« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

全日本フィギュアスケート選手権大会

全日本フィギュア、男子は高橋大輔選手、女子は浅田真央選手の優勝でした。

 

男子、女子とも激戦で、手に汗握る展開でした。

 

高橋選手は、SP終わった時点で予想通りの圧倒的リードでしたが、フリーでは4T、4T+2Tと、二度の4回転を入れてきました。王者の風格が漂っていました。

 

世界的にはSPのヒップホップバージョンの白鳥(あるいはオペラ座の怪人)といったプログラムは伝わりやすいと思うのですが、日本人がロミオとジュリエットというのは・・・・何故あえて・・・とシーズン当初は思っていました。もっと他の選手と差がつくような選曲、プログラムがあるような気もしていました。

 

しかし、SPとFS、双方が意表をつく、度肝を抜く、ある種「物珍しい」プログラムで臨むより、SPで革新的な挑戦を、FSでは王道を行く挑戦をということなのかもしれませんね。

 

誰もが認める世界チャンピオンを目指している高橋選手、本当に素敵です!

 

一つ注文があるとすれば・・・

 

演技終了後の「舌出し」は国際試合では封印して欲しい(^^;)

 

自己評価が厳しすぎなのは試合中は封印、封印・・・。ガッツポーズでアピール、アピール。

 

☆女子シングル。

 

SPでの浅田真央選手の素晴らしい演技。

 

毎回見せる目覚しい進化に、本当になんという選手なのだろうと毎度毎度ひたすら感嘆します。

 

(舞さんから借りたという衣装は「気分転換」の意味もあったと伝わっていますが、首周りがやけにきつそうに見えた以前のSPの衣装よりずっと滑りやすそうに見えました。今年もまだまだ背が伸びているのでしょうか・・・・。FSの衣装も、サイズが合わなくなっているのでしょうか?)

 

FSの前半は、真央さんにしては珍しく緊張が伝わってくる演技で少しハラハラ(?)しましたが、後半は曲に乗って素晴らしい滑りでした。

 

本当におめでとう!!

 

涙なくしては見られない優勝シーンでした。

 

安藤選手

 

ひさびさに心からのミキティスマイルを見ました。

 

引退も考えているのかと勝手に推測してしまうような表情が多かった今シーズンの安藤選手ですが、久かたぶりの晴れやかな笑顔にひとまず安心しました(^^)

 

村主選手と中野選手のデッドヒート、凄かったですね。

 

SPでは村主選手がベテランらしい円熟の素晴らしい演技を見せてくれて、FSでは中野選手が気合の漲った素晴らしい演技を見せてくれました。

 

特にFSの中野選手の演技には涙が。

 

実に美しい優雅な演技なのですが、その演技の下の緊張、気合、闘志、集中力は他の選手を圧倒していました。

 

人間の身体能力は、日頃の練習はもちろん、精神力によってその能力の発揮度が大きく左右されるという優れた良い例を見ました。

 

フィギュアスケートというものが、浅田真央選手の演技に代表されるような「芸術」であると同時に、中野選手の演技は、やはりフィギュアスケートも競技スポーツであるということをあらためて認識させてくれるもので(もちろん良い意味で)、その競技の醍醐味をたっぷりと見せてくれました。

 

 

 

 

 

さぁ、この後は四大陸、世界ジュニア、世界選手権ですよ!!

 

来年も素晴らしい演技で魅了してくれる出場選手たちを応援しましょう(^^)

 

 

 

男子シングル

 

1. 高橋大輔 関西大学 1 1 254.58

 

2. 小塚崇彦 トヨタ自動車 2 2 219.34

 

3. 南里康晴 中村学園大学 4 3 199.81

 

4. 中庭健介 パピオフィギュアクラブ 3 4 198.94

 

5. 無良崇人 駒場学園高校 5 6 188.80

 

6. 梅谷英生 大阪大学 6 5 181.36

 

7. 吉田行宏 神戸PFSC 10 8 168.03

 

8. 柴田嶺 明治大学 11 7 167.93

 

9. 小林宏一 法政大学 8 9 164.95

 

10. 佐々木彰生 武相高校 9 10 159.52

 

11. 北垣達矢 同志社大学F 7 12 154.14

 

12. 大上偉才 倉敷FSC 14 11 148.55

 

 

 

女子シングル

 

