« 四大陸、SPは浅田真央選手が1位 | トップページ | 四大陸、女子は浅田真央選手が優勝! »

2008年2月16日 (土)

高橋大輔選手、世界歴代最高得点で優勝!

四大陸選手権、高橋大輔選手が優勝です!

しかも、264.41は自己ベスト、そして世界歴代最高得点での勝利。(トリノオリンピック優勝のプルシェンコ選手の得点258.33も上回っています。単純な比較はあまり意味がありませんが、あくまで参考までに・・・)

他の選手の演技をフルでまだ見ていないのですが、点差を見る限り(2位のバトル選手に30点以上の点差をつけての勝利)、高橋選手の演技は別世界の滑りだったといえるでしょう。

まさに圧勝です。本当におめでとうございます!

冒頭の4T、4T&2T、3A、3つのジャンプも見事に決め、後半の3Loを除けばほぼパーフェクトの演技。

後半の3A&2T&2LOも素晴らしかった!難しい技を淡々さらりと決めていますが、凄いよ大ちゃん!!

元スケート少女、現在お茶の間解説者のワタクシ、以前にもこのブログに浅田真央選手と高橋大輔選手の二人は歴史に残るスケータートービル&ディーン以来の「心震える感動」と「変革」を感じるスケーターと書きましたが、今回の世界最高得点の大ちゃんの演技には、思わず涙がこみ上げました

本当に素晴らしかった。

SPのヒップホップ版白鳥の湖は、意表をつくフィギュアの歴史に革命を起こすプログラム。

そして、FSのロミオとジュリエットは正統派のプログラム。

私の個人的見方ですが、世界の選手を相手に戦うには、FSの正統派のど真ん中的曲目とプログラムは、体格面や、クラシックの歴史や土壌などを考えると、高橋選手にとってSP以上に難しいチャレンジだったと思います。

革命と王道、その二つのアプローチからの挑戦の成果が世界歴代最高得点です!!

文句なしの優勝です。すごいよ大ちゃん。

この高橋選手の偉業は、フィギュアスケート界だけでなく、多くのアスリートや芸術家たちにも影響を与えるのではないかと思います。

高橋選手はもちろん、モロゾフ氏もやってくれますね。

また泣いてもよかですか

プログラムコンポーネンツの採点を見ると、なんとスケーティングスキルをはじめ3つのファクターで9点!をつけたジャッジもいます。

なるほど納得。わかっていらっしゃる(←何様だっつ~の・笑)

世界トップの選手でありながら、成長を続け、試合ごとに進化しているという凄さ。

技術の一つ一つはもちろん、今シーズン最初と比べて驚くべき進化が随所に見られます。昨シーズンから著しく増した安定感も、今シーズン更に揺ぎ無いものになっています。

精神的なものもさることながら、演技中の身体の軸の安定感が驚異的だなと思います。

氷上の練習だけではなく、さまざまなトレーニングの積み重ねが窺えます。

(そうそう、以前からこのブログにも何度か書いていた「舌だし」が封印され、ガッツポーズで演技を終えたのも良かったです・笑)

プログラムの完成度が高まり、いよいよ世界選手権でシーズン締めくくり。

世界制覇と素晴らしい演技を期待しています

☆昨日の日記に書いた高橋選手のフル演技当日放送希望。放送されて良かった!!

実況もシンプルでよかったです。

成長目覚しい小塚選手の演技もフルで見たかったな~。(と、またしても希望を書いてみる。)

☆さぁ、今夜はいよいよ女子FSです!

☆男子結果

1 Daisuke TAKAHASHI   JPN
264.41 1 1
2 Jeffrey BUTTLE   CAN
234.02 3 2
3 Evan LYSACEK   USA
233.11 2 3
4 Stephen CARRIERE   USA
218.30 4 5
5 Jeremy ABBOTT   USA
206.40 9 4
6 Chengjiang LI   CHN
197.98 5 9
7 Vaughn CHIPEUR   CAN
196.57 6 8
8 Takahiko KOZUKA   JPN
196.38 7 6
9 Shawn SAWYER   CAN
187.18 10 7
10 Jialiang WU   CHN
182.94 8 11
11 Ming XU   CHN
169.17 12 10
12 Kensuke NAKANIWA   JPN
167.37 11 12
13 Abzal RAKIMGALIEV   KAZ
138.88 13 13
14 Tristan THODE   NZL
115.99 14 16
15 Luis HERNANDEZ   MEX
112.05 16 17
16 Justin PIETERSEN   RSA
111.16 18 14
17 Nicholas FERNANDEZ   AUS
109.77 15 20
18 Joel WATSON   NZL
109.03 19 15
19 Kevin ALVES   BRA
108.12 17 18
20 Robert MCNAMARA   AUS
102.23 21 19
21 Humberto CONTRERAS   MEX
95.50 20 21

|

« 四大陸、SPは浅田真央選手が1位 | トップページ | 四大陸、女子は浅田真央選手が優勝! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高橋大輔選手、世界歴代最高得点で優勝!:

« 四大陸、SPは浅田真央選手が1位 | トップページ | 四大陸、女子は浅田真央選手が優勝! »