« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

NHK杯、女子は浅田真央選手が優勝

GPS女子は浅田真央選手が優勝!!

2位は鈴木明子選手、3位は中野友加里選手と日本女子3人が表彰台です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081129-00000105-jij-soci

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081130-00000016-dal-spo

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081130-00000015-dal-spo

(これでファイナル進出は、キム選手、ロシェット選手、浅田選手、コストナー選手、中野選手、安藤選手の6人に決定。6人中3人が日本選手です。最近の日本はフィギュア最強国と言っても良いかもしれません。)

今回のNHK杯女子は、シリーズ第6戦ということもあってか日本人選手3人をはじめ本当に質の高い演技が続いた大会でした。

特に上位3選手は、それぞれ積み重ねてきたもの全てをぶつけた感動的な素晴らしい演技で、スケートの持つ表現の可能性を大いに広げたように思います。

鈴木選手の情熱的で伸びやかで切れ味の良い「黒い瞳」、中野選手の「ジゼル」は優雅で独特の世界観が広がり、2人の演技からはスケート本来の楽しさ、また生きるエネルギーそのものが伝わってきました。

そして、優勝した浅田選手の「仮面舞踏会」。

「一体どこまで進化するのだろう?!」と驚くばかり。

3Aは余裕で着氷、濃密で高度なエッジさばきのステップはまるで早回しのテープをみているようなスピード。(しかもスタミナを消耗している後半で。)人間の限界を超えているのではないかと思えるほど。

技と技のつなぎも無駄な助走はほとんど無く、終始美しいスケーティングを見せつけ、美しさ、技術力、スタミナ・・・。これまでのシーズンから更に大きく大きく成長した滑りを見せてくれました。

毎シーズン高いハードルを設定しながら乗り越えてしまうその努力と自分を信じる力・・・。天才スケーター浅田真央選手のシーズン後半は一体どんな凄いことになっているのでしょう?!

さぁ、今日は男子です。

織田選手、南里選手、そして成長著しい無良選手の3人がフリーでどんな演技を見せるのか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

GPS・NHK杯

NHK杯、SP終わって女子は浅田真央選手が首位!

(やりましたね~。真央さんには毎シーズンその飛躍ぶりに驚かされっぱなしですが、今季のSPも本当に素晴らしい。そして、久々に真央さんのほっとした笑顔を見られて良かった。)

鈴木明子選手が4位、中野友加里選手が5位。

男子は織田信成選手が首位、無良崇人選手が4位、南里康晴選手が8位です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081128-00000200-jij-spo

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081128-00000017-nks_fl-spo

☆まだ女子の試合しか見ていないんですが、浅田選手、鈴木選手、中野選手ともそれぞれほんの少しの取りこぼしがありつつも、本当に素晴らしい演技でした。

テレビの前で、演技が終わるたびスタオベ(笑)

それぞれの選手が、自分の壁や限界に挑戦し、ケガや故障などと闘い克服し、確実に歩んできたその軌跡を思い、人知れず重ねてきた苦労や努力を想像するにつけ、ついつい応援に力が入ってしまい、涙がこぼれてしまいます。(←気分はまるで親戚・笑)

そしていつも思うのです。

スケートって、なんと美しく心躍る芸術であり、過酷なスポーツなのだろうと。

フリーの演技も楽しみです(^^)

それにしても、女子のGPFへの切符は混戦状態で、最後まで判らないですね。

できれば日本人選手全員に出場して欲しい!などと思ってしまいます。

興奮冷めやらぬゆえ、本日はこの辺で。これから男子の放送を見ます♪

スケートを愛する皆様、明日以降も選手達に心からのエールを送りましょう!

