« おひとりさまの壁 | トップページ | つれづれ »

2007年11月26日 (月)

ロシア杯

グランプリシリーズロシア杯、キム・ヨナ選手が優勝。

そして中野友加里選手が2位、村主章枝選手が5位でした。

1 Yu-Na KIM KOR 197,20 (sp)1(fs)1

2 Yukari NAKANO JPN 172,77 23

3Joannie ROCHETTE CAN 169,91 52

4Kiira KORPI FIN 154,26 34

5Fumie SUGURI JPN 148,15 46

6Nina PETUSHKOVA RUS 138,79 95

7Julia SEBESTYEN HUN 134,98 87

8Beatrisa LIANG USA 134,60 78

9Yan LIUCHN126,14 10 9

10Katarina GERBOLDT RUS 121,10 6 10

11Kristin WIECZOREK GER 109,61 11 11

12Arina MARTINOVA RUS 101,43 12 12

☆中野選手、グランプリファイナル出場決定おめでとう!

中野選手のフリー演技は、大技3Aや、お得意のスピンだけでなく、滑らかでエッジの効いた美しいスケーティングも素晴らしく、FSの3位には「なんでやねん!!」と、その採点にやや納得のいかない思いもありつつ・・・。(トータルで2位でほっとしましたが・・・)

よくよく見ると、FSのtotal element scoreのbase valueが(FS)2位のロシェットと6ポイント近い差があったということで。う~む・・・。

それはそれとしてですよ、skating skills8のジャッジには激しく同意なのだが、6.5なんてつけているジャッジもいたりして「おいおい、どこに目付けとんじゃ!」などと一人茶の間で悪態ついて叫びつつ・・・。

この叫びはどこにも届かんですか。そうですか・・・。

いや~、それにしても今シーズン(カナダ大会FS以降)の中野選手の気合の入った演技は見ていて気持ちが良い。

カナダ大会のSP後のインタビューでは、気丈な中野選手の表情がいつもと全く違うので、「ゆかりん、大丈夫か?やめてしまうんじゃないか!?」と案じたのですが、カナダのFS以降の集中力とその演技は実に感動的でした。

人間は意志の力でここまで変化できるのかと勇気付けられるとともに、日頃の中野選手の努力と基礎力の底力を見ました。

また一日で「自信」を取り戻すその精神力に中野選手の真の強さを見た気がします。

人間「気合」が本当に大切ですね。

☆今回5位だった村主選手。今シーズンは、長年師事した佐藤信夫コーチから離れ、拠点をロシアに移し、ズーリン氏に(振り付け・コーチとも)師事していますが、挑戦し続けるその姿が本当に素晴らしい。

ただ、正直なところ複雑な思いもします。

佐藤コーチから離れた村主さんと、佐藤コーチのもとでグランプリファイナルの切符をつかんだ中野さん。

(もちろん、他に様々なたくさんの要因があるのでしょうが・・・)

村主さんの大きな選択と決断、悔いの残らないシーズンにして欲しいなと心から祈っています。

そして、再び大きな国際大会で表彰台に上って欲しい。

頑張れ!すぐりん。

☆今週はいよいよNHK杯です。男子、女子とも見どころ満載。

|

« おひとりさまの壁 | トップページ | つれづれ »

コメント

中野選手、素晴らしい演技だったと思います。
SPもFSもたくさん拍手をもらえていました。
それから、EXは、女子の中では、一番大きな
拍手をもらえていたと思います。
よく頑張ったと思います。

PCSが中野選手はなかなか伸びないのですよねぇ。
少しずつ上がってきてはいますが、演技内容に
比べると「おかしいよ~」と同じく叫びだしたく
なる気持ちも一杯です。3Aだって素晴らしかったの
に。。女子では、世界で1,2人しか飛べないジャン
プをしっかりと決めた割には、得点が出なくて審
判にがっかりしてしまいました
競技としては、他の誰もなかなか出来ない技を決
められる選手はもっと評価されていいと思います
が、現採点法ではなかなか難しいですね。

