« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月29日 (土)

突然、秋ですな

Dsc_0121weblog_2

昨日までの暑さが嘘のようです。

体調管理しながら頑張るぞ(^^)

新しい季節がやってきました。

Dsc_0124weblog

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近の物欲

D200からD40Xに乗り換えてから、とても身軽なんだけど、なんだか物足りない(当たり前?笑)

で、D300なのだろうか・・・。あ~、フルサイズが欲しい病。

だけど、D3はワタシにはちと重いよね。

今更ですが、5D?

し、しかし、レンズが~。マウントが~。

デジカメへの物欲は、ホントきりがないっすね。

新製品も次々発表されているし、最近のワタシのデジカメ欲はとってもヤバイので、カメラ屋にはなるべく近寄らないようにしておこう(^^;)

とりあえずボーナスの時期まで・・・って個人事業主にボーナスないじゃん!!

見ない、見ない。見なかったことに・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プリンタのインク

プリンタのインクって、特定の色の減りが早い。

で、それが意外な色だったりすると、ストックが無くて慌てます(^^;)

今使っているプリンタが、キヤノンのピクサスのモバイルと、エプソンのmaxart。

maxartを購入当初、インクジェットのモノクロプリントってどんなもんじゃ?と、興味があったし、仕事で大量の文書を印刷することが多いので、ブラックとグレーの消耗が早いと思ったのだが、意外にもライトシアンとか、ライトマゼンダの消費が多いのに驚いた。

ところで・・・

インク交換を頻繁にすると、他の色のインクの減りも早いんだって。

例えば、マットブラックとフォトブラックを交換すると、交換していない他の色のインクもノズルから廃棄されるらしい。

(・o・;)

それにしても、プリンタってランニングコストがべらぼー(死語?)に高いよ。

もう少し値下げすればいいのに・・・。

メーカーさん。もう十分儲かったでしょ(笑)

そうでないと、気軽にあれこれプリントを楽しめないよね(^^;)

一枚いくら?って考えちゃったら失敗が許されないって言うか・・・。

だから、フジの「お店プリント」が繁盛したりするんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

経営者会報

日本実業出版社『経営者会報』10月号が出ました。

連載「渡辺タカコの 美しい経営」第7回は「写真のすすめ」です。

ヨロシクでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて、10月

07aug005weblog

コダックのUC、ブローニーがもうディスコンなんだよな・・・。

好きなフィルムがどんどん無くなっていきます(ToT)

カムバーック!!UC

☆さて、間もなく10月。

ホンマに?っつ~くらい暑いですが。

新しい手帳を数冊買いました。気分一新。

さぁ、気合をいれますぞ!

10月はとってもいい季節なのに、旅行は諸事情により行けない予感。

しょぼん。

そんな時に、地方で講演があるのが殊更嬉しかったりします(^^)

冬になる前に旅行にいけるように頑張るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

本当に国技?

あちらのブログを更新しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

桂吉坊さん落語&パーティ

07aughokkaido006weblog_2

日付け変わって昨夜は、D社のつっちーさん主催(伏字にする必要あるのか?)桂吉坊さんの落語&パーティに行ってきました。

吉坊さんの落語&パワーあふれる参加者の方々から元気を頂きました。

吉坊さんの落語、初めて聴きました。

吉坊さんは81年兵庫県西宮市生まれ。99年桂吉朝さんに入門。大師匠が3代目桂米朝さん。「BRUTUS」の落語特集号では「注目すべき18人の落語家さん」の一人としてご登場。(←つっちーさんからの情報をほぼコピペ)

いや~、やっぱり落語は生で定期的に聞かなければ!ライブに限ります。

大笑いしつつ、ホントあれこれ勉強になった。

☆吉坊さんの落語の後はパーティだったのだが・・・。

なんと、ワタシは名刺を忘れました(爆)

全く、信じがたいね。ボケボケ。

え~。お目にかかった皆さま。名刺を頂戴した方、お許しください。恐縮至極。

☆以前、雑誌の対談のゲストに呼んでいただきお世話になった松尾貴史さんもいらしていた。

重ねて御礼&久々にご挨拶させていただく。

気がつくと後ろには「挨拶待ち」の人の列が・・・(^^;)