<女子SP>

1 Mao ASADA JPN 64.64

2 Ashley WAGNER USA 61.52

3 Laura LEPISTO FIN 59.14

4Akiko SUZUKI JPN 55.56

5 Yukari NAKANO JPN 54.82

6 Katrina HACKER USA 53.80

7 Cynthia PHANEUF CAN 53.48

8 Mirai NAGASU USA 50.14

9 Na-Young KIM KOR 47.92

10 Anastasia GIMAZETDINOVA UZB 42.84

11 Katarina GERBOLDT RUS 42.42

12 Annette DYTRT GER 37.62

<男子SP>

1 Nobunari ODA JPN 81.63

2 Johnny WEIR USA 78.15

3 Yannick PONSERO FRA 74.39

4 Takahito MURA JPN 69.70

5 Stephen CARRIERE USA 68.99

6 Kevin REYNOLDS CAN 67.51

7 Adrian SCHULTHEISS SWE 66.31

8 Yasuharu NANRI JPN 63.87

9 Anton KOVALEVSKI UKR 58.84

10 Peter LIEBERS GER 58.27

11 Andrei LUTAI RUS 56.34

12 Jamal OTHMAN SUI 55.94

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

装備

_dsc1543weblog

雪の季節のハイキング(トレッキング)、とりあえず装備は何が必要なんだろう。

まずは履物。

う~む。

スポーツショップの店員さんに相談する前に

自分の財布とも相談しなきゃ(;´▽`A``

☆北海道で野宿している夢を見ました。

星が綺麗でした(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

今年も残りわずかだけれど

_dsc1452weblog

身体を鍛えたい。

どんな場所にもデジとレンズと銀塩中判と三脚を一緒に持ち歩ける頑強な首と肩。

目的地に着いて肝心な時に力尽きることの無い持久力。

山道も岩場もらくらく登れるパワフルな足腰。

がんばります。少しずつ・・・。

(筋肉より財力鍛えて強力<ごうりき>さん雇えるようになるのもアリかな。でも、そっちの方が実現難しそうだ)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

紅白

紅白歌合戦の出場歌手が本日発表になるらしい。

気になる&是非出て欲しいと思うのはジュリー

先日、BSの『沢田研二スペシャル』で過去の映像をまとめて放送していたんだけど、今見ても本当に素敵。

今年はNHKのテレビ&ラジオ番組で特集されているし、祝・還暦だし(びっくり)、

久々の紅白出場を期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州限定

_dsc1833weblog

最近のお気に入り「ひよ子のピィナンシェ」

大正元年・九州生まれのロングセラー菓子「名菓ひよ子」でおなじみのひよ子本舗吉野堂の九州限定商品です。

スタンダードなひよ子も美味しいけど、ピィナンシェも九州にお出かけの際は是非お試しあれ♪

ちなみに東京限定商品には「塩ひよ子」があるそうです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Amazonでキモノ

Amazonをチェックしていたら・・・。

なんとキモノまで取り扱うようになっていた。

訪問着や振袖、男性用、小物、バッグや履物まで揃っている。

基本的に洋服と違って平面的なサイズ展開なので、試着しなくても自分のサイズが分かりやすいし、洋服のように2センチウエストが小さいと窮屈・・・なんてことがないキモノ。

多少のサイズの違いは着付けで何とかなるし、キモノはネット向き商品だと思っていたけれど。

う~む。

恐るべしAmazon。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

GPSロシア杯・結果速報<村主選手は三位>

グランプリシリーズ・ロシア杯、SP首位だった村主章枝選手のFSは3位、トータル3位です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081122-00000511-sanspo-spo

<女子シングル結果>

1 Carolina KOSTNER ITA 170.72

2 Rachael FLATT USA 166.06

3 Fumie SUGURI JPN 162.04

4 Alissa CZISNY USA 151.03

5 Alena LEONOVA RUS 145.93

6 Elena GLEBOVA EST 140.67

7 Julia SEBESTYEN HUN 131.54

8 Kimmie MEISSNER USA 131.36

9 Na-Young KIM KOR 125.95

10 Nina PETUSHKOVA RUS 125.61

| | コメント (3) | トラックバック (0)

