くを求めない主義ですが、わずか3日でジーンズがきつくなりました。

|

« リベンジを誓う | トップページ | どうにもとまらない »

コメント

フム…。

…海苔の位置が悪いな。
海苔はどんぶりの向こう側に配置するのが鉄則である。


…まだまだだな。
( -_-)

投稿: ろーらい庵庵主 | 2007年8月 9日 (木) 21時55分

☆庵主さま
海苔つっこみ(爆)

投稿: 渡辺タカコ | 2007年8月 9日 (木) 22時13分

この記事へのコメントは終了しました。

« リベンジを誓う | トップページ | どうにもとまらない »