☆懐かしい方との再会&新たな出会いも多々。

感謝。

☆落語とあってか、会場のキモノ度が男女ともに街中の平均値よりも高し。

かくいうワタクシもキモノで参加。

先週着た単の御召×博多の組み合わせで行こうかなと思いつつも、結局、単の織の小紋×紬地に草花柄の京袋帯をチョイス。

単を着るのも今年は最後かな・・・。もう直ぐ衣替え。そして、キモノを着るのには最適なシーズンがやってきます。汗と格闘することも無く、寒さ対策も必要なく。

今年はたくさん着よう!(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

パワースポット

Csc_0077weblog

連休最終日は、私的パワースポット(と思い込んでいる)日光に。

いや~、参った。

天気悪いし、混んでるし!

なんと、バスも満員で、日光駅→(いろは坂くねくね)→中禅寺湖までずっと立ちっぱなし。

酔った

多分、小学生以来の車酔い。

「誰だ!?バスの中で酢イカを食うヤツは?!」

と、叫びたかったぞ。ビシッとな。

(くさやを食ってるヤツがいたら、間違いなく叫んだな。)

それにしても混みすぎ。

戦場ヶ原でも、クマよけの鈴がゴロンゴロン、ガランガラン、チリンチリン・・・・。

あっちからも、こっちからも。

クマも退散するに違いない。

いや~、それにしても肝心の写真は打率低し。ワタシにしては使ったフィルムの本数も極端に少ない。

前回は銀塩白黒が打率が高く、かなり良い感じだったが・・・。

どうした?!パワースポット。

結局は天気次第なのか?!

などと思っていたが、翌朝目覚めが妙にすっきり。

やはり、パワーがアップしているぞ。

しかも、朝からパワーが衰えることなく継続。

夕方から勉強タイムだったのだが、苦手な分野もサクサク頭に入っていく。苦手な感じが消えていたし。(あ、これは、日光のパワーで無く、師匠のパワーということで・笑)

この調子、この調子。

問題は歩留まりだな。

明日になれば、奇麗さっぱり忘れていたりして。

きゃ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

道東ひとり旅・4日目<霧多布>

Csc_0150weblog

思い出したように・・・釧路ひとり旅4日目。

雨の中、釧路駅でくしろバスに乗り込み、霧多布に向かう。

JRで釧路から浜中まで出て、そこからバスかタクシーという手もあったが、霧多布線とはルートが異なるようなので、霧多布線に乗ることに。

釧路のバスターミナルでバスが来るのを待っていると、

おじいちゃんが「内地から?」と。

「内地?・・・あぁ、ええ、そうです」

「気をつけないと、(バスが客を)乗せないまま行ってしまうよ」と、言われたので、ターミナルの一番端っこにあるバス乗り場から道路に身を乗り出し、バスに向かい「乗る気マンマン」光線を発する。

無事、おじいちゃんとバスに乗り込み、乗客はじいちゃんとワタシしかいなかったので霧多布のことをあれこれ運転手さんに質問。

「えっ?この雨で霧多布?湿原とか岬が見えるかどうかわからないよ・・・厚岸まで出てみれば、分かるけど」。

厚岸まで行ってわかってもね・・・。まぁ行ってみるべし。

☆それにしても乗客が少ない。

途中、おじいちゃんの友人らしきおばあさんが乗り込んできて、じいちゃんとあれこれ話をして、降りていった。

おじいちゃんは門静近辺(厚岸より少々釧路より)で下車。

じいちゃんは、推定80代。鉄道網が張り巡らされていない地方に住む年寄りにとって、バスは便利な交通手段というか、必要不可欠なものだけれど、それにしても随分長距離乗るんだな・・・。

