« 休日 | トップページ | 高橋大輔選手SP1位 »

2008年2月13日 (水)

世界で一番のチョコレート(私的ランキング)

バレンタインシーズンというか、一年に一度のチョコレート売り場臨設シーズンである。

チョコ好きなので、ギフトそっちのけでついつい自分にプレゼント。(←おいっ!)

中でも、ワタシが世界で一番好きなチョコレートは「DEMEL」のもの。

Dsc_0028blog

ウィーン大好き、ウィーンのカフェ大好きの「ウィーンかぶれ」だから?

それもそうなのだけれど・・・・

なんといっても・・・。

Dsc_0045blog

にゃぁ~~~~~~。

ジャケ買いならぬパケ(パッケージ)買いです。

正直に言って、デメルのチョコやお菓子が「世界一美味しいか?」って聞かれれば、「そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない・・・」てな感じで、(確かに美味しいけれど)「世界一」とは即答しにくかったりするのだが・・・・。

この子達に見つめられたらイチコロです。

Dsc_0039blog

舌をしまい忘れてる?いいえ、舌がチョコになっています。

このかわいさ、もうたまらんにゃ~~~~!!

よぉく見るとただ可愛いだけでなく「ちょい悪」な表情だったりする(特に両サイドの二匹)。

世の中には猫嫌いの人もいるかもしれないので、ギフト用でなくあくまで自分用(笑)

ところで・・・・

「デメル」の創業は、フランス革命から遡ること3年の1786年。

「ツッカーベッカー」(菓子職人、もともとは砂糖職人というようなニュアンス)ルートヴィッヒ・デーネが、王宮劇場の舞台側入り口に店を開いたのが現在の「デメル」の原型。

1799年、ウィーン王宮御用達菓子司となり、「デメルを訪れずしてウィーンを語るなかれ」とまで言われるように。

あ~~~ウィーンに行きたい!カフェ巡り&散歩したい。(旅行するにはまだまだユーロが高すぎるけど。)ウィーン中毒禁断症状が・・・。

ちなみに、日本では原宿クエストの一階にお店があります。

☆そして・・・プチ発見してしまった!

ウィーンのデメルではこの猫舌のソリッドチョコレート、アクアブルーの箱はビター味なのに、日本では何故かミルク味になっていた。(ウィーンではミルク味はピンクの箱)

なんでだろう?

|

« 休日 | トップページ | 高橋大輔選手SP1位 »

コメント

demel私も好きです!しかしtakako姫、さすがお買いものしているところがおしゃれです。新宿伊勢丹なんぞ、庶民の行くデパートにも入ってますよ~
すっかりバレンタインなどほど遠く、一応夫に買っているが、食べるのは私。そしてホワイトデーに期待を。。。
ウィーン行きたい!!!

投稿: mana | 2008年2月13日 (水) 01時14分

☆manaさん
そうそう、何箇所かデパートにも入ってますよね。
新宿伊勢丹なんて都会!!もっとディープな場所のチョコ臨設売り場があちこちに(笑)
夫に買って自分で食べる、これ基本らしいです
ウィーン、いいですよね。

投稿: 渡辺タカコ | 2008年2月13日 (水) 01時34分

友人が新婚旅行でウィーンへ行ってきて、お土産をいただきました!なんとホテルザッハーのザッハトルテでした!これがいままでのザッハはなんだったのかと思うくらい旨かった覚えが…音楽にも疎いけれどウィーンはいってみたいですね、良い所ですか?

投稿: yuzi | 2008年2月13日 (水) 10時56分

☆yuzuさん
ザッハトルテ、今度は是非ホテルザッハとデメルと食べ比べしてみてください。
どちらも甘~~~いですが
ウィーンは本当に良いところですよ。
オペラハウスに行かずとも楽しめます。
魅力満載のウィーンに
是非いらしてください。(←私設観光協会か?!)

投稿: 渡辺タカコ | 2008年2月13日 (水) 20時12分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界で一番のチョコレート(私的ランキング):

« 休日 | トップページ | 高橋大輔選手SP1位 »