1. 浅田真央 中京大中京高校 1 2 205.33

 

2. 安藤美姫 トヨタ自動車 2 1 204.18

 

3. 中野友加里 早稲田大学 4 3 184.31

 

4. 村主章枝 avex 3 6 161.79

 

5. 鈴木明子 邦和スポーツランド 5 5 159.93

 

6. 武田奈也 早稲田大学 9 4 157.97

 

7. 太田由希奈 法政大学 7 8 142.96

 

8. 石川翔子 日本橋女学館 8 7 142.57

 

9. 澤田亜紀 関西大学 11 10 138.91

 

10. 西野友毬 武蔵野学院 10 11 137.51

 

11. 水津瑠美 駒場学園高校 6 13 136.27

 

12. 浅田舞 中京大学 17 9 135.55

 

 

 

☆今後の主な予定

 

2008四大陸選手権大会 2月11日~17日 韓国・ソウル

 

2008世界ジュニア選手権大会 2月25日~3月2日 ブルガリア・ソフィア

 

2008世界フィギュア選手権大会 3月17日~23日 スウェーデン・イェーテボリ

 

 

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年12月28日 (金)

finish!

年末、ようやく山を越えました!

最も苦手な分野&できれば避けて通りたかった初めての作業で、ギリギリまで先送りにしてきたことだったので、気づけば眉間に深々と「イヤイヤ病のしるし」が刻まれておりました。

かなり鬼気迫っていたらしく・・・・。

今朝、二日連続の徹夜明けに台所で季節外れのゴ○ブ○を見つけて(しかも動きが早い)

「キャ~ッ!」と叫んだら母が飛んできて、

「なんだ、ゴキブリか。よかった。遂にタカコが壊れて叫んでいるのかと思った」

いやはや。

半壊くらいにはなっていたような。全壊寸前だったかも(^^;)

ようやく気が楽になりました。

さぁ、年末、残すは原稿&年賀状書きです!

年始に持ち越しの予感もしつつ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

全日本フィギュア

いまや世界の強豪勢ぞろいの日本フィギュアスケート界。

全日本フィギュアスケート選手権大会が始まりました。

男子SP(見所満載なのに深夜の放送なんですね~)、予想通り高橋大輔選手が他を引き離してトップ発進。もうこれは余程のことが無い限り(余程のことがあっても?FSを滑りきれば)優勝は決まりでしょう。

2位の小塚選手も進化が目覚しいですね。技術力、安定性、スケーティングの滑らかさ、美しさが急速に増しているように思います。

そして、もう一人、私的注目選手は・・・・

SPでもピカピカに輝いていた5位の無良崇人選手!(^^)

将来が本当に楽しみです。

それにしても・・・あの無良隆志さんの息子さんと知ったときには・・・・。

(同じ苗字だし名前も「タカ」つながりなのでご家族か親戚だろうとは思いましたが)

ワタシも年をとるわけだなどと軽くショック(^^;)

佐藤信夫さん・佐藤有香さん&小塚嗣彦さん・小塚彦さん親子は、そういう驚きは無いんですが・・・。(佐藤信夫さん、小塚嗣彦さんがバリバリご活躍されている時期には生まれていない、もしくは物心ついていなかったせいだと思います。)

お父さんの無良さんは、シングルだけでなく、ペアでも活躍されていたんですよね(^^)

さぁ(日付変わって)今日は、男子シングルFS、そして女子シングルSPです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

2008

Tokyo004weblog

3連休に終わらないものが、たった一日で終わる訳も無く・・・・。

いよいよ現実逃避モードで、来年の抱負など問わず語りの独り上手。

12月に入って急激に回復しつつあるバイオリズムに勢い付き・・・。

初対面の社長さんにまで来年の目標を語りだす今日この頃。

来年は劇的に良い年にします!

さざ波のように押し寄せる四葉のクローバーの中に浮遊。

若干、妄想も入りつつ・・・・。

果てしなく広がる妄想を実現すべく計画中。

年始に書くことがなくなるので今日はここまで(笑)

☆2008年の妄想は無限に広がるんだけど、締め切り迫る原稿を書こうとすると頭が空雑巾と化すのは何故だ?!う~ん。出来れば今週中に搾り出したい空雑巾。ガムバレ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カウントダウン体制

Tokyo006weblog

今年もサンタはおらぬのか~!!