一時間ほどバスに揺られていては、相当疲れただろう。

☆ 北海道の地名は、厚岸(あっけし)とか、愛冠(あいかっぷ)とか、「内地」のワタシからすると読み方と漢字の組み合わせが面白い地名が多い。

バス停の名前の表示を見つつ、アナウンスを聞きながら、へぇ~と、いちいち面白がってしまった。

結構ツボにはまったのが「カミオボロコミセン」。こちらは耳で聞いて?と思い、表記を見てみたら「上尾幌コミセン」だった。

多分、コミセンは、コミュニケーションセンターの略なんだろう・・・。ネーミングの発想はカミセンと同様(?)。

☆ くしろバスは、「地元の足」度が高いと言うか、観光客に向けてのアピールが物足りないと言うか・・・。

観光客慣れしている阿寒バスと比べて「もっと上手くPRしたら観光客をもっと呼び込めるのになぁ」と、思える点も多い。

霧多布湿原や霧多布岬、厚岸、あやめケ原、涙岬などなど、世界的にみても素晴らしい景勝地があるのに・・・。

途中、ワタシ以外の乗客が無く、貸しきり状態になることが何度もあった。もったいない!!

もっともっと観光客が利用するようにPRすればいいのになぁ。

で、霧多布線は、釧路から厚岸までが約1時間20分。そこから終点の霧多布温泉までが更に約1時間というルート。

観光バスで無く、路線バスのシートに長時間座っているのは結構つらい。

☆ さて、花の湿原、霧多布

Csc_0151weblog

花が終わったシーズン&かなりの雨だったので、どこに行っても貸しきり状態。

しかし、雨には勝てず、フィルムを一本取り終えると、雨宿り場所を探して、フィルム入れ替えの為に休憩せざるを得ない。

くぅ~。

ローライは雨に弱いな。

ファインダーも水が入りやすいし、12枚撮りだと、すぐフィルム終わっちゃうし。

☆デジが無かったら、あまりに少なすぎる収穫に愕然としただろう。(ニコノス買えば?という塚原さんの悪魔のささやきが・・・。確かに雨オンナ、いや、台風オンナには、ニコノスが必要かもしれない)

逆方向のバスに乗り、琵琶瀬展望台に行くが、何とか見える程度で、やっぱり見晴らしはイマイチ。

霧多布というくらいで、もともと霧が多いのだが、とにかく雨には参った!

Csc_0175weblog

それでも、貸しきり状態ならではの感動的な出会いもあり。

展望台付近に放牧されている遠くの馬と目が合ったと思ったら・・・。

気のせいでは無く、こちらにパカパカ寄ってきて、ばっちりアイコンタクト。

Dsc_0114weblog

いや~、ホントに見つめあってしまった。

雨の中、はるばるやって来たカメラばばあを歓迎してくれているようだった。

この後、仲間らしき馬がやってきて、子馬を連れてもう一度こちらにやってきたりして、酷い雨にもかかわらず、というか、だからこそ小さな出会いに喜んだりするのかもしれないが、悪天もそれなりに良かったと思えてくるので不思議・・・。

☆帰路は、雨に濡れて体が冷え、バスにゆられているのが更にしんどかった。

(前回の道東旅行同様、ゴアテックスのパーカーがとても役立った。これが無かったら風邪をひいたと思う。)

何度か眠りに落ちながらも、しばらくするとオシリが痛くなり、目が覚めてしまった。

ぐったり疲れて、釧路駅から歩いても10分ほどの距離だったのだが、雨も降っていたのでタクシーでホテルに戻り、速攻で熱い風呂に浸かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイヤモンドダイニング

あちらのブログにアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇想天外

Dsc_0172weblog

金曜日は、青山でTさんとMさんとご飯。去年の今頃からやろうといっていて持ち越しになっていた新年会(いや、忘年会だったかも)が、ようやく実現。

考えてみたら、お二人とのご飯は初めて。とても楽しいひと時を過ごしたのだが・・・終盤、ワタシがあれこれ悩みを話し始めて「渡辺タカコ再生会議」(?)てな感じになってしまい最後の最後で湿っぽい話題となり少々反省。

だめだ~。

オトナのオンナは締めにこんな話題を持ち出してはイカンのだ!!

お二人の優しさに甘えて、せっかくの新年会?に、20代のような悩み相談をしているジブンの不甲斐なさ!!

で、お二人と別れてから・・・。電車が動かん!!人身事故と車両事故がほぼ同時刻に発生したらしい。まったくついてるぜ。なんてブツブツ悪態つきつつ。

「金曜日の夜に線路に身を投げる心境って想像を絶するな」などと考えつつ、あれこれ動いている電車を乗り継いで、行ける所まで行き、タクシーに。

なんとタクシー乗り場には300人くらいが並んでいた。

(結局、家にたどり着いたのは二時過ぎに。)

で、タクシー待ちをしながら、駅前で弾き語りのにいちゃんの歌を聞きながらあれこれ考え事。(他の人も結構聞いていた。にいちゃんの聴衆、この日は過去最大だったのでは?)