すぐり選手も前回よりだいぶ調子を上げてきま
した。全日本では、すぐりワールドが見れることを
祈っています。

NHK杯は、まいちゃんがエントリーされましたね!
まいちゃんの立ってるだけでも美しい演技も大好きです。

投稿: るるりな | 2007年11月27日 (火) 15時40分

☆るるりなさん
中野選手、良かったですよね(^^)
演技もとてもよかったし、「絶対にミスをしない」「力を最大限出し切る」という気迫が凄かったです。
スポーツ競技としての醍醐味と感動を味わいました。(もちろん100%良い意味で。)

3A、クリアに決めたのに得点が伸びない・・・。
全体的に中野さんの演技の素晴らしさと得点とのギャップを今回はとても大きく感じたんですよ~。
ブーイングしたくなりました(笑)
でも会場の拍手は正直ですね(^^)良かった♪本当に素晴らしかったですもんね。
ロシェットとのFSの点差は、採点方式として理解しても、どうにも腑に落ちない思いもしつこく残ししつつ(苦笑)

>世界で1,2人しか飛べないジャンプをしっかりと決めた割には、得点が出なくて審判にがっかりしてしまいました

3Aと言えば、真央ちゃんとゆかりん・・・。
(そして日本では伊藤みどりさんもいらっしゃいましたね。ほんと凄い!)
これは日本人としては嬉しい誇らしいことです。だからこそ、ひょっとして・・・などと採点方式にはついつい憶測であれこれ考えてしまいます(^^;)スポーツって様々な採点方式が、圧倒的に強すぎる国に対してハンデ的な変更があることも多いですしね。(過去にはスキージャンプ、水泳なども謎の変更がありましたよね・・・。)
エッジ判定もそういう面も勘ぐりたくなりつつ・・・。
まぁルールは一旦決まってしまえば仕方ないと言えば仕方ないですが・・・。
ついつい、お茶の間では「そりゃないんじゃないの?」などと時々叫びたくなったりします。(叫んでます・笑)

舞ちゃん、楽しみですね♪
ワクワクします。
本当に立っているだけで美しいし「優雅」ですね。
彼女は「優」+「雅」という言葉がぴったりのスケーターだなと思います。
全てを出し切って今シーズンベストの演技をファンに披露して欲しいですね(^^)
本当に謙虚過ぎて欲が無いな~という印象が強い舞ちゃんでしたが、そろそろ貪欲に気迫で更に上を狙って欲しいなと思います!
持って生まれた美しさや優雅さ、そして能力と才能はファンならみんな気づいていると思うんです。
舞ちゃんには自分の能力を信じて、試合に全てをぶつけて大躍進を見せて欲しいなと思います。
応援しましょう!(^^)/

投稿: 渡辺タカコ | 2007年11月27日 (火) 21時20分

>3A、クリアに決めたのに得点が伸びない・・・。
>全体的に中野さんの演技の素晴らしさと得点とのギ>ャップを今回はとても大きく感じたんですよ~。

そうなんですよねぇ。3-3がなくて、ジャンプのいくつかがDGされてしまっているので、FSの1位は難しいとしても2位は確実な素晴らしい演技だったと確信していたので本当にブーイングしたくなりました。
そもそも3Aって、女子にはとても難しいジャンプなのに得点が低いですよね。。基礎点が7.5点で、多くても加点は1点弱ぐらいですか。
後半には、入れられない難しいジャンプなので、1.1倍にはできませんし。。。
だったら、後半に綺麗にルッツを飛べば、6.6+加点
1点弱でほとんど変わらなくなります。そして、質がよいのは評価されるべきだと思いますが、新しい技より質のよさばかり評価される時代になると、みんな毎年同じスピン・スパイラル・ステップを練習して質を高める事に集中する様になるでしょう。そうすると演技がつまらなくなってしまうでしょうね。

加えてGOEは、審判の裁量によるものなので、不正がおきやすくなり、旧採点時代に逆戻りする気がしますが。。

エッジの不正も、日本の選手で完璧に跳び分けてい
るのは去年までは誰もいなかったと思うので狙い
打ちされたのかなぁとの勘ぐりは私もありま
す(笑)。見ている分には美しさが損なわれている
分けではないので余計です。。

投稿: るるりな | 2007年11月28日 (水) 02時28分

中野選手のフリー演技はホントすばらしかったですネ★応援続けたいと思ってます。
モチロン、タカコも応援してます♪

投稿: TOEIC勉強法模索中・・・ | 2007年11月30日 (金) 12時55分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシア杯:

« おひとりさまの壁 | トップページ | つれづれ »