« 『攻殻機動隊』、『イノセンス』の | トップページ | 春 »

2008年3月18日 (火)

格差と埋めがたい溝

07weblog

ロベルト・ベニーニの『ライフ・イズ・ビューティフル』という映画で、強制収容所に送られたユダヤ人の主人公グイドが、旧知の医師に「なぞなぞ」の答えを聞かれて呆然とするシーンがあった。

絶望と死があふれ、あらゆる人権と尊厳が奪われた極限の状況で、わずかな希望をつなごうとしている人間と、相手の置かれた状況を察することも出来ず、自分の目の前の小さな悩みにしか興味を示さない人間。

両者の埋めがたい溝。

程度の差こそあれ、そんな状況が日本で世界で今も日々起きている。

|

« 『攻殻機動隊』、『イノセンス』の | トップページ | 春 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 格差と埋めがたい溝:

« 『攻殻機動隊』、『イノセンス』の | トップページ | 春 »