ん~。最近のワタシは覚悟がないんだよな。迷いすぎ。

頭の中で、ジブンがあれこれ選択した場合のそれぞれの最悪の事態をささっとシュミレーションしてしまう。

リスクのない選択なんて無いのに。

いつも崖っぷちだったんだから、いまさら崖っぷちを恐れることはないのに。

生きるパワーが欠乏している感じ。

人生で最高のパワーがあった時期と比べると3%くらい。ゼロとか、マイナスの時期もあったから、まだマシなのかもしれないけど。

あ~、パワー復活の日はあるのだろうか?!

なんて最近ずっとモヤモヤ。

で、いつもブログを読んでくれている高校の恩師S先生からのメールに実に的確なスルドイご指摘が。

サスガのタイミング。

昔、先生から「ワタナベを四字熟語で表すとしたら・・・『奇想天外』」と言われた事を思い出した。それから「生命力がすげ~強い」と言われた事も。

う~ん。

いつまでもモヤモヤ・ウツウツしている場合じゃない。

パワー回復するかしないか分からないけど、ターミネーターが死んだと思って、その後、オルタナティブパワーで復活したみたいに、ワタナベも頑張ってみるよ。時間がかかるかもしれないけど。どこに向かうのか分かんないけど。

ジブン自身がどこに向かっているのか、いつもわからないまま進んでいるから他人から見たら「奇想天外」なんだろうな。

人生いつも思いつき!

大事な節目はいつも思いつきで決めてきた。というか、決定的な思い付きがどっかから降りてくる。

決めたら突進。

今はその決定的な思いつきが降りてくるタイミング待ちの時間なんだよな。

TさんMさんとの来年の新年会にはもう少しパワーアップしていたい。

その頃には、降りてくるだろうか?

戻って来い!ワタクシの根拠のない自信!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

怖い本

あ~。また恐ろしい本が出ています。この本、毎号やばいよ。

ワタクシの物欲をこれ以上煽らないでくれ!!

底なし沼への誘い・・・。

くわばらくわばら。

☆それにしても、暑い!!ホントに9月中旬の天気ですかね。

気温的には絽だが、さすがに秋彼岸に絽を着る勇気は無く・・・。こんなところだけコンサバなワタクシ。歳も歳だしな(自爆)

逆にもう少し歳を取ったら冒険も出来ると思うんだけど。

難しいお年頃。

気合で単。

そう、お洒落は気合と我慢なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉名所

Csc_0416weblog

阿寒・滝口。

紅葉名所・・・らしい。

色づくと、そりゃもう絶景なんだとか。(よぉく見ると、多少色づいてますな。)

というわけで、

脳内カラー変換してお楽しみください♪

見頃に行けたら行きたいもんですな。

りんりん号はいつまで走ってるんだろう・・・。

調べてみるかいな。

それにしても、バスのスケジュールをチェックしていて思ったのだが、10月上旬過ぎると、道東の観光モードは薄れるのか???

う~む・・・。

不採算だから便が減り、便が減るから足が遠のく人もいるっつ~こともあるのかも。

ヘビーユーザーになってやる!

と、気概だけでなれるもんでもなく・・・。先立つものが(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

道具としてのファイナンス

あちらのブログを更新しました。最近まじめにあっちも更新してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

キタテハ?

Csc_0411weblog

キタテハ?シータテハ?

本州でもよく見かける蝶なのに、旅先で出会うと、名前が気になる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

また今回も

Csc_0349weblog

オンネトーに行ってきました。

ここで、ブログ用写真一年分は撮りまくりました(笑)

完全にトリツカレテマス。

太朗湖、次郎湖、じゅんさい沼、それから少しはなれて神の子池もいずれ制覇したいところです。

(以下、美しいオンネトーの思い出をぶち壊す、気分のよろしくない話ですので小さいフォントで。読みたい方だけどうぞ。)

☆このオンネトーにたどり着くまでに、今回は信じがたい出来事が・・・。

バスの運転手さんの好意と、それをいいことに非常識な行動に出た、あるひとりの乗客(出張のついでに観光していたと思しき中年男性)。

なんと、路線バスを20分も足止めさせ、遅延させたのです。(観光バスではない!!)