なんて長らくサンタを待っているうちに、同世代を見回わしゃ、こっちがサンタの年になり。

結局、三連休にやらねばならぬことをほとんど出来ずにカウントダウン体制に入りました。

番組収録を終え、やらねばならぬことに再チャレンジ・・・・。

は、捗らぬ。気が散る。

お、終わらぬ~。

終わらなくても元旦は何にも仕事&業務をしないで過ごすと決めたものの・・・。

はてさて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

For your lonely Xmas

Tokyo005weblog

Merry Christmas!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

クリスマスモード

Dsc_0161weblog

先送り体質悪化中。

三連休中にやらねばならぬことの100分の2をクリア。

雑念うずまく。ぐるぐるぐるぐる・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

年末のため息

今日のみずがめ座の星占い。

やりたいことが多すぎて優先順位をつけることが大変・・・

てなことが書いてあったのだが・・・。

やりたいこと<やらねばならないこと

やりたいこと<<<やりたくないこと

やりたいこと<<<<<<<<<<<<<<<苦手なこと

が年の瀬恒例でございまして。

ポストイットに書き出してみる。

ぞぞ~っ。いまさらながら何故もっと早くからもろもろ着手しなかったのだろう。

本日徹夜の予感に、あらゆる現実逃避。

くすみきった肌のマッサージを念入りにしてみたり、ブログを開いてみたり・・・。

メールをチェックすりゃ、相変わらず次々押し寄せるセールのお知らせ。

「頑張った自分へのご褒美」っつ~ベタな文句が多い。

だから~そんなコピーに引っかかるかっつ~の!あんたらの年末商戦にのせられるか!!

引っかかってるし・・・。

のせられてるし・・・・。

あぁ、衝動買い。

負けた。完敗。

しかもありえないプリティ路線。

いくつだよ一体・・・。

気分は10代で止まってるのか。

プリティな熟女でも目指すつもりなのか?

しかもボーナス払い。

ボーナスないのに。

さぁ、もろもろ取り掛かろう。

その前に柚子湯にでも浸かるか。

またまた逃避。

あ~、ポストイットに書き出した項目の全てが終わったら、思い切り好きなことやりたいことをしよう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

つれづれ<続く偶然&気になるコピー>

07octsea010weblog

バイオリズムの転換点を迎えた感のある今日この頃。

もろもろ長い長いトンネルから脱出しつつあり、小さなことで勘が働く。(宝くじでも買ってみようか。)

例えば、誰かに会いそうな予感が的中し続けていたり。

今日も立て続けに偶然が重なり、極めつけは上千睦のTさんと地下鉄のホームでばったり。(半纏を着ていないTさんというのも不思議。セーター姿が妙に新鮮。当たり前だけど、Tさんにも「日常」はあるわけで・・・)

しかも、谷根千界隈では無く、国会議事堂駅というのがこれまたレア。

偶然は更に続き、電車の中でTさんが「最近あのシリーズをやたら見かけるよね」と地下鉄80周年のポスターを指差す。

あ、それ・・・・と、数分前に駅で記録用に撮影したデジカメのモニターを見せる。

Tさんは写真関係者だったから、興味の対象が同じだったと言えばそれまでなんだけど・・・。

やはり、ありそうでない偶然。

この私的「驚異の偶然」を誰かに伝えたくて上千のYちゃんにわざわざ報告してしまった(笑)

この調子でいくと、大晦日までにジョージ・マイケル様に会えたりして・・・・。

会ってみたい人に会えてしまう事が多いラッキーな人間なのだけれど、考えてみれば、まだ会えていない人も多い。バイオリズムが好転しているうちにいろんな人に会ってみたい。

