« グランプリシリーズ<スケートアメリカ> | トップページ | 高橋大輔選手が中国杯欠場 »

2008年11月 6日 (木)

グランプリシリーズ<スケートカナダ>

コーチも変更し、新たな環境下に身を置き、不退転の決意で臨んでいる今季の村主選手。

スケートカナダで二位!

世界の舞台の表彰台に戻ってきました。結果が出て本当に良かった(涙)

ジャンプやステップなど今季の村主さんにはこれまでにない力強さが感じられます。

環境を変えたからといって全てがバラ色になることはないでしょうし、事前に予想もしなかったトラブルや新たな悩みなども沢山あるのだろうと思います。

解説の伊藤みどりさんが村主さんを「応援したくなる」とおっしゃっていましたが、様々な困難を乗り越えながら前進し続ける村主選手の真摯な姿には、多くの人が心からのエールをおくりたくなるのではないでしょうか。

<女子結果>

1 Joannie ROCHETTE CAN

2 Fumie SUGURI JPN

3 Alissa CZISNY USA

4 Carolina KOSTNER ITA

5 Caroline ZHANG USA

6 Beatrisa LIANG USA

7 Jenna MCCORKELL GBR

8 Cynthia PHANEUF CAN

9 Nana TAKEDA JPN

10 Jenni VAHAMAA FIN

11 Elena GLEBOVA EST

12 Myriane SAMSON CAN

|

« グランプリシリーズ<スケートアメリカ> | トップページ | 高橋大輔選手が中国杯欠場 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グランプリシリーズ<スケートカナダ>:

« グランプリシリーズ<スケートアメリカ> | トップページ | 高橋大輔選手が中国杯欠場 »