具合が悪いとか、とても大切なものを置き忘れたというような同情に値するような事情ではありません。同情ゼロ。不可抗力でもありません。単に勝手極まりない行動が引き起こした遅延です。

他の乗客全員が、このモラルのない乗客の行為により、多少なりとも時間的損害を被り、怒り心頭だったのですが・・・。

(「降ろしてしまえ!」「バカは置いていけ」との声も。)

さらに、ワタシには、バスを降りたあとも腹が立つ出来事が重ね重ね・・・。もう絶句です!

釧路から乗ってきた時から嫌~な予感はしていたのですが。

この出来事、一部始終は、猛烈に書きたいのですが、バスの関係者もたまにこのブログに遊びにいらしているようですので、親切な運転手さんが、更に妙なとばっちりを受けることになると嫌ですし。

書くべきか、書かざるべきか・・・。あぁ、書きたい!

☆モラルがないといえば・・・。

オンネトーには、コインを投げ入れる人があとを絶ちません。

ちゃんと看板にも「投げないで下さい」と書いてあります。

しかし、がきんちょに「ほら、投げてごらん」と、小銭を渡す親までいて、親子一緒に河原で小石投げをするかのように、何度も繰り返し小銭を投げたりして、もう唖然呆然です。

☆自分も旅をしている時は、気が付かないうちに他人に迷惑を掛けたり、常識ハズレな行動をしているのかもしれないけれど、なんだか今回の旅は、反面教師にやたらたくさん出合った旅でもありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

見つからない

そろそろ古いPCから新しいものに本格的に乗り換えしようとしているのだが、スキャナやプリンタのドライバが入ったCD-ROMが見つからない。

どこにしまいこんだのだろう?

物置からプリンタと、スキャナの箱をゴソゴソ引き出したら・・・どちらも空だった。

で、三連休でも見つからない。

あぁ、ダメ人間。

外に持ち歩くものじゃないから紛失って言ってもどこかにあるんだよな。

でも、本格的に見つからない。

メーカーに電話したら有償で新しいのを送ってくれるのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

グリーンスパン、ワコム25周年

あちらのブログを更新しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チップワンストップ

あちらのブログを更新しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

釧路の夕日

Csc_0414weblog

誰が決めたか知らないが、釧路は世界三大夕日の街。(他の二つは、バリ島とマニラらしい)。

これは幣舞橋からの夕日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

アフリカのサバンナに

Dsc_0167weblog

よく似ていると言われる釧路湿原。

似てます?

ワタシはわかんないや(^^;)アフリカはまだ行ったことがないもん。

シマウマもチーターもいませんでしたが。

でもって「似てる」って言ってる人でも、アフリカのサバンナを見たことがある人は少ないと思われ・・・。

アフリカのサバンナもきっと素晴らしいところなんだろな。

まあ、どこと似ているとか、東武ワールドスクエアじゃないので、そんなことはさておき。

とっても素晴らしいところだよ。釧路湿原。

気が付くと鼻歌を歌ってしまうよ。

どんなに不機嫌でも、此処に来たら深呼吸してしまうよ。

☆道東の旅、二日目は・・・。

午前は曇り空、時々小雨がぱらつき・・・。

気合を入れて5時に目覚ましを掛けたものの、ホテルの窓から外の天気を眺めて「あ~ぁ、今日もダメかな」と絶望。

二度寝。

7時に起きたけど、まだ天気がスッキリしなかったので、悪天を見越して持ち込んだ作業をホテルの部屋でせっせとこなす。

昼近くになり、天気がさすがに好転してきたので、釧路駅に。

阿寒バスに乗り込み、釧路湿原に。

釧路湿原と一口に言っても本当に広い。

今回は温根内でまったりすることに。

到着する頃にはすっかり青空に。

いや~それにしても台風一過の秋の釧路は、どこに行っても空いていた。

大自然を独り占め状態。

記念にプチセルフ。

Csc_0410weblog

☆日光&道東のフィルム撮影分を現像に出したのだが・・・。

いや~。参った!!フィルム&現像代地獄。

恐ろしい。これに比べりゃ旅費なんて安いもんだと思ってしまう。

でもって、ランニングコストを考えてみたりすると、D3やD300に割安感すらあったりするから笑える。

ひょえ~っ。

ふぅ。

でもね。

カラーはともかく、白黒のフィルムを眺めていると、デジタルじゃありえないなぁ・・・って思えることが多々あり・・・。

だが、しかし。

これをプリントすると印画紙代やら含めて一体いくらかかるのかね。

さむっ!!