☆地下鉄80周年のポスター、私のお気に入りの写真は木村伊兵衛氏の一枚。

そしてコピーは上野動物園のパンダ見物客バージョン。

「パンダよりも、ゾウよりも、僕が見たかったのは君の笑顔でした。」

あれは、誰が作ったコピーでしょうか。ストレートにツボを押されます。ハートをぶち抜かれました。何度読んでも泣けてきます。

心動かされるのは、自分の子供の頃の記憶と重なるからなのでしょう。

で、誰でしょう。コピーライター。

気になる気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

グランプリファイナル

グランプリファイナル、浅田真央選手、高橋大輔選手がそれぞれ2位、中野友加里選手が5位でした。浅田選手、高橋選手、中野選手、本当に素晴らしい演技でした。

☆浅田真央選手

久々に真央ちゃんの心からの笑顔を見ました。

FSは、演技が終わると同時にテレビの前のワタシも涙が・・・。

本当に心動かされる演技、息を呑む美しさでした。

☆願わくば、彼女の芸術的な演技と音楽との調和に没頭したい人の為に、副音声で実況&解説抜きの放送があれば良かったのではないかと思うのだが・・・。

例えば、バレエの舞台中継で「回転数が少し足りないようにも見えたので、もしかするとこれは減点されるかもしれませんね」なんていちいちコメントがあったら興ざめでしょ。

もちろん、バレエの舞台中継は(コンクール中継を除いて)「競技」ではないし、グランプリシリーズは採点競技という違いはあるが、いくらフィギュアスケートがスポーツ競技でも、「芸術」の域に達している選手の演技の最中に、ジャッジの判定すら、プラス評価とマイナス評価が分かれるような細かい減点の「可能性」の解説など、演技中には必要としない視聴者もいるのではないだろうか?

ジャッジの判定でさえ分かれるような細かい減点の類の解説は、キス&クライで採点を待っている間のリプレイ、スロー再生時の解説でも十分じゃないだろうか?などと思った次第。

よく観りゃ・・・という程度のツーフット着氷、離氷の瞬間に目を凝らさないと判らないwrong edge、スローで観なくちゃ判らない程度の回転不足、大きな失敗ではない限り、滑り終わった後の解説でコメントすれば良いのではないか・・・。

しかも、ジャッジによっては減点されていない、あるいはプラス評価のところもあったりして・・・・。

演技中は「あら捜し」的な発言で美しい音楽とスケートとの調和をぶち壊して欲しくないというのがワタクシ的ファン心理。

もちろん演技中にそのような細かい「減点の可能性」も聞きたい人もいるかもしれないので、主音声でそのような解説もこれまで通り放送すればよいわけで。

☆僅差で優勝を逃した高橋大輔選手。SP、FSとも素晴らしかった!

会場中が沸いたSP、そしてFSの演技が終わった時は優勝決まりかと思ったんだけど・・・・本当にわずかな差で2位。点差1点未満で2位なんて惜しい、惜しすぎる!

そして・・・

大きなミスが無かった演技終了後は、誇らしげなガッツポーズで決めて欲しい!

自己評価が厳しいのは素晴らしいことだけど、アピールは大事。

だってランビエール選手との点差、本当に僅差だもの(^^;)アピール、アピール。

☆さて、男子、女子とも3月の世界フィギュアスケート選手権が今から本当に楽しみ。男子女子とも出場枠は確か3人でしたね。世界の強豪に名を連ねる日本人選手の活躍に期待しています。

おっと、その前に26日からは全日本です。世界選手権と四大陸の最終選考会を兼ねた試合ですね。

<グランプリファイナル結果>

女子シングル

1 Yu-Na KIM   KOR
196.83 1 2
2 Mao ASADA   JPN
191.59 6 1
3 Carolina KOSTNER   ITA
178.93 3 3
4 Caroline ZHANG   USA
176.48 2 4
5 Yukari NAKANO   JPN
172.96 4 5
6 Kimmie MEISSNER   USA
154.22 5 6

男子シングル
1 Stephane LAMBIEL   SUI
239.10 2 1
2 Daisuke TAKAHASHI   JPN
238.94 1 2
3 Evan LYSACEK   USA
229.78 3 3
4 Johnny WEIR   USA
216.16 4 4
5 Patrick CHAN   CAN
208.13 6 5
6 Kevin VAN DER PERREN   BEL
189.52 5 6

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

リバウンド?

Dsc_0328weblog

ワタシには無関係的クリスマスモードに負けじと(?)このところ物欲が増大。

自分へのご褒美与えすぎ。

「自分へのご褒美」なんて、年末商戦に財布の紐を緩めさせるための小売業界の戦略&物欲に負けた単なる言い訳。

と、わかっちゃいるけど止められない。

知り合いの写真展に行く途中、物欲トラップ。ギャラリーにたどり着けず・・・。

仕事を始めようとパソコンに向かうも、物欲サーフィントラップ・・・。一文字も書けず・・・。

己の欲に打ち克つのだ!!

