« リスクはじきに目を覚ます | トップページ | ようやく »

2008年7月 9日 (水)

LOVE理論

さて、与信管理実践マニュアル本の次に紹介するのは、

モテモテの男になる実践マニュアル本です。(どうですか、このバランス感覚・・・。)

水野愛也氏の『LOVE理論』。

水野愛也?どこかで聞いたような・・・

そうです。以前このブログでもご紹介した『夢をかなえるゾウ』の著者・水野敬也氏と同一人物なんです。

はっきり言って「ゾウ」は泣きました。

水野氏の新作、次も泣けるかと思いました。

ところが・・・

軽薄。

馬鹿馬鹿しい。

アホか!と突っ込みどころ満載。

でも08年下半期で一番笑いました。(まだ下半期になって10日経ってないけど)

地下鉄の車内で、本を読みながらニヤニヤ、ときどきフフッと鼻を鳴らす、すっかり危ない人になってしまいました。

隣の席の人に「何を読んでいるんだ?」と何度も覗き込まれました。

(「これ、めっちゃ笑えるんですよ」と、隣席の男性と一緒に読もうかと思いましたが、そこまでオープンでフレンドリーな人間じゃないもんで・・・。引き続き怪しいニヤニヤを継続)

家に帰って続きを読み、人目を気にせず大爆笑。

あ~、本当に馬鹿馬鹿しかった!

合コンの話とか針小棒大ですが、あながち外れていないので余計に笑えます。

(過去に合コンを数え切れないほど繰り返したワタシが納得する、男子が合コンで押さえるべきポイントの数々・・・)

特に「日本代表理論」。

試合(合コン)でプレーするには、監督(幹事)に呼ばれなければ始まらないということ。

これは合コン以外にも実は共通する渡世術と言えるかも。

考えてみれば、ワタシが知っているモテモテ男子は、この本に挙げられているポイントを押さえている場合が多いな~。

なんて、褒めちゃいけない!(爆)

作者の妄想&妄断満載です。

何度も書きますが、馬鹿馬鹿しいです。

でも笑いました。

気が向いたら読んでみてね。

本当は女子禁制かもしれないけれど、男子も女子も楽しめます!

|

« リスクはじきに目を覚ます | トップページ | ようやく »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LOVE理論:

« リスクはじきに目を覚ます | トップページ | ようやく »