お~さむっ!!!

でもまた道東に行きたくなっているから怖い。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

旅立ち

Dsc_0005weblog

空港が好き。

以前はパッキングの達人(?)を自負していたワタクシだけど、最近は、いつも直前まで準備に追われて寝不足。

それでも、空港に着くと旅立ちの気分が高まり、不思議と元気が出てくる。

前職では空港は職場の一部みたいなものだったけれど、空港の空気を吸うと、今も昔もワクワク感がこみ上げてくる。全く飽きない場所なんだよな。

空港ごとにそれぞれ匂いや音や行き交う人の言葉が違うのも楽しい。

☆9月7日

道東めぐり初日は、未明から明け方まで台風9号が関東を直撃。

午前便は各社キャンセルが多かったけれど、ワタシが搭乗予定の午後便釧路行きは通常通り運航。それにしても、便利な時代。携帯のメールを登録しておけば、出発時間や搭乗口の変更も知らせてくれる。

関東地方を抜け、東北、北海道方面に北上する台風。

釧路行きもさすがに揺れた。

☆到着すると釧路は雨。

気温は16.5度。

晩夏と言うより秋。

カバンから長袖の上着を出して着込む。

空港からバスでホテルに。

チェックイン後、風雨が強まる街を歩く。

目ざとくバスの中からチェックした100均・ダイソーに行き、あれこれ便利グッズを買い込む。なにやってんだか(苦笑)

ホテル近くにラーメン屋を見つけ、夕食。

(食のレポートは、後日まとめて。ふふふ・・・。)

ホテルに戻り、気象情報をテレビでチェック。

翌日午前は台風で絶望的なことを確認して就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

更新&復活

あちらのブログを更新しました。

しばらく更新しなかったので、ちょっぴり反省!

これからはもう少しまめに更新することにします。

それから、あちらとこちらのブログのトラックバック受付をしばし復活させてみることにしました。

ブログの記事と全く関係のないサイトのTBが非常に多く、受け付けるのをやめていたのですが、「トラックバックできないんですか?」と聞かれることも時々あるので・・・試しに復活です。

様子を見て、弊害が多ければやめるかもしれませんが(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道東から帰ってきました

Dsc_0170weblog

くしろよろしく

ナイスなコピーが頭から離れません。市役所のベランダだったか屋上にも書いてありました。

あいよ!まかせとけ。

てな感じで・・・・すっかり道東にはまってしまいました。

どこもかしこも宝石のような美しさです(晴れていればもっとよかったんだけど・苦笑)

住むには大変な苦労もありそうですが、北海道には、世界的に見ても素晴らしい観光資源がたくさんあると思います。

あちこち海外に行きましたが、日本にも行くべき場所はまだまだたくさんあると実感した次第。

それにしても、5日間で一体何百キロバスに乗ったのでしょう。

これだけ長い時間でこぼこ道をバスで揺られると、お尻の病になりそうです。

☆一日目 釧路空港→市内

☆二日目 釧路⇔温根内

☆三日目 釧路⇔阿寒湖⇔オンネトー

☆四日目(これが一番きつかった)釧路⇔霧多布

☆五日目 市内→空港

今回は、観光バスではなく、定期路線バスです。

やっぱり観光バスのシートは良いよなと思ってしまいました・・・。

今年二度目の道東めぐりで、阿寒バスのルートと、くしろバスのルートは把握しつつある今日この頃(笑)

☆日程の半分は台風と雨にやられましたが、それだけに観光地も空いていて、霧多布にいたっては、独り占め状態。

花の季節も過ぎた雨の霧多布には誰もいませんでした(^^;)