と、気合を入れても入れても物欲に負けてしまう。

緊縮財政モードの反動か。

よろしくない。

非常によろしくない傾向。

う~む。

この物欲増大カーブからすると、正月は都心にいたら大変なことになる。

だれか「セール」の文字が見えない場所に連れてって。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

IRプランナーに合格しました

あちらのブログにアップしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

掲載紙

あちらのブログにアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年の旅の予定

Dsc_0046weblog

年初に優雅な美食の旅に行ける可能性が消え、やや意気消沈。

2008年の旅はどんな発見があるだろう。

07年は、国内の魅力再発見の年だったので、08年も引き続き国内を回りつつ・・・為替次第で海外にも行きたいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

増量中

幼稚園&小学校の同級生Tが作ったサツマイモを大量にもらう。

これが、最高の出来。

てんぷら、味噌汁、焼き芋・・・。

今日は大学いも。

サラダ油にごま油をミックスして低温で揚げ、からめる蜜は、砂糖、水、水あめ、隠し味に少量のしょうゆを加えるのがワタシ流。(隠し味に塩を使う人も)

黒ゴマか、白ゴマかは気分によって。

明日は芋羊羹、あさっては芋きんとん・・・。

和スイートは「別腹」だから。増量傾向継続の予感。

Dsc_0047weblog

今日は、サツマイモ1キロ使用。あっさり完食。

T君の畑が来年も豊作でありますように♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

江戸小紋

仕事の帰りに書店で見つけてしまいました。

七緒 vol.12―着物からはじまる暮らし (12) (プレジデントムック)

毎号、物欲を刺激されてしまいます。

見なかったことに・・・。

見てしまいましたが。

江戸小紋特集に激しく物欲アンテナが反応。

既に縞と霰があるのだが、次は格子とか、鮫とか、色違いとか、八掛けの色違いとか・・・。

などと本気で考えているから物欲恐るべし。

先日も、某呉服屋で江戸小紋を見つけ、うっとり眺めてしまいました。

見るからに手が込んでいる素晴らしいもの。

良い江戸小紋は、染めの職人さんはもちろん、良質の生地、紙、型、それぞれの職人さんの腕の結集。一流のモノは、本当に見ているだけで幸せなんです。(「うっとり」の一品には、なかなか手が出せないし・・・。)

↑ネットでも物欲を煽られるこんなものを見つけてしまった・・・。見なかったことに。

☆ところで、江戸小紋のルーツは武士の裃の模様らしい。

江戸時代、競って各藩が特定の柄をシンボルとして模様をつけていたが、あまりにもその競いあいが激しくなり、幕府から規制をかけられたそうな。

そして、遠目には一見無地にも見える細かい柄に行き着き、それが高度な江戸小紋の技を生み出すことになったとか・・・。

豪華さから技の勝負になったというわけですな。

それにしても、規制がかかるほどの「お家」の競争心と「紋」へのこだわり。過剰っぷりがうかがえるエピソードですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

墓穴

07oct001weblog

池というより沼。わけあって今の気分は沼。訳など無いか・・・。

私のお墓の前で~♪

自ら掘った冷たい墓の穴に横たわっています。

バカバカバカ・・・。

どこか遠くへ行きたい~♪

・・・・

あぁ、来年は良いことがありますように。

占いによれば来年はものすごく良い年らしいです。って、ついに占いの話なんぞ持ち出すって相当きてますな。我ながら。

今年も残り少なくてどうしよう!というより

さっさと過ぎちまいな

2008年カモ~ン!!という気分でして。

こんなネガティブ日記で今年を締めくくりって一体どんな年だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

光陰矢のごとし

07octsea004weblog

時間があると思っていたら、かなり切羽詰っていることに気付く・・・。

その繰り返しのワタクシの人生。

今週もそんな状況です。

ブログを更新している場合か?と思いつつ、ついつい切羽詰った時に限って更新したくなる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

経営者会報

「経営者会報」(日本実業出版社)12月号発売中です。

連載中の「渡辺タカコの美しい経営」、ヨロシクお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

燦キャピタルマネージメント

燦キャピタルマネージメントの前田社長にインタビューしました。

あちらのサイトにアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさびさに

07octsea005web

☆三脚嫌いなので露光時間が長いカメラ(F値100以上とか・笑)のお散歩撮影時には、ポケットに入るようなミニ三脚で済ませていた。が・・・海辺は風が強い。(ちなみに、人物がブレているように見えるのは、しょぼい三脚のせいではなく、長時間露光の為である)。あぁ散歩撮影に邪魔にならないコンパクトで軽くてまともな三脚が欲しい。って、また物欲かい!