GPSロシア杯<女子SP村主選手が1位>

やりました!グランプリシリーズ・ロシア杯で村主章枝選手がSP1位。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081122-00000001-jij-spo

今シーズンの大きな進化、力強い演技、内に秘めることなく発せられるエネルギーとモチベーション、そして集中力。

今季の彼女の不退転の決意と長年の努力が形に・・・。

ノーミスで演技を終えた村主さんの充実した表情と笑顔を見ていたら、うれし涙が出ました。

本当に、本当に、村主さんおめでとうございます。

そして絶対にGPFに勝ち進んで欲しい。

FSも、心からのエールを送ります(^^)

<女子SP>

1 Fumie SUGURI JPN 58.30

2 Carolina KOSTNER ITA 57.02

3 Rachael FLATT USA 55.92

4 Julia SEBESTYEN HUN 53.64

5 Alissa CZISNY USA 53.50

6 Elena GLEBOVA EST 51.02

7 Alena LEONOVA RUS 50.96

8 Kimmie MEISSNER USA 48.08

9 Nina PETUSHKOVA RUS 43.30

10 Na-Young KIM KOR 43.26

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GPS仏杯<小塚選手&浅田選手が二位>

さて、遅ればせながら簡単にGPS仏杯。

備忘録&今後の展望。

☆男子は小塚崇彦選手が二位。GPFに進出決定!!

とにかく成長が著しい。そして美しい。

(SPのミスさえも、小塚選手の成長の勢いと身体能力が、いかに凄まじいものかをあらわしているように感じました。)

GPFでは、表彰台はもちろん、優勝も狙えるのではないでしょうか。

ジャッジの評価も世界のトップレベルとの認識が今季は少しずつ浸透しつつあるように思います。

(もう少し得点が伸びても良いと思う!)

☆浅田真央選手が二位。

ジャンプが決まらないと、多くのマスコミはこぞって「不調」と書き立てるけれども、今季のプログラムはとにかく濃密でハード!

そのため、ひとつミスがあると、タイミングを含め、その後の演技を何事もなく曲にぴったり合わせるのは難しいはず。

音感の良さは彼女の大きな武器でもあるけれど、少しのタイミングのズレが気になってしまうのかもしれない。

演技全体を見れば、昨シーズンよりも浅田選手の滑りは確実に進化しているし、次の大会までに更に滑り込んでくるだろうし、濃密(すぎる?)プログラムを多少修正してくる可能性もあるのではないかと思う。

それにしても、今季の彼女のプログラム『仮面舞踏会』は素晴らしい。

明らかにバンクーバーを見据えた高度なプログラム。

ある意味単調な曲なのに、本当に素晴らしい振り付けです。もちろん、表現者である不世出の天才スケーター浅田選手あってこそのプログラム。

浅田真央選手のバンクーバーのFS曲は、多くのスケーター、そしてスケートファンにとって特別な『ボレロ』を既に構想しているのかもしれない・・・などと思いました。

気が早すぎですかね。

彼女の『ボレロ』が眼に浮かぶんですが・・・。

(真央さんに五輪で『ボレロ』を滑って欲しいという、希望的観測含みかもしれません。)

もしワタクシの大胆予想が当たったら拍手!(笑)

(ちなみにバンクーバーのSP予想曲もあるんだけど、今のところ二つ考えられるんですよね。絞れたらまた予想を書きます・笑)

話を戻して・・・。

次のNHK杯。彼女が自信と多少の余裕をもって滑れる構成で、笑顔でGPFに進んで欲しい。

頑張れ!真央さん!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インネクスト

インネクスト(札幌アンビシャス6660)の那須郁雄社長とラジオNIKKEIの番組で対談しました。 <続き>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーク・アンド・リバー

クリーク・アンド・リバー社(ヘラクレス4763)の井川幸広社長とラジオNIKKEIの番組で対談しました。<続き>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

トレジャー・ファクトリー

トレジャー・ファクトリーの野坂社長とラジオ番組で対談しました。<続き>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

We love Hakata !

