« 経営者会報・最終回! | トップページ | アイティメディア »

2008年3月31日 (月)

花ざくら

Dsc_0046weblog Dsc_0125blog

近所の公園にぶらりと花見に行ってきました。

穴場なのでそれほど人がおらず、時間によっては、花見客と桜の木の数が同じくらいではないかと思うほど。

贅沢に花の下で昼寝でもすればよかったのですが、それには寒くて、しかも雨が降り出したので、あまり長居ができなかったのが少し残念。

3月30日、この日まさに満開。

これだけパーフェクトに満開の桜を見たのは、もしかすると生まれて初めてかもしれないと思いました。

ワタシが通った中学高校には当時沢山の桜が植えられていて、校章も桜。校歌のタイトルも「花桜」と桜づくしでした。

しかし、記憶にあるのは散りかけの桜が多いです。

それはそれで美しいのですが、なぜ中高時代の満開の桜の思い出があまり残っていないのか、そのあたりの記憶はあやふやです。(満開の時期は丁度春休み中に迎えることが多かったのでしょうか。)

いずれにせよ、今年見た桜ほど完璧に咲き揃った桜は、これまでの人生のどの場面でも恐らく見たことがありません。

桜は全く美しい花ですね。

毎年桜を見る毎に、新たな桜の美しさを発見するような気がします。

|

« 経営者会報・最終回! | トップページ | アイティメディア »

コメント

学校の桜は、いろんな種類が植えられ、たしか4月中旬まで楽しめていたような。。。最後は濃いピンクの八重でした。桜つくしの学校でしたからね。あのバックルが印象的でしたが。
同じ桜の写真でも、どうしてこんなに違うのでしょうか?

投稿: mana | 2008年3月31日 (月) 05時03分

☆manaさん
桜尽くしでしたねぇ。
八重桜・・・覚えてないな~。
葉桜は覚えているんだけど・・・。
葉桜の季節に何か体育系の行事をやったよね。
ときどき毛虫がポトリと落ちてきて・・・衝撃だったから覚えている。
バックル、時代を感じさせないあのシンプルなデザインは、なかなかではないかと思います。
ただ、素材が時代によって違ってもイイんじゃないかと思うけど。

>同じ桜の写真でも、どうしてこんなに違うのでしょうか?

ずばり、これまでの投資額の違いで~す(笑)


投稿: 渡辺タカコ | 2008年3月31日 (月) 05時44分

takako watanabeさんが桜を撮ると、こんなにも優しい桜になるのですね。^^

人は桜に自分の色んな思いを投影するのですね。
時には華やかで元気で、時には儚く悲しく…

投稿: t.i | 2008年4月 4日 (金) 23時20分

☆t.i.さん
優しいコメント、ありがとうございます。
桜には何かが宿っていますね。
惹き込まれます。

投稿: 渡辺タカコ | 2008年4月 5日 (土) 03時30分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花ざくら:

« 経営者会報・最終回! | トップページ | アイティメディア »