« GPSロシア杯<女子SP村主選手が1位> | トップページ | Amazonでキモノ »

2008年11月22日 (土)

GPSロシア杯・結果速報<村主選手は三位>

グランプリシリーズ・ロシア杯、SP首位だった村主章枝選手のFSは3位、トータル3位です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081122-00000511-sanspo-spo

<女子シングル結果>

1 Carolina KOSTNER ITA 170.72

2 Rachael FLATT USA 166.06

3 Fumie SUGURI JPN 162.04

4 Alissa CZISNY USA 151.03

5 Alena LEONOVA RUS 145.93

6 Elena GLEBOVA EST 140.67

7 Julia SEBESTYEN HUN 131.54

8 Kimmie MEISSNER USA 131.36

9 Na-Young KIM KOR 125.95

10 Nina PETUSHKOVA RUS 125.61

|

« GPSロシア杯<女子SP村主選手が1位> | トップページ | Amazonでキモノ »

コメント

タカコさん、先日は、言葉が分り難いサイトをご紹介してしまいましたが、それでも内容を理解頂いたとは、さすがです。

3位という結果だけ考えると確かにとても残念なのですが、これもトリノからバンクーバーまでの長い道のりの出来事のひとつということを再認識すると、章枝さんのこれまでの戦いと進化に敬意を表さずにはいられません。

”日本のマスコミよりも、海外のメディアの方が、村主さんの今季の頑張り、長年の努力を評価しているような気がします。現地の観客の声援も「わかってらっしゃる!」と思うことしきりです。”

タカコさん、本当にそう思いますよ! でも、タカコさんのような方々が日本にも、いらっしゃいますし、私たちファンは、そういう方々とネットワークでつながっています。 日本のマスコミも結果だけでなく、章枝さんの挑戦とそのプロセスを伝えて行って欲しいと切に願っています。

あちらでもタカコさんのこのコメントと記事の紹介をさせて頂いてもよろしいでしょうか? あの記事の内容も下記のように説明しましたので。 さあ、次は全日本ですね!!!

コストナー選手の演技が本当に残念と述べた後、村主選手については、次のようにコメントされてます。

いずれにせよ、ジャンプその他のエレメント全てにおいて確実さを見せた村主章枝に敬意と賞賛を述べよう。韓国でのファイナルは、フリーでひどいことにならなければ、本当に目前だ。

村主章枝は、スケートカナダの後、たくさんの修正をしてきたことが明らかであり、彼女は、その点で今回上手く滑れたと思っている。それ故、ちょっと低く抑えられた得点に対して、驚き、がっかりしていた。よって、フリーでサプライズを考えているかどうかの問いに対しては、躊躇し、話題をフリーの為に選んだ音楽にそらした。

マリア・ブッテルスカヤが、世界選手権で優勝した音楽で村主は滑る。 村主は、長年競技を続け、競技生活の最後で勝利したこの選手を非常に尊敬していると教えてくれた。 村主もブッテルスカヤが世界選手権で優勝したのと同じ年齢であり、それ故、このロシアの選手に対して、特に親しみを感じているのである。 

いずれにせよ、ブッテルスカヤのフリーのクローンを演じないことは、もちろんだし、新しい何か独自な何かを見せることを明言している。

コーチの変更についても質問すると、こう述べた。自分のエージェントから提案された。サーシャ・ズーリンと何か問題があったということではないことは、はっきりしておきたい。 彼は、能力があり、厳しいコーチである。 しかし、昨季は結果が芳しくなかったし、自分に残された時間も少なくなってきている。オリンピックまで、あと一年ちょっとで、そう考えるとモロゾフは、確かに、非常に経験豊かである。

投稿: dd | 2008年11月23日 (日) 11時58分

いつもながら、暖かい応援、ありがとうございます。今回の結果は、管理人の立場を抜けばですが、村主選手は最後まで諦めず、最後の最後に難易度の高い技にチャレンジ。さすがです。
まぁ、今季の最終目標はワールド。前シーズンと違い、全日本3位以内→ワールドではないので、モロゾフコーチと照準をばちっ、と合わせてくるでしょう、きっと。

マスコミの扱いに対する不満は、立場上控えていましたが、ここで素を出せば「ファイナルがかかった途端、扱いを変えるなー!」海外の記事は、友人と翻訳ソフトでよく見ていますが、海外のマスコミのほうが公平なのは、日本のマスコミのレベルを感じずにはいられないですね。

これからも応援、よろしくお願いします。

投稿: Maria | 2008年11月24日 (月) 01時43分

☆ddさま mariaさま

こんばんは!
コメントありがとうございます。
正直なところ、3位という結果はやや複雑な気持ちです。

昨シーズン、そしてそれ以前と比べても、村主さんはこれまでにない大きな進化をしてきていて、連続して表彰台という結果は本当に素晴らしいと思います。
ただ、SPが素晴らしかっただけに、SPのような終始気迫と闘志みなぎるノーミスの演技をして表彰台の真ん中に立って欲しかったな~という気持ちもあり、惜しかった!あと一歩だったのに!とも思います。

千香さんのブログに、スケートって難しいという言葉がありましたが、本当に様々な要素が絡み合って、そしてトップレベルの選手の争いでは、試合でその複雑な要素をいかにコントロールするか、本当にほんの少しの違いなのだろうなと思います。

次回はSP、FSともノーミス演技を期待しています(^^)

国内と海外メディアの扱い。
村主さん、そして中野さんなど他の選手に関しても言える事なんですが、日本のマスコミも、もっとしっかりと評価して欲しいなと思うことが個人的には多いです。


☆ddさま

>それでも内容を理解
いえいえ、内容はほぼ理解出来てません。何となく単語から伝わる意味から察するに、記事の大まかな雰囲気が伝わったという程度です(笑)
翻訳、ありがとうございます。
記事の全貌がようやく理解できました(^^)

>3位という結果だけ考えると確かにとても残念なのですが、これもトリノからバンクーバーまでの長い道のりの出来事のひとつということを再認識すると、章枝さんのこれまでの戦いと進化に敬意を表さずにはいられません。

私も全く同感です!!

>あちらでもタカコさんのこのコメントと記事の紹介を

もちろんOKです!
いつもありがとうございます。

☆mariaさま

>村主選手は最後まで諦めず、最後の最後に難易度の高い技にチャレンジ。さすがです。

私も含めて多くの人間は、何かしら理由をみつけて、夢や目標に辿り着けないことに言い訳してしまいます。
しかし、これまで彼女が試合を諦めたり、投げたり、腐ったりしたのを見たことが無いというのも、私が村主さんを応援したくなる理由の一つです。

一年一年、一日一日、モチベーションを保つのは本当に大変なことだと思います。
精神的にも肉体的にも。
村主さんのチャレンジしつづける姿勢は、アスリートとして、ひとりの人間として本当に素晴らしいと思います。
そして何より、スケートを本当に愛しているのが見ていて伝わってくるのも村主さんを好きな理由の一つです(^^)

☆次の試合も応援しましょう!!

投稿: 渡辺タカコ | 2008年11月24日 (月) 03時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GPSロシア杯・結果速報<村主選手は三位>:

« GPSロシア杯<女子SP村主選手が1位> | トップページ | Amazonでキモノ »