Dsc_0123weblog

パワーランチ。

ときどき猛烈に食べたくなる博多の水炊き。

コラーゲンたっぷりの水炊き、てんぷら、博多明太子、しかも最後にデザートのプリンがついて1480円。(@博多華善 赤坂見附店)

昼どきの東京で博多気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

ニコン新機種発表近し?

期待交じりの噂や未確認情報が熱烈ニコン党の間で活発に飛び交っておりますな。

時期的に考えれば、そろそろ何かしらの発表があるのでしょうか・・・。

早く見たいような、懐具合を考えると見たくないような(苦笑)

D3後継機やD300後継機、D60後継機、はたまた新しいフォーマット(MX?)やRF機にも噂は及んでいますが・・・。

とりあえずはD3x(?)やD400(?)あたりはチェックしたいですね。

D700の急速な値下がり具合も気になりつつ・・・。

いやはや。

サイクルが早くて付いていけません。付いていきたくても財布が(^^;)

未確認情報をあれこれ見る限り、D3の後継機の登場が近いのかなという印象を受けます。

いざ手にしたらD3xは私には重いと思うし、D300があるのでD400は・・・。となりそうだ。

というわけで、D700後継機が早く出ないかな~。

もしくはD300のボディにフルサイズ、動画もあればいいかな(無くても良いけど)

などと考えていたら、

D700のボディにフルサイズ超が登場(?)なんて噂も。

(ということは、レンズも・・・・。)

あぁ、嬉しいような怖いような。

今週20日あたりはニコンのサイトを何度ものぞいちゃうかも(笑)

いずれにせよ、そう遠くない時期にあれこれ出てくるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その線引きはどこに

ワタクシ、運動不足&秋太り解消のために軽い気持ちで近郊に「ハイキング」に出かけたのですよ。

ところが・・・

地元の人が言う「ハイキングコース」をなめてました。

単独ハイクだし、人通りも少ないコースなので、とにかく骨折したりアキレス腱を断裂して野宿するはめにならないようにと(?)、必死に祈りつつ・・・。

「なんでやねん!!」

という思いが頭をよぎりつつ・・・。

☆ワタシの中では、

「ハイキング」はスニーカーでも歩け、老若男女が楽しめる手軽なコース、

トレッキングシューズが必要なハードなものは「トレッキング」というような

イメージがあったのです。

で、家に帰って早速広辞苑を引くと・・・。

ハイキング=自然に親しむために山野などを歩くこと。徒歩旅行をすること。

トレッキング=山歩き。特に、高山のふもとを歩いて風景などを楽しむもの。

う~ん。「高山のふもと」が決め手なんですかね(^^;)

「徒歩旅行」なんてなまやさしいものじゃないんですが・・・。

いやはや。

疲れでシャッター押す手がガクブルだった┐(´д`)┌

しかも最終目的地では、もはや疲れすぎてシャッターすら押せてないし。

三脚持って行って良かった~。杖代わりに(←おい!)

