« 私的備忘録 | トップページ | 中外写真薬品がイルフォードBW販売中止 »

2008年3月22日 (土)

世界選手権女子FS・浅田選手と中野選手に感動

あらためて浅田真央さん優勝おめでとう!

最初の3A踏み切り時の転倒という、ほとんど見たことの無い類の失敗に(結果が分かっていながら)ハラハラしましたが、その後の冷静な対応は素晴らしかった。

かなり勢い良く転倒したため痛みもあった思いますし、転倒でタイミングがずれて曲に合わせて演技を続けるのも難しかったと思います。精神的にダメージを受けてもおかしくない状況ですが、よく集中力が途切れずに最後まで渾身の演技をしたと思います。

何事もなかったかのような高い高いコンビネーションジャンプ、肢体全体での美しい滑り、指先まで行き届いた神経、切れのあるエッジ使いの高速ステップ・・・・。

浅田真央選手の滑りを見ていると地球の重力を忘れてしまいそうです。

大きな失敗の後にもかかわらず、演技中とても良い表情をしていたのも印象的です。

あらゆる状況において自分のベストを尽くすという、出来そうで出来ないことをやり遂げてしまう浅田選手。なんという精神力の持ち主なのでしょう。

彼女の今シーズンは、ラファエル氏やタラソワ氏との出会いや、ロシアでのバレエレッスンなどを経て芸術的才能をより鮮やかに開花させ、伸びやかさと美しさと芸術性に磨きをかけ、劇的にその演技を進化させた一年でした。

そしてその一方、演技中、あるいはファンの知らない場面でのあらゆるアクシデントにも立ち止まることなく、その時点で考えられるベストの選択で前に進み続けたシーズンだったのではないかと思います。

何度も書いてしまいますが、やはり彼女は不世出の天才、史上最高、世界最高のスケーターだと確信しました!

本当におめでとうございます。

真央さん、これからもずっと応援します!!

☆そして、中野友加里選手。SPに続き、FSも本当に素晴らしい演技でした。

個人的には浅田真央さんと中野友加里さん二人に金メダルをあげたかったです!

正直、4位という順位は個人的には首を傾げます。

会場の観客の歓声と拍手、得点発表時のブーイングが物語っているように、ワタシ個人もFSの演技は得点以上、順位以上に素晴らしかったと思いました。

(3Aと3Fがダウングレード評価・・・。他の選手と比較すべきではないかもしれませんが・・・・。う~ん。得点詳細を見ても、なお残るモヤモヤ感。今回の試合はもろもろ「アウェー」な感じがしました。)

本人やコーチがシーズンを晴れ晴れとした笑顔で終えたのが、ファンとしては何より嬉しいですが・・・。

きっと次のシーズンでは、一つや二つの要素でミスをしたりダウングレードと評価されることがあったとしても確実に勝てるような構成を新たに考えてくるのではないかと思います。

観る人の心を捉える演技、ベストを出し切る集中力の素晴らしさ、優雅で美しく滑らかで切れのあるスケーティング、絶品スピン・・・。

大舞台での最終滑走をほぼノーミスの会心の演技で今シーズンを終えた中野選手にテレビの前で特大の拍手を送りました。

(☆中野選手の演技は表彰台にも匹敵するはずの素晴らしいものでしたが・・・マスコミの扱いが小さいのがなんとも残念です。

棄権した安藤選手の扱いより小さい報道もかなり目に付きました。

マスコミ関係者の方々、今回の中野選手の素晴らしい演技をもっと取り上げてください。今シーズンの彼女の健闘を称えてください。)

中野選手の来シーズンの演技にも期待しています!

|

« 私的備忘録 | トップページ | 中外写真薬品がイルフォードBW販売中止 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界選手権女子FS・浅田選手と中野選手に感動:

« 私的備忘録 | トップページ | 中外写真薬品がイルフォードBW販売中止 »