☆10年ぶりくらいになるだろうか、近所の某区立図書館に行った。

これまで、年間○百万単位で本や雑誌を豪快に買っていたが、07年下期はマックス緊縮財政につき経費削減。図書館に行くことに。

す、すさんでいる。

蔵書がいまいちなのは相変わらずだし、私以上に緊縮財政中の方々のどっぷり負のオーラが漂っていたので、くつろいで本を読む雰囲気は無く、8冊ほど借りて、さっさと近所のファストフード店に移動し読み始めた。

うぅ!!!

(以下、食事中の方はご注意。)

なんと・・・。

本の中に大量のご飯粒のミイラが。

しかも・・・(以下自粛)

ありえない。

一体どういう状況で経済関係の本の中に・・・自分で始末せい!!

驚きと怒りを覚えつつ本を閉じて、図書館に引き返し、即効で返却した。

一瞬でもカバンに入れてしまったことを後悔。

うぇ~~~~っ!えんがちょきった指きった!!

キモチ悪すぎ。

いやはや。ミイラ化していたことがせめてもの救いか。

で、そのほかの本も食べ物や飲み物こぼして汚れているわ、油性ボールペンで書き込みしているヤツはいるわ・・・。

想像以上にすさんでいる・・・。

大丈夫かニッポン?!

モラルも低所得者の生活も、もろもろ限界に達しているんじゃなかろうか、などと思った図書館タイム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

NHK杯

フィギュアスケートNHK杯、男子シングル高橋大輔選手が優勝!

 

女子は武田奈也選手が3位、安藤美姫選手が4位、浅田舞選手はFS棄権という結果に。

 

☆高橋選手FSの4Tはやや残念でしたが、その後の集中力、特に終盤の気合のスケーティングは素晴らしかったです。

 

NHK杯連覇は、五十嵐文男さんの80年、81年連覇以来26年ぶり。

 

グランプリファイナルでの演技が本当に楽しみです(^^)

 

そして、全日本では好敵手だった織田信成選手が復帰してきます。織田クンの復帰後の演技が楽しみです。いまや世界の強豪ぞろいの日本フィギュア界。男子女子とも見所満載ですね。

 

☆安藤選手のFSの演技は、トリノ五輪での彼女の演技を髣髴とさせるものでした。

 

一度目のジャンプの失敗以降の悲痛で虚ろな表情と、集中力が途切れた演技は見ていてとてもつらかった。

 

誰もが出られる試合ではないし、何より、彼女がこれまで重ねてきた努力を考えると「残念」としか言いようがありません。

 

FS終了後の氷の上での彼女の表情を見ていると「引退考えているんじゃないかな?」と思ってしまいました。

 

背負っている数々のもの、一人の人間としての心身のコンディション、そんなものはお構いなしのメディアやファンの期待や興味、それらを超えて自分の持っているもの全てを出し切るというのは本当に難しいことなのだと思います。

 

今シーズンの安藤選手は、そういった数々の課題や困難を少しずつ克服しつつあるように思えただけに、本当に残念でした。

 

それにしても不可解なのが、本番では飛ばないと断言していた4回転ジャンプを公式練習で何度も披露していたこと。(しかもコンビネーションジャンプと比べても成功率が高かったようです。)

 

ジャッジ陣へのアピールなのか、それとも・・・。

 

その真相は分かりませんが、なんとなくコーチ陣とのコミュニケーションが気になったりもしました。

 

人生いろいろありますが・・・頑張れ!