強い雨にはローライはめっぽう弱く、上からのぞくファインダーに雨が入ると何も見えません(苦笑)

負けずに撮ったものの、やはり枚数は限定的でした。

デジを持っていって本当に良かった。

D40xは軽量でサブにはもってこいですが、画質やら使い勝手やら、ついつい欲張りたくなるものです。

次回は体力をつけてローライ+D300とか、フィルムで35ミリとか・・・。レンズもがっつり。

筋力つけないとバテますね(苦笑)

って、いつの間にかD300への物欲が異常に高まっているのが恐ろしい・・・。

ガマンガマン。

緊縮財政継続中。

また道東に行きたいし・・・。

しばし、機材より旅費優先(笑)

☆日付け変わって昨日は帰京した後、荷物を家に置いて着替え、夕方から勉強タイム。

色々書きたいことがありますが・・・。そろそろエネルギー切れです。

明日以降(^^;)

おやすみなさい。

| | コメント (3)

2007年9月10日 (月)

早くもリベンジを誓う

さぁ、帰らねばなりません。

納得イカナスギ(笑)

再々チャレンジかな~。

霧多布は惜しかったですね。

天気がよければ絶景です。

前回はデジタルがコンデジであまりにもしょぼかったので、今回は、D40xを持っていきました。

う~ん。やっぱりD300が欲しいかも。

デジタルまでだんだん大きいのを持っていきたくなります。

ローライ&ブローニーフィルムとデジだと重いな・・・・。

腕が伴わないのに(いや、だからこそ)あれもこれもと機材を欲張ってしまうんだよね。

やっぱり身体を鍛えるかな・・・。

ムキムキ。

とりあえず、web用には「行ってきましたの証拠写真的」に一年分くらいは撮ったので、帰ったらボチボチアップしていきますね。

(^^)

明日から釧路は好天らしい・・・・。

くぅ・・・。

| | コメント (2)

釧路は今日も雨だった

台風一過なのにまた雨。お祓いしたほうがいいですか?今日は頑張って霧多布に行きました。結構降られて殆ど撮れず退散。寒いです。もうこちらは秋です。ではでは。

| | コメント (0)

2007年9月 9日 (日)

台風一過

こんばんは。こちら釧路は台風一過、いいお天気です。

考えてみたら、全日空時代を含め、北海道に来て青空らしい青空を見たのは初めてかもしれません。

今日は、オンネトーに行ってまいりました。

観光写真、記録写真の嵐。

あまりの美しさにただただ何も考えずに同じような構図、同じような露出でシャッターを切りまくりました。

とても「作品」と呼べるようなものは無さそうです(^^;)

それにしても・・・。

あ~35ミリ銀塩一眼レフを持ってくればよかった。

フィルムはベルビア。

う~ん。

早くも次回のリベンジを誓っています(笑)

三度目の正直・・・ってことですかね。

ではでは。

| | コメント (3)

2007年9月 7日 (金)

なんとか

釧路に着きました。

涼しいというか、寒い・・。

到着時の気温16度ちょっと。

案の定、台風が付いて憑いてきてます。来るな~!!!

ではでは。

二ヶ月連続で暴風雨の道東より・・・。

| | コメント (5)

接近

07aughokkaido032web

<阿寒湖>

台風9号間もなく上陸・・・。

とりあえず、パッキングだけしておきますか。いまさらキャンセルしてもね。

うぅ(涙)

| | コメント (0)

2007年9月 5日 (水)

ストーカー?

07aughokkaido042web

<摩周ブルーならぬ、「摩周グレー」。 悪天候にもかかわらず、湖面とカムイシュが見えたのは幸運。と思ったら・・・・霧のない摩周湖を見た人は嫁にいけないというジンクスがあるらしい・・・マジかよ!!ま、うっすら上のほうにあるな。あるある。あるんだってば!!>

先月の台風直撃の旅のリベンジどころか・・・。

台風よ、あんたワタシのストーカー?毎度ワタシの北上にあわせるように。付いて(憑いて)来なくていいって。

こうなったら雨の道東コレクション!

