« 明日は久々に | トップページ | フィギュアSKAM女子シングル結果 »

2007年10月29日 (月)

高橋大輔選手SKAM優勝!

やりました!高橋大輔選手、スケートアメリカ優勝です。

1 Daisuke TAKAHASHI JPN 228.97
2 Evan LYSACEK USA 220.08
3 Patrick CHAN CAN 213.33 
4 Stephen CARRIERE USA 196.33 
5 Alban PREAUBERT FRA 194.40 
6 Ryan BRADLEY USA 181.66 
7 Andrei LUTAI RUS 180.88 
8 Takahiko KOZUKA JPN 177.47 
9 Kevin REYNOLDS CAN 169.12 
10 Yasuharu NANRI JPN 153.99 
11 Kristoffer BERNTSSON SWE 152.52 
12 Karel ZELENKA ITA 144.51

☆今シーズンは開幕戦から大興奮です。

高橋選手のFS、ミスはありましたが、今後に期待できる内容だったのではないかと思います。男子フィギュアの歴史に改革をもたらすSPのヒップホップ「白鳥の湖」に比べ、FSの「ロミオとジュリエット」は、正直なところ、前回は「選曲を間違ったんじゃないの?もっと個性的な曲を選べばいいのに」とか、「プログラムを練習する時間が短かったのかな?」などと思いましたが、今回の演技は、この曲&プログラムに挑む意義が感じられました。また、プログラムの内容も濃密で、これが完成したらどんな素晴らしい演技になるのだろうとワクワクします。本当に高橋選手はなんという人なのでしょう。やってくれますね!

シーズン終盤が本当に楽しみです。

(ただ、FSの衣装は「どうなのよ?」と思います。もっと高橋さんに似合う衣装があるような気もするのですが。SPの衣装がぴったりなだけに気になりました)

☆そして、女子SP。

1 Kimmie MEISSNER USA 59.24

2 Miki ANDO JPN 56.58

3 Caroline ZHANG USA 56.48

4 Emily HUGHES USA 47.66

5 Mai ASADA JPN 46.82

6 Mira LEUNG CAN 46.04

7 Binshu XU CHN 45.16

8 Alexandra IEVLEVA RUS 44.78

9 Valentina MARCHEI ITA 44.64

10 Tugba KARADEMIR TUR 41.58

11 Elene GEDEVANISHVILI GEO 38.30

☆ 安藤選手、2位発進です。

FSで巻き返して欲しいですね。
正直なところ、前回の試合の安藤選手の転倒後の演技中断&再開は、(ルールやケガの具合や試合の勝ち負けは別として)個人的には少し残念に思いました。
今回のSPは、ミスがあっても安藤選手の集中力が途切れていなかったし、(いろんな意味で)ポジティブさが感じられる演技だったので、見ていても楽しめました。
(^^)
スポーツ観戦の一つの魅力は、様々な障害を乗り越えながら選手たちが前向きに努力する姿にあるのではないかなと思います。
美姫さんのFSの演技に期待したいと思います。
FSのプログラムも楽しみですね。徐々に完成度が高まっているでしょうし。

☆浅田舞選手、ジャンプのミスは惜しかったですが、スケーティングもスピンも前シーズンよりずっと良くなったように思いました。
試合後のインタビューによれば、今回は「楽しむこと」が目標だったそうで・・・。
これはこれで高い目標なのでしょうが、本当に謙虚で欲が無い人だなと思いました。
(というか、欲が無さすぎるよ舞さん!!)

滑り終わった直後、舞さんは涙ぐんでいましたが、本当に心のあるスケーターだな、スケートが大好きなんだなと思い、こちらまで涙腺が・・・。
FSではベストを出し切って、更に高い所に羽ばたいて欲しいですね。

(^^)

☆今回のテレビ朝日系列の放送は、最近のスケートモノの中ではとても好きなスタイルです。

アナウンサーの控えめな実況(今回は、選手に妙なリングネームもどきをつけたり、意味不明な言葉を羅列した格闘技中継のような実況や、選手の芸術的な演技に引き込まれるのを思い切りぶち壊す絶叫型実況を聞かずにすんで本当に良かった!)。

佐藤有香さんの客観的でスケートや選手たちへの愛のある解説。

そして、何と言ってもカメラワーク&スイッチングが素晴らしい!!

シンプルが良い!のです。

個人的には、演技中の凝ったカメラワークやスイッチングは要らないと思います。

全身が写るサイズで淡々と追い続けて欲しいです。

一部分のアップ(足元や顔のアップ)ではなく、選手の全身、動き全体が見たいといつも思っていたので、アップにスイッチングされるとイラっとすることも、これまではありました・・・。

足元のアップや顔のアップは採点待ち中のリプレイで見せてくれれば十分。

凝った作りはいらんです。

一スケートファンとしては、今後もこんな感じの放送を希望します(^^)

☆(追記)↑などと思っていたら・・・

エキシビの選手の顔アップ多発にげんなり・・・・。

あぁ。

シンプルでよかです。

凝ったカメラワーク&スイッチングはいらんです。

滑ってる最中の顔とか背中のアップはどうでもよかです。

全身を見せてくれ、全身を!!

|

« 明日は久々に | トップページ | フィギュアSKAM女子シングル結果 »

コメント

今回、BS朝日の放送は男子SPは特に良かったですね。EXは・・・。いろいろ試した反応をみているのでしょかねぇ。本当に演技が芸術なので邪魔になる声とか意味のない切り替えのあるカメラワークとか、心底がっかりします。最初のポーズもみたいのに、顔ドアップとか。。

投稿: るるりな | 2007年10月30日 (火) 00時49分

☆るるりなさん
そうなんです!仰る通り。
顔ドアップは、ファンサービスのつもりなんでしょうが、はっきり言ってありがた迷惑ですよね(笑)
最初と最後のポーズも、指の先まで見たいのに。
例えば、昨シーズンの真央さんのSP「ノクターン」のエンディングのポーズと余韻のある終わり方が大好きだったのですが、カメラのフレームから腕から先が切れていることがあって、その度にイラっとしました。
テレビの前で「指先まで映してくれ!全身映せ!!」と叫んでいました(笑)

投稿: 渡辺タカコ | 2007年10月30日 (火) 02時07分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高橋大輔選手SKAM優勝!:

» YouTube日刊動画フィギュアスケート高橋大輔が000 [YouTube日刊動画芸能界の000]
YouTube日刊動画フィギュアスケート高橋大輔が000 [続きを読む]

受信: 2007年10月29日 (月) 11時30分

« 明日は久々に | トップページ | フィギュアSKAM女子シングル結果 »