« 習慣 | トップページ | 帰ってきました »

2008年9月20日 (土)

底なし

先日、こちらのブログで怒った件

ようやく公表したかと思ったら・・・。

公表企業に間違いがありましたって、そりゃないだろう。

(民間企業、特に上場企業でこんないい加減な仕事を繰り返していたら大変なことになりますよ)

中には、近所の別の店と間違われたケースもあると報道されている。(あまりに酷すぎる間違いだ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080918-00000002-mai-soci

農林水産省のリリース↓には違和感が大有りなのだが・・・。

先般、事故米穀が広く流通していることが次々と判明する中で、消費者の方々の不安解消と信頼回復を最優先に、全ての事業者のリストを公表したところです。 1昨日(16日)、公表した事業者のうち、別添の事業者については、事故米穀を購入していたものの、購入後、在庫の保有や非食用等の処理をしており、消費者等には販売されていないことが確認されましたので、お知らせします。

一体どこまで底なしなのだろう。

それから、汚染米のうちアフラトキシン汚染に関する調査が本当にしっかりされているのか気になってしかたない。どうも調査も発表も「控えめ」な印象を持ってしまうのは気のせいだろうか?気のせいであるならよいのだが・・・。

(まさか、摂取したことを知らない方が幸せだろうなどと思ってないよな。どんな恐ろしい結果であっても知る権利があるはず。)

個人的には、メタミドホス汚染米よりアフラトキシン汚染米の方がよほど恐ろしい。

|

« 習慣 | トップページ | 帰ってきました »

コメント

流通先企業を公表してどうなるんですか?個人小店舗の名前まで公表されてるんですよ?これから先お客様が来なくなったらどうするんですか?首でも括れと?店畳みなさいとでも言いたいのですか?取引業者も騙されてるんですよ? それに各地方の農政局が公表しないからと言ったそうじゃないですか? 嘘じゃないですか。詐欺ですよ。賠償問題ですよ? なんで被害者企業、被害店舗の名前を公表されなきゃいけないんですか? 風評被害より健康被害? じゃぁ風評被害に遇ってる店の家族はどうなってもいいんですか? 確かに健康は第一です。でももっと幅広く考えを持ったコメントを書いて下さい。風評はいつかは収まる?バカなこと言ってはいけませんよ。いつ収まるんですか?。今国会は非っっっ常にくだらないことしてます。年金問題をこの一連の事件であやふやにしてしまえとか?太田農水相辞めさせて、一件落着?まぁそこまでは言ってないと思いますけど。この毎回毎回お国がらみの事件になると、あやふやに事件が忘れ去られるのはかなりむかつんですけど?思いませんか?

投稿: ブルース | 2008年9月20日 (土) 10時08分

いつからか勘違いが横行して問題が起きると辞めるというのが習慣化しているのはどうかと思う。問題の解決を見ずに辞任するというのは単なる責任回避だったり責任転嫁ではないでしょうか?問題を解決し、然る後に身を引くと言うのが責任を全うするということじゃないでしょうか?世論とか世間の声とか嘯いて、マスコミが己が意見を主張し、大臣を辞任に追い込んだなどと自己満足している傍らで、未解決問題が増え、ろくでも無いのが大臣になるほど人材不足を招いていることに気付いているのでしょうか?その結果が今の日本社会であると認識しているのでしょうか?
その反面、官僚も政治家も危機管理能力が欠如していることは否めず、また問題解決能力も無いので、マスコミに叩かれるのは必然と思うのですが・・・何を変えれば良くなるんでしょう、日本。

投稿: tfryu | 2008年9月20日 (土) 10時58分

まったく、最近は食品偽装や不祥事が多すぎますね。他人の食べるものの安全よりも金儲けが優先というケースが招いた事件が多すぎると思います。これまでの経緯からして未発表で全てを回収するのは到底ムリだと思います。公表せずに、自主的に回収するのを待っていては時間もかかり、その間に既に購入し家にあるものなど食べなくても良いものを食べてしまう人だっているのではないでしょうか。(いち早く自主公表した企業は消費者に対して誠意と責任が感じられますね。)それにしても、長年こんなことが続いていたなんて、本当にひどい話ですね。

投稿: 消費者 | 2008年9月21日 (日) 01時18分

汚染米の流通先公表は当たり前の事だと思います。未だ公表を拒む業者に食品を扱う資格は無いと思います。食品を扱う以上、責任の所在云々、経営云々の前に消費者の生命・健康が第一と考えなければ食品を扱う業者としては失格です。自分の処に責任が無くとも情報公開して消費者への説明責任があると共に、原因究明こそが信用に繋がる一番の近道だと思います。それほど食品の信用維持責任は重いものと自覚しなければなりません。
今回は完全に政府の失策と処理対処の不備が招いた問題ですから、責任無く被害を被られた業者の方々は堂々と情報公開し政府に損害補償を訴えるべきです。
また、政府は逸早く、被害を被られた消費者や業者の方々の救済処置を取るべきだと思います。

投稿: Y | 2008年9月21日 (日) 13時02分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 底なし:

« 習慣 | トップページ | 帰ってきました »