 

 

 

 

 

 

 

☆NHK杯結果

 

女子シングル

 

1 Carolina KOSTNER   ITA
164.69 1 2
2 Sarah MEIER   SUI
163.17 3 1
3 Nana TAKEDA   JPN
154.83 5 3
4 Miki ANDO   JPN
145.81 2 7
5 Laura LEPISTO   FIN
145.58 6 5
6 Alissa CZISNY   USA
144.32 4 6
7 Lesley HAWKER   CAN
139.96 9 4
8 Elene GEDEVANISHVILI   GEO
136.54 7 8
9 Chae-Hwa KIM   KOR
122.76 10 9
10 Yan LIU   CHN
119.66 8 10
WD Mai ASADA   JPN
   11 

 

男子シングル

 

1 Daisuke TAKAHASHI   JPN
234.22 2 1
2 Tomas VERNER   CZE
229.45 1 2
3 Stephen CARRIERE   USA
204.98 3 3
4 Jeremy ABBOTT   USA
187.56 12 4
5 Sergei DOBRIN   RUS
186.53 6 6
6 Sergei DAVYDOV   BLR
184.70 5 7
7 Andrei GRIAZEV   RUS
182.83 11 5
8 Kensuke NAKANIWA   JPN
180.70 7 9
9 Shawn SAWYER   CAN
180.35 9 8
10 Yasuharu NANRI   JPN
176.25 4 11
11 Vaughn CHIPEUR   CAN
173.65 10 10
12 Chengjiang LI   CHN
162.77 8 12

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

写真用品のお値段

07octsea001web

銚子。焼いてないネガが更に増えた・・・。しかもフォーマット混在。無計画のツケが・・・。とりあえずネガからスキャン。が、全く終わらず・・・1割もスキャンできずに力尽きました。無念(涙)あきらめてごっそりベタをとるかね・・・。やっぱりベタなのか・・・。しかし、ベタの整理・収納が、新たな悩みのタネになりそうな・・・。

☆夏からネガの整理を全くしておらず、大変なことに。

とりあえず、堀内カラーに寄ったついでにバインダーを購入。

お値段、聞いてびっくりの945円(税込み)

うっ・・・。

5冊は欲しかったが、いつもニコニコ現金払いのHCLさんだったので、やむなく2冊獲得で撤退。

敗北・・・。

頭の中に『昭和枯れすすき』が流れる・・・。(古っ!)

コクヨの値段はいくらだったかな。

ヨドでポイント使うかな。

(↑悲しき庶民の発想)

蔵入りプリントのボックスも買わねば・・・。

これまた良いお値段だった気がする。

でも、放置しておくとヤケてしまうしな。

う~む。

原材料費を考えると、写真用品っていいお値段だよな。

ロットが出ないからしょうがないのかね。

100均で写真用品コーナー作ってくれないだろうか。

頼むよ、ダイソーさん・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

合コンしてみたい男性写真家

昨日の続きである。

合コンしてみたい職業の10位が写真家だそうで・・・。

で、ふと思ったのだ。

アンケートに回答した女性がイメージする写真家って誰だったのだろうと。

彼女たちが「合コンしてみたい写真家」って誰だろう・・・。

素朴な疑問です。他意はありません(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

師走

Dsc_0332weblog

師走っぽい写真かどうかは不明・・・。深い意味は無し。

で、残すところあと1ヶ月ですな。本年も。

本当にやばい。人生最高にやばい12月。

やらねばならん事が多すぎて呆然。結果、手付かず・・・。

手付かず過ぎて思い切り遊ぶことも出来ず。

どうせなら遊んでしまえ!!と思うのだが。

☆朝青龍問題。

大騒ぎに心底呆れつつも、

ふと気づいてしまった朝青龍の日本語が師匠の高砂親方より上手な件。

言葉の選び方も、朝青龍の方が一枚も二枚も上手だった。

☆ついでにもう一つ、どうでもいいネタ。

合コンしたい男性の職業ランキングなんぞ見つけてしまった。

http://ranking.goo.ne.jp/ranking/017/compa_man_2007/

医師、弁護士、芸能人、パイロットと続き・・・・写真家が10位に入ってるじゃありませんか。

どうですか?!当ブログにお越しの男性写真家諸氏。

いやはや・・・

若かりし頃、合コンに行きまくったけど、医師もパイロットも合コン向きではないし、結婚向きでもないと思うのだが・・・。(今も昔も売れ残りの自分を思いっきり棚にあげつつ・・・)

まぁ、どちらの職業もほぼ100%浮気するね。結婚する前もしてからも。

浮気するのは、医師、パイロットに限りませんか。そうですか。

☆ちなみに、合コンしたい女性の職業は

http://ranking.goo.ne.jp/ranking/017/compa_woman_2007/

看護師、保育士、客室乗務員・・・・

で、4位の「女子大生」って・・・職業なのか?!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »