« IDU | トップページ | 高橋大輔選手、世界歴代最高得点で優勝! »

2008年2月15日 (金)

四大陸、SPは浅田真央選手が1位

四大陸選手権、女子SPは浅田真央選手が1位でした。

真央さんおめでとう!!

そして、安藤選手が2位、村主選手は9位です。

1位の浅田選手、2位安藤選手、3位ロシェット選手まで点差が1点以内と激戦。

そして、今夜は男子のFSです。

高橋大輔選手の演技が楽しみです。

SPではヒップホップ版チャイコフスキー、そしてFSはクラシックなチャイコフスキーで世界制覇を狙う高橋選手の今シーズン。彼の今シーズンもいよいよ仕上げの時期です。

そして、男子は小塚選手の成長も見所のひとつ。

小塚選手は大会のたびに、めきめきと(「メキメキ」と音がしそうなくらい・笑)驚くほどの急激な成長を見せています。

それにしても・・・

もったいぶらず、地上波で早く放送してくれ!!!

某お台場にある放送局さん、高橋選手のSPの演技をフルで放送せずにあれこれ日替わりで選手特集を長々と放送するなんて、放送当日の視聴率を稼ぐために視聴者、そしてフィギュアスケートファンをじらしているのだろうか・・・。

世界トップレベルの選手の最高の演技を放送せずに、選手の日常とか事前収録のインタビューを長々流し続けるというのは、かなり違和感&相当なイライラ感があるのですが・・・私だけ?

FSの演技は当日中にフルで放送して欲しいと、一フィギュアスケートファンとして切に願う次第・・・。

(もっとも、今シーズンの見所のひとつは高橋選手の素晴らしいSPだったわけで・・・。なんというか・・・・・)

女子SP結果

1 Mao ASADA   JPN 60.94
2 Miki ANDO   JPN 60.07 
3 Joannie ROCHETTE   CAN 60.04 
4 Anastasia GIMAZETDINOVA   UZB 55.49 
5 Beatrisa LIANG   USA  54.05   
6 Na-Young KIM   KOR 53.08
7 Mira LEUNG   CAN 53.01
8 Cynthia PHANEUF   CAN 50.63
9 Fumie SUGURI   JPN  50.24
10 Katrina HACKER   USA 49.86
11 Binshu XU   CHN  49.62
12 Ashley WAGNER   USA 47.29
13 Chae-Hwa KIM   KOR 46.76
14 Melinda Sherilyn WANG   TPE 45.95
15 Yueren WANG   CHN 44.69
16 Yan LIU   CHN 37.33   
17 Ana Cecilia CANTU   MEX 37.10
18 Loretta HAMUI   MEX 34.87   
19 Charissa TANSOMBOON   THA 32.31   
20 Tamami ONO   HKG 31.97 
21 Tina WANG   AUS 30.57   
22 Lejeanne MARAIS   RSA 29.38   
23 Corenne BRUHNS   MEX 28.63   
24 Gracielle Jeanne TAN   PHI 28.50   
25 Crystal Wynewyne KIANG   TPE 28.12   
26 Abigail PIETERSEN   RSA 27.44 
27 Morgan FIGGINS   NZL 26.92   
28 Phoebe DI TOMMASO   AUS 25.76   
29 Siobhan MCCOLL   RSA 23.40   
30 Stacy PERFETTI   BRA 21.97   
31 Kristine Y. LEE   HKG 20.53   
32 Tiffany Ting-Ye WU   TPE 18.64   

|

« IDU | トップページ | 高橋大輔選手、世界歴代最高得点で優勝! »

コメント

まおちゃんのSP今季一番の出来だったと思います!

ルッツはステップアウトしてしまいましたが、
他のジャンプは素晴らしいですし、全体的に
凄くスピードもありました
それに、スパイラルの素晴らしいポジションと
見所満載!!

それなのに、あの点は・・・今年ジャッジは
迷走している様な気がします。GPSや男子とあまり
にも点の出方が違うので首をひねってしまいました。

コンボもダウングレードされてしまった様なのです
が、スローで見ても回転は足りており(真央ちゃん
もびっくりしていたようです)、他の上位選手も
ことごとく厳しい評価。。

真央ちゃんだけじゃないのがまだ幸いですが、試合
ごとにここまで違う年は初めてなのじゃないでし
ょうか?
なんだかジャッジに選手が振り回されている気が
して可哀想です

投稿: るるりな | 2008年2月16日 (土) 03時02分

☆るるりなさん
真央ちゃん、SP本当に良かったです。
新しい衣装も動きやすそうで安心しました。
コンボのジャッジは私もビックリしました。
真央ちゃんも「ビックリ」だったみたいですね(^^;)
あれでDGだと、例えば今回出場していない日本の他の選手や外国選手の中にも、ことごとくDGあるいは一回転少ないジャンプと判定される人もいるのでは・・・。
本当にジャッジに振り回されたシーズンでしたね。
厳格化は透明化にもつながるので悪いことばかりだとは思いませんが、あまりにも、ね・・・。
こうした混乱は今シーズン限りにしてほしいですね。
FS、真央ちゃん、どんな演技を見せてくれるのか本当に楽しみ
それからエキシビも今シーズンは見所ですね。
あのエキシビのプログラムは本当に秀逸で、エンディングの5秒間でワタシは毎回泣いちゃいます。

投稿: 渡辺タカコ | 2008年2月16日 (土) 05時22分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四大陸、SPは浅田真央選手が1位:

» 浅田真央がんばれ [まゆの出来事日記]
前回の成功はジュニア時代に初優勝した03年12月の全日本選手権で、成功すればシニアの国際競技会ではオンナ子選手で史上初となるわ。 真央がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)、ミキティは4回転ジャンプを跳び、それぞれの勝負技をみせつけたわ。精彩を欠いた...... [続きを読む]

受信: 2008年2月16日 (土) 18時49分

« IDU | トップページ | 高橋大輔選手、世界歴代最高得点で優勝! »