« 内田慶さん | トップページ | パナソニックLUMIX G1 »

2008年9月14日 (日)

汚染米

昔むかし、会社員時代の話。

会議もいよいよ終わりという時に、オジサン上司がワタシたち部下を見回して「何か質問は?」とたずねた。

「はい」と、同期がニコニコ笑顔で挙手した。

「○○クン」と上司。

すると、我が同期は

あの~、××さん(上司)は、毎日何をされている方なんでしょう?」と、思いっきり可愛い笑顔で予想外の質問をした。

当時、既に中堅社員だった私たち。当然××が、何をしている人か知っていた。いや、正確には「本来は何をすべき人か」知っていた。

あっけにとられ言葉を失った上司の顔は、次第に怒りで赤らんでいった。

ワタシたち部下は必死で笑いをこらえた。だって本当に毎日何をしているのかと聞きたくなる働きぶりだったから。

それから程なく、××氏は、(余程詳しい社員でない限り聞いたことも無いような)グループ会社に転勤となった。

民間企業では当然の人事だろう。

☆汚染米の転売、流通・・・。

はてさて、

農林水産省のお役人って、一体毎日何をされている方たちなのだろう

☆「健康被害の報告は無い」などと言ってる場合だろうか?

(アフラトキシンによる健康被害が仮にあったとして、すぐに関連性がわかるのだろうか。)

第一、「報告」しようにも、自分が摂取した食品に汚染米が使われていたのかいないのか、現段階できちんと公表している企業があまりに少なすぎるのではないだろうか?

(ちなみにワタシがしょっちゅう飲んでいた焼酎や日本酒にも「あたり」がありました。)

本来は使用する米の安全性をしっかりと確保した上で商品を製造して欲しいものだと思うが、汚染米使用をきちんと発表し、製品回収した企業にはまだ良心とモラルが感じられる。(こうした企業が、これから新たに製造する商品を買おうと個人的には思う。)

「風評被害」などという言葉がやたらと強調されるのもいかがなものか。

汚染された米が大量に流通したのは事実なのだ。

さっさと汚染米を転売した先の企業名と製造された商品名を全て公表すべきだろう。

多くの国民が気になるのは「風評被害」より「健康被害」だし、さっさと全て公表すれば、使用していない企業の「風評被害」もおさまるだろう。

☆メタミドホスや地上最悪の発がん性を持つアフラトキシンで汚染された米を転売していた社長の面構えが、食肉偽装社長と瓜二つだったのには驚いた。

人間の顔というのは、見事にその人の生き様が刻まれるものだ。

経営者として、いや、人間としての最低限の倫理観すら持ち合わせず、身の毛もよだつようなおそぞましい商売をしてきた人間の面構えが酷似しているのは偶然ではあるまい。

|

« 内田慶さん | トップページ | パナソニックLUMIX G1 »

コメント

汚染米事件、波紋をよんでますね・・。
安心して暮らせる日は来るのでしょうか。
色々不安です。

投稿: 白内障 | 2008年9月14日 (日) 19時29分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 汚染米:

« 内田慶さん | トップページ | パナソニックLUMIX G1 »