体力つけるぞ~。

あぁ、とりあえずいい運動にはなりました。運動不足解消という目的は十二分に達成。

目標比400%(体感値)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

つれづれ

_dsc1270weblog

三回連続で同じタイトル。「もすこしちゃんと考えろ」と思わなくも無いが。許す。自らを。

久々にHPをリニューアルしようと、HPビルダーと格闘。

が、しかし。

以前使っていたものとバージョンが違うせいか、そもそも習熟してないためか、文字色変更が何度やっても思うようにならず・・・。単純な作業のはずなのに。

まさかと思ってサポートページをチェックしたら・・・。

が~~~ん。修正プログラムが出てました(^^;)バグだったか。

がっくし疲れて、もうリニューアルするのはやめようかと思ったんだけど、格闘した時間がいとおしくなってきた。というわけで、近々HPを地味にリニューアルします。

それからfotologueも、リニューアルしようと思ってファイルを一旦削除したきりに。

あれこれ手をかけないとな~。

もうすぐ2009年だもん。

新しい年といえば・・・

☆手帳を買わねば!と思いつつ、数ヶ月経過。

さすがに来年の話がチラホラ出始めたのでそろそろ買わないと・・・。

先日、ハンズに寄った時にちらりと手帳売り場をチェックしたんだけど、人だかりにマケマシタ。

☆おっと、これを書いている最中に為替がかなり動いていますな。

そろそろ円高旅行でも計画したいところです。

マイレージはたっぷり。

貯金はさっぱり。

う~む。

☆業務連絡(?)

Mariaさん、

応援サイトへのご紹介、ありがとうございます(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

つれづれ

_dsc1277weblog

日が落ちるのが早くなったのに加え、どんより曇り空の日が多いのでいつの間にやら冬を感じますね。何を着ればよいのやら・・・。本当に迷います。

ん?微妙に服が小さく感じるのは・・・気のせいだろう。

食欲やたら旺盛。

-5キロ計画、目標達成目前にして、まさかの逆行。

いや、スタート時点に比べればマイナスですが。いや、ほんとうにヤバイ。

ありがたいことに、親戚やらご近所から新潟や佐渡や茨城の美味しい美味しい新米を頂戴して、ご飯がうまいのなんのって。

ほんわか炊き立てご飯に卵かけ。海苔があれば最高ですな。あぁ日本に生まれてよかった!

で、卵かけだけですめば、カロリーはたいしたことありゃしないのですが、ご飯がうまいとおかずは何であれ、食が進む進む。

☆本日大安吉日。

最近、私の知り合いにあれこれめでたい話ラッシュ。

ほんわか幸せ。

☆週末、(めでたい仲間のうちの一人が出展している)グループ展を観にいきました。

すっかり長居してあれこれ話し込んじゃいました。

暗室話やら、展示方法やら、最近の機種の話とか、仲間の近況とか・・・。

いわば写真好きの世間話(オタク話とも言う)ですが、盛り上がって楽しかった(笑)

話していて気付いたんだけど、口にする、言葉に出すって大事だなと思いました。

(ダメ人間だし・・・。)

悩みでも決意でも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

つれづれ

_dsc0741weblog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

プリンター内蔵デジカメ<デジタル版『xiao』>

タカラトミーから、プリンタ内蔵のデジタルカメラ「xiaoTIP-521」が発表となりました。

http://www.takaratomy.co.jp/company/release/press/pdf/p081106.pdf

撮影したら、その場で名刺サイズの写真に出力。

いわばデジタル版のポラロイドカメラ「xiao」ですね。

ポラは、撮ったものを「ちょうだい」と言われても、

「オリジナル一枚しかないからな~」なんてプレゼントするのを考えてしまう場合もありますが、

デジタルバージョン「xiao」の場合、撮ったデータはメモリーで保存できるので、

旅先で知り合った人にプレゼントしたり、パーティなどでも盛り上がりそうです。

スペックも昔のxiaoのテイスト(?)が感じられます。

個人的には、価格がもう少し安かったら衝動買いしそうな予感。

★代引手数料無料!アクセサリーもお買得価格!★タカラトミー xiao TIP-521 マリーン《11月28...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GPS中国杯<SP安藤選手は2位>

グランプリシリーズ中国杯、女子SP終了時点でキムヨナ選手がトップ、安藤美姫選手は2位。

 

安藤選手本人は「最悪だった」と話しているようですが・・・。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081107-00000020-nks-spo

 

得点的には「最悪」というほど悪くないような気もします。

 

肉体的・精神的に調子のいい時も悪い時もあるはずだし、自分の思い描く理想の滑りとのギャップもあるかもしれないけれど、このところ、安藤選手の心からの笑顔がほとんど見られ無いのが気がかりです。

 

(そして、キス&クライでのモロゾフ氏の形相が怖すぎる。先日も書いたけれど、モロゾフ神話に翳りを感じてしまう今日この頃。大丈夫なのか?!)

 

フリーでは現時点でのベストを出し切って、笑顔でファイナルに進んで欲しい。頑張れミキティ!

 

<女子SP>

 

1 Yu-Na KIM KOR 63.64

 

2 Miki ANDO JPN 59.30

 

3 Laura LEPISTO FIN 58.60

 

4 Ashley WAGNER USA 55.40

 

5 Katrina HACKER USA 50.80

 

6 Susanna POYKIO FIN 50.00

 

7 Sarah MEIER SUI 48.10

 

8 Alena LEONOVA RUS 44.04

 

9 Yan LIU CHN 42.06

 

10 Mira LEUNG CAN 40.76

 

11 Binshu XU CHN 37.02

 

12 Yueren WANG CHN 34.66

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

高橋大輔選手が中国杯欠場

高橋大輔選手が怪我でGPシリーズ中国杯を欠場することに。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081105-00000019-nks-spo

歩行も困難なほどで、靭帯断裂の疑いも。

高橋選手は、日本のみならずフィギュアスケート界全体にとってもエースと呼べる存在だっただけに、欠場はあまりに残念です。

今シーズンは、バトルとランビエールが引退したこともあり、人気と実力を備えたエース高橋選手には世界中のファンから期待がかかっていたはず・・・。

歴史に残るプログラム・HIPHOP版白鳥の湖で世界を魅了した昨シーズン、そしてそのプログラムを二人三脚で作ったモロゾフ氏と決別し、新たな道を切り開こうとしていた今シーズン・・・。

高橋選手には、フィギュアスケート界に変革をもたらした昨シーズン以上のプログラムを是非見せて欲しい!と強く願っていただけに、本当にショッキングなニュースです。

怪我がひどくないと良いのですが・・・。オリンピックも控えているだけに心配です。

コーチ問題、大きな怪我。立て続けに苦難が襲い掛かっているように思えますが、このつらい時期を乗り切って、怪我から復帰してくれることを心から祈っています。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

グランプリシリーズ<スケートカナダ>

コーチも変更し、新たな環境下に身を置き、不退転の決意で臨んでいる今季の村主選手。

スケートカナダで二位!

世界の舞台の表彰台に戻ってきました。結果が出て本当に良かった(涙)

ジャンプやステップなど今季の村主さんにはこれまでにない力強さが感じられます。

環境を変えたからといって全てがバラ色になることはないでしょうし、事前に予想もしなかったトラブルや新たな悩みなども沢山あるのだろうと思います。

解説の伊藤みどりさんが村主さんを「応援したくなる」とおっしゃっていましたが、様々な困難を乗り越えながら前進し続ける村主選手の真摯な姿には、多くの人が心からのエールをおくりたくなるのではないでしょうか。

<女子結果>

1 Joannie ROCHETTE CAN

2 Fumie SUGURI JPN

3 Alissa CZISNY USA

4 Carolina KOSTNER ITA

5 Caroline ZHANG USA

6 Beatrisa LIANG USA

7 Jenna MCCORKELL GBR

8 Cynthia PHANEUF CAN

9 Nana TAKEDA JPN

10 Jenni VAHAMAA FIN

11 Elena GLEBOVA EST

12 Myriane SAMSON CAN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グランプリシリーズ<スケートアメリカ>

遅ればせながら、グランプリシリーズについて。

☆開幕戦スケアメ。

やりました!昨シーズンそして今シーズン開幕前にワタクシが予想した通り、

08.3.24 08・6・15

小塚選手が大活躍。

世界の舞台で表彰台に。しかも優勝!