それより、今度は、フライトもキャンセルの可能性があるかもね(涙)

| | コメント (4)

2007年9月 4日 (火)

経営者会報

『経営者会報 9月号』発売中です。

連載 「渡辺タカコの 美しい経営」、今月は少し辛口です。

| | コメント (2)

宿題

よい子の皆さん、夏休みも終わってしまいましたね。

ワタシは宿題に取り組んでおります。

どんな宿題かと言うと、ちょっと硬い話なので、ゆるネタ中心のこちらではなく(笑)またの機会にあっちのブログで書きたいと思います。

それにしても、子供の頃からギリギリまで宿題をとっておくクセは変わりませんね。

コーヒー飲んで頑張ろう。

☆台風キテマス。

むむむ・・・。

写真仲間のOさんには「呼び寄せているんじゃないか?」なんて言われてますが(^^;)

お互い、二ヶ月連続直撃と言うのもなかなかの引き寄せパワー?です。

どちらが呼び寄せているのでしょう。

台風の進路が南ならOさん、北なら・・・・

ということで(笑)

☆読書の秋に。

今年4月に死去したカート・ヴォネガットの『国のない男』。

2005年にアメリカで出版された『A Man Without a Country』の翻訳版で、これが遺作となった。

アメリカ、そして人類の現状、戦争、科学、地球環境・・・・。

絶望を感じながらも怒りを継続し言動にすることを、次の世代に託したヴォネガットの遺言。

まだお読みでない方は是非。

| | コメント (4)

2007年9月 1日 (土)

熱い!&旅用かばん

☆最近使い始めたPCのACアダプターが異常に熱くなる。明らかにおかしいレベル。

ヘアアイロンの「弱」くらい。やけどをしそうなので、確実に60度は超えている。

火事にならないように、お菓子のカンの上に乗せています。怖いので15分以上使わないようにしたりして。

でも、メーカーサイトをチェックしてもリコールが出ていないんだよな。。。

注意書きに「熱くなることがあります」と書いてあるけれど、「熱くなることが」というレベルじゃないんだよな・・・。手に持てない熱さ。

つながらないフリーダイアルに頑張ってかけ続けて聞いてみるか、サービスセンターに持っていこうかな。

最近、メーカーもリコール慣れしているせいか、部品を外注しているせいか、なにか商品に問題があっても「ご迷惑おかけします」とか「すみません」と言わないことがとても多い。

訴訟を恐れているのか?

マニュアルに、「安易に謝罪しないように」と書いてあるのかもしれない。

それにしても、フリーダイヤルにしても、つながらない電話を15分待ち続けたり、何度も掛け直したりしたり手間がかかるのに・・・。

日本の家電メーカーってこんなだったっけ?

☆何となく、いつのまにか、気がつくと・・・増え続けるスーツケース。

旅ごとに丁度いいサイズを買ってしまうのがいかんのだけど・・・。

大は小をかねる?

う~ん。

やっぱり買おうかな。

スーツケースといえば・・・。

今まで色々なスーツケースやキャリーを使ってきた。

航空会社時代には、仕事道具だった。

やっぱり丈夫なのがサムソナイト。

値段も、まぁまぁだし。

仕事仲間とも「当たり前のデザインだけど、やっぱり丈夫だよね~」なんて納得することが多かった。

他の商品もそれぞれ良さがあるのだけれど、海外で、航空会社によっては扱いが荒かったりするので丈夫というのはとても大切。

それに、あまりに高価過ぎるものだと物盗りに狙われたりするし、海外で高級ブランドのスーツケースや大型のボストンを持っている人は自分で荷物に触れない(=運ばない)生活をしている身分の人が多い。

☆それから、昨年買って感動したのが「hideo wakamatsu」の製品。

痒いところに手が届く、何と言う使いやすさ!

一年使っていて未だに、「そう、これなのよ!!」と思うことが多い。

一日ゴロゴロ持ち歩いていても疲れない。音も静か。

作りがしっかりしているのに軽いし。

単に丈夫というだけではなく、実用性とのバランスがとても良い。

なのに、値段もお手ごろ。

あ、回し者じゃありません(笑)

多分、ワタシの生活スタイルとか、カバンに求めるものがhideo wakamatsuのカバンとフィットしているんだろうな。

以前買ったのはキャリーケースだけど、もう少し大きめのものも、試してみようかな。

| | コメント (4)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »