« 高橋大輔選手、世界歴代最高得点で優勝! | トップページ | ウイン・インターナショナル »

2008年2月17日 (日)

四大陸、女子は浅田真央選手が優勝!

四大陸選手権、女子は浅田真央選手が優勝しました。

見事に決まった3Aをはじめ(we評価の3Lzを除いて)ほぼパーフェクト、美しく力強い素晴らしい演技でした。

本当におめでとう!!

全日本の時には、前半硬さも感じられワタシもテレビの前で「手に汗握って」応援していたのですが、今回は前半から最後まで音楽に乗った演技にひき込まれました。

終盤のステップでは、幻想即興曲が「見える」ようでした。

動きの一つ一つが美しいポジションで、視線や首や肩の使い方、指先の細かい表現に至るまで、ワンシーズンで更に進化しています。

本当に凄いスケーターです!!

演技終了後の清々しい表情が印象的でした。

世界選手権の演技も期待しています(^^)

☆安藤美姫選手は3位、村主章枝選手は10位でした。

安藤選手は、最初の3Lz&2Loで硬さが見られ、続く4Sが2Sになって大きくバランスを崩してしまいましたが、その後の演技は素晴らしかったです。

これまで安藤選手は大きな失敗や転倒が続くと、緊張感や集中力が途切れ、最後まで調子が崩れたまま力を出し切れずに終わる試合も多かったのですが、今回は最後まで諦めず、懸命に演技を続けたのが見ていて伝わってきました。

安藤選手にとって次に繋がる(順位以上に)実り多い試合になったのではないでしょうか。

☆村主選手

あくまで個人的な感想ですが、ジャンプのミスや身体の柔軟性もさることながら、村主さんの持ち味である表現力、(「氷上の女優」などとも言われますが、顔の表情云々などよりも)それを支える滑らかなスケーティングやエッジワークなど、調子の良い時期と違いがあるように感じられたのが一番気になりました。

村主さんにとってこれがシーズン締めくくりとなりましたが、村主さんにとって満足のいく結果ではなかったはず。

コーチと練習拠点の変更という大きな選択をしたシーズンだったわけですが・・・。

試合直後のインタビューで、気持ちがきっぱりと次に向かっているのが本当に素晴らしいなと思いました。

きっと次のシーズンは、今シーズン以上の演技を見せてくれると期待してます。

すぐりん、次のシーズンも応援し続けます!!(^^)

☆女子結果

1 Mao ASADA   JPN
193.25 1 1
2 Joannie ROCHETTE   CAN
179.54 3 2
3 Miki ANDO   JPN
177.66 2 3
4 Na-Young KIM   KOR
158.49 6 4
5 Mira LEUNG   CAN
157.36 7 6
6 Katrina HACKER   USA
153.86 10 7
7 Cynthia PHANEUF   CAN
152.67 8 8
8 Ashley WAGNER   USA
152.46 12 5
9 Anastasia GIMAZETDINOVA   UZB
150.07 4 10
10 Fumie SUGURI   JPN
145.06 9 9
11 Beatrisa LIANG   USA
144.25 5 11
12 Yueren WANG   CHN
129.88 15 13
13 Binshu XU   CHN
128.39 11 14
14 Yan LIU   CHN
124.09 16 12
15 Melinda Sherilyn WANG   TPE
119.58 14 15
16 Chae-Hwa KIM   KOR
115.85 13 16
17 Loretta HAMUI   MEX
99.89 18 17
18 Ana Cecilia CANTU   MEX
94.76 17 20
19 Tina WANG   AUS
94.28 21 18
20 Lejeanne MARAIS   RSA
90.52 22 19
21 Tamami ONO   HKG
88.96 20 21
22 Gracielle Jeanne TAN   PHI
80.88 24 22
23 Charissa TANSOMBOON   THA
79.28 19 24
24 Corenne BRUHNS   MEX
76.89 23 23
25 Crystal Wynewyne KIANG   TPE
FNR 25 
26 Abigail PIETERSEN   RSA
FNR 26 
27 Morgan FIGGINS   NZL
FNR 27 
28 Phoebe DI TOMMASO   AUS
FNR 28 
29 Siobhan MCCOLL   RSA
FNR 29 
30 Stacy PERFETTI   BRA
FNR 30 
31 Kristine Y. LEE   HKG
FNR 31 
32 Tiffany Ting-Ye WU   TPE
FNR 32 

|

« 高橋大輔選手、世界歴代最高得点で優勝! | トップページ | ウイン・インターナショナル »

コメント

四大陸であまり素晴らしい演技を立て続けに
みたせいか熱で倒れておりました

実に素晴らしい演技の連続でしたね!
まずは高橋選手のSP及びFS!!
両方ともほぼ完璧な出来で驚きました
点数はちょっと出過ぎなぐらい出ていましたが、
あれだけ評価されるとはおそらくモロゾフすら
思っていなかったのではないでしょうか
本当に素晴らしかったですね

そして、真央選手!!
こちらもSPもFSも素晴らしかった!!
本当になんて美しい動き、優雅に滑るのでしょう
そして渡辺さんもおっしゃってますが、ここまで
音楽が見える、逆に演技から音楽が聞こえるこん
なスケーターは今までいなかったと思います
今では幻想即興曲が聞こえてくると彼女の演技が
脳内で再生されてしまいます

でもこちらは高橋選手とは対照的に点が伸びませ
んでしたね 他の選手もそうでしたがかなり採点
が辛い・・。特にDGは厳しいですねぇ、結局3-3
が認定されたのは真央選手のFSの3F-3Loだけ
ワールドでもこの流れを引きずるとなると、3-3
がいつも怪しいキミー選手や今季は3-3の精度が下
がってしまい特にセカンドジャンプが怪しいキム
選手、四大陸では3-3を決められなかった安藤選
手みんなDGになってしまいそうで、なんともつま
らないというか早く基準を統一して欲しいものです

村主選手は全日本にやはりあわせてきていたのか、
少し精彩に欠けてしまった演技で残念でした
ロシアに拠点を変えてからまだ1シーズン目ですし、
彼女の来季に期待したいです

投稿: るるりな | 2008年2月23日 (土) 17時22分

☆るるりなさん
こんばんは。
体調を崩されていたのですね。
もう大丈夫ですか?
季節の変わり目、どうぞご自愛くださいね。
いや~、本当に四大陸は興奮しました。

今シーズンは、(特にジャンプ)ジャッジに振り回され、選手たちは気の毒な感じがしますね。

高橋選手、驚きの高得点でしたね。
シーズン最初の頃と、現在とでは、高橋選手に対する世界の認識が変わった気がしますね。

真央選手は、本当に凄いですね。
彼女の演技からは音楽が見えます。
エキシビも素晴らしかった!
エンディングは思わず曲&演技にひきこまれ、泣いてしまいます。
優れた音楽を本当の意味で身体で表現することができる類まれな選手だと思います。

村主さん、四大陸は本当に残念でした。
バレエなどでも一般的な肉体的ピークを超えて輝くダンサーも少なからずいるので、まだまだ彼女もこれから。
来シーズンも、村主さんの演技に期待しています。


投稿: 渡辺タカコ | 2008年2月23日 (土) 21時03分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四大陸、女子は浅田真央選手が優勝!:

» 浅田選手に見る不合理な回転不足判定 [Mizumizuのライフスタイル・ブログ]
プロトコルを見ると、高橋選手はジャンプとスピンの評価が高く、ステップには改善の余地があるという、苦笑ものの評価になることの昨日お話したとおり。では、今回4大陸選手権で優勝した浅田真央選手はというと、特にショートに関して、「ジャンプがとても悪い選手」とい...... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水) 10時53分

« 高橋大輔選手、世界歴代最高得点で優勝! | トップページ | ウイン・インターナショナル »