本当に素晴らしい演技でした。

得点面はもちろんのこと、(佐藤有香さんを彷彿とさせる)滑らかなスケーティングが更に進化。

バターが溶けながらフライパンの上をすべるようです。

(あのイーグルは、現役男子選手では世界一美しいと個人的には思います。)

シンプルな衣装も、小塚選手の美しく品格漂うスケーティングを引き立てていたように感じました。

☆スケアメ女子。

中野選手が二位。安藤選手が三位。

奇しくも2人のFS曲は「ジゼル」。

☆中野選手のジゼル。

ジゼルの世界観と、スケートの楽しさが伝わってくるその演技のとりこになりました。

バレエの要素を随所に取り入れたプログラム。トゥステップで「拍手がもらえれば」と語っていた中野選手ですが、そのトゥステップをきっかけに場内からは手拍子が。

心躍る、なんとチャーミングな演技なのでしょう!

試合の内容としてはまだまだ本調子では無いのだと思いますが、中野選手の今季のジゼルは世界のスケートファンの記憶に残る名プログラムになるはず。

更に磨きがかかったシーズン終盤の演技を見るのが本当に楽しみですね。

☆安藤選手のジゼル。

四回転に注目が集まっていましたが、個人的にはそれよりも気になることが・・・。

いまやディープなスケートファンのみならず多くの人にその名を知られるニコライ・モロゾフ氏。

このところ続いてきた「モロゾフ神話」的なものに、やや翳りを感じてしまいました。(特に振付師としてのモロゾフ氏に。)

なぜ、ジゼルを選んだのだろう?なぜあの振り付けなのだろう・・・などとモロモロ疑問を抱いたのはワタクシだけでしょうか。

開幕戦だけで判断は出来ないとは思うのですが・・・。

なんだろう、このモヤモヤ感。

う~む・・・。

<男子結果>

1 Takahiko KOZUKA JPN

2 Johnny WEIR USA

3 Evan LYSACEK USA

4 Kevin REYNOLDS CAN

5 Shawn SAWYER CAN

6 Alexander USPENSKI RUS

7 Adrian SCHULTHEISS SWE

8 Adam RIPPON USA

9 Igor MACYPURA SVK

10 Ian MARTINEZ CAN

<女子結果>

1 Yu-Na KIM KOR

2 Yukari NAKANO JPN

3 Miki ANDO JPN

4 Rachael FLATT USA

5 Mirai NAGASU USA

6 Susanna PÖYKIÖ FIN

7 Mira LEUNG CAN

8 Kimmie MEISSNER USA

9 Yan LIU CHN

10 Annette DYTRT GER

11 Tugba KARADEMIR TUR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

ノープラモデル

Dsc_0152weblog

我が家のテレビは相変わらず・・・というか末期的↑。

(この状態から2~3時間経過すると、突然映ったりする。)

画面がこんな状態だと、これまで面白いと思っていた人が面白くなかったり、その逆だったり・・・なんていう発見も。(←そんな発見よりも早くテレビ買えよ!という話だが。)

で、柳沢慎吾氏。

いや~、すごい。

これまで音消しでテレビを見ても(もちろんフツーに映像+音声で見ても)この人は面白いと思っていたけれど、

画面なしでテレビを見て(?)こんなに面白い人っているだろうかと思うこと度々。

「ノープラモデル」。(⇔ノープロブレム)

単純なギャグにも、つい腹の底から笑ってしまう。

この人の声には全く邪気が無い。死にそうに疲れているとき、元気が抜け落ちた時、いつ見ても(聞いても)面白い。

ご本人に直接会ったことは一度も無いけれど、

あ~、こんな兄が欲しかったと思う芸能人第1位。(私的ランキング2008年版)

↑ちなみにワタシは一人っ子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

11月

_dsc0957weblog

秋を通り越して冬の気配も感じる今日この頃。

三連休、ダウンしていました。

風邪?

風邪薬や消炎鎮痛剤を飲んでも症状は全く改善せず・・・。

もしやインフルエンザ??

とにかく連休が明けたら病院に行かなくては・・・と思ってましたが、

灸をあちこちのツボにすえまくったところ驚きの急回復!

元気が戻りました。

手放せませんな。せんねん灸。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »