« 竜馬が守護霊? | トップページ | 姉妹対決に興奮、ビーナス・ウィリアムズが二連覇 »

2008年7月 5日 (土)

「なぜグローバリゼーションで豊かになれないのか」

JPモルガン証券のチーフストラテジストで、JMMでもおなじみの北野一さんが、

なぜグローバリゼーションで豊かになれないのか―企業と家計に、いま必要な金融力』(ダイヤモンド社)を出版されました。

北野さんには以前担当していた経済・マーケット番組に何度もご出演いただくなどお世話になりました。

日本屈指のストラテジストの北野さんですが、意外にもこれが初めての書き下ろし執筆とのこと。

切れ味鋭く、目からウロコ、盛りだくさんで、読み応えがある本です。

みなさま、是非ご一読を!

☆余談

サブタイトル(「企業と家計に、いま必要な金融力」)からイメージすると、実際の内容はそれよりもやや専門的かもしれません。

「タイトルは内容とぴったりだと思うんですが、サブタイトルは、これで良かったんですか?イメージが少し違うんじゃないですか」とつい聞いてしまったら、

「タイトルは出版社、サブタイトルは私がつけました・・・」とのこと。失礼しました(^^;)

|

« 竜馬が守護霊? | トップページ | 姉妹対決に興奮、ビーナス・ウィリアムズが二連覇 »

コメント

タカコさん、面白そうですね、読みたくなりました!

グローバリゼーションで本当は、地球全体が豊かになるはずなんじゃないのでしょうかね? "TABLE FOR TWO"みたいないろいろな活動がもっと増やせないかなあといつもあれこれ考えてはいます。

例えば、ある会社では、社内カフェテリアで普通ライスを小ライスにしてカロリーダウン、その差額の26円を寄付するキャンペーンを実施したそうですが、その資金でどこかの国の農作物を増産するプロジェクトを進めるとか、節約しながら生産性を高めるような...あの~、
こういう話題では、ragnoと名乗らせてくださいね(笑)

そう言えば、あれから、昼だけですが、ずっとライスの
量を減らしてます。頑張りましょう。

投稿: ragno | 2008年7月 6日 (日) 15時05分

☆ragnoさん
こんにちは。
別HNだったのですね。
本、恐らくragnoさんがイメージされていらっしゃるんじゃないかと思われる内容よりも、金融政策の話などが多いと思いますが、是非チェックされてみてくださいね。

社内カフェテリアのキャンペーン、良いですね。
少しずつでも、まずは身近な出来ることからスタートしていくという活動、とても大切なことではないかと思います。

飲食店やコンビニ・スーパーなどで食べ物を捨てる量は、本当に多いですよね。
学生時代、バイトをしていた飲食店でも、少しでも規定の時間が過ぎると食べ物をどんどん廃棄していて、まだまだ衛生上も全く問題なく食べられるのに従業員も一切口にしてはいけない決まりで、従業員やホームレスの人が食べないように厳重に(?)徹底的に管理されていました。
大量に廃棄される食べ物を見ては本当に悲しく感じました。お客さんに一定の品質の出来立ての食べ物を提供するのはいいことだけど、この食べ物はまだまだ食べられるよな、食べ物に困っている人たちが沢山居るのに・・・と。

その時一緒に働いていた多くの人たちが、私と全く同じことを考えていたと思います。
休憩時間に、自分たちも「客」として購入した「商品」を食べながら「もったいないよね」と、話していました。

少しずつ改善しようとする店も増えてきていますが、はじめから売れ残ると判っていても、沢山商品が並んでいたほうがショーケースの見栄えがよいからと、毎日需要量以上に店に商品を仕入れ、売れ残りをどんどん廃棄している例も少なからずあるようです。
消費者も声をあげていく必要があるかもしれません。食べ物を無駄にしているし、最終的には消費者のコストに上乗せされていると言うことですし。
また、買い物の時には、スーパーやコンビニでもついつい日付の新しい商品を選んでしまいがちですが、頭の片隅に廃棄される商品のことを思い描くと、多少なりとも改善されるかもしれませんね。


世界的な食料争奪という流れの中で、大きな食糧危機が多発する場合のリスクは本当に大きいですよね。
食料自給率が低い国が、自給率をあげていくことも、選択の一つかもしれないなと思います。
輸送にかかる燃料やco2も削減できますし。

なんだか、最近の流れを見ていると、本末転倒と言うか・・・。バイオエタノール一つとっても、本来それ自体は、様々な可能性を持っているのに、むしろ困る人たちが増えている現状・・・。
co2削減に関しても、排出権取引や削減枠など、本来の目的は何処に行ったの?と思うような状況も目に付きますね。

農政や、農産輸出国との関係、農業の担い手の問題などもあり、複雑で、解決策を見出し実行するのは非常に難しいことでしょうが、日本も、自国の農業を活性化させる方法を多くの人たちが模索するべきじゃないかと思います。

take five作戦、気長に頑張りましょう!
そろそろ本格的に暑くなってきますので、体調にも気をつけながら、ゆるやかに(^^)

投稿: 渡辺タカコ | 2008年7月 6日 (日) 16時41分

タカコさん、ご丁寧にどうも有難うございました。

これからもここでいろんなことを勉強させて頂きたいと
思ってます。 どうかよろしくお願い申し上げます。

ところで、あの後どれくらい変化があったのか、まだ調べてませんでした。

ragnoの生き方も、なるほどとふと思いました。webの時代ですしね。 ではまた。

投稿: ragno | 2008年7月 6日 (日) 23時30分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「なぜグローバリゼーションで豊かになれないのか」:

« 竜馬が守護霊? | トップページ | 姉妹対決に興奮、ビーナス・ウィリアムズが二連覇 »