« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

凱旋!

Dscf0360weblog

トロフィー&メダルを手に満面の笑みの美幸ちゃん。(頭上には「てん」(ところてん)の品書きが・・・・笑)

チーズの世界大会であるインターナショナル・カゼウス・アワード2009で井上裕子さんとともに世界2位に輝いた(元ANA同期で現在は田崎真也ワインサロン支配人の)村瀬美幸ちゃんが帰国しました!というわけで、成田に出迎えに行ってきました。

「トロフィー見る?」と言ってくれたので、

「もちろん!見せて~~~!」とリクエスト@空港内の和食屋。

(周囲のお客さんにトロフィーをチラ見されてました・笑)

それから、審査結果の詳しい採点内容など見せてくれて、あれこれ競技の模様を教えてくれました。

いや~、本当に凄いです!!

当日の大会の動画がネットで見られるので興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。

http://sirha.get-live.tv/evenement/International-Caseus-Awards

(私はチーズのことは全く詳しくないのですが、)

日本のチーズのみならず、美しい器との調和、桜茶やさくらワイン、桜をテーマにしたトータルの演出を含めて、

日本の良き文化、季節感や詩的なものを愛する心、伝統と新しいもの、日本の美しさを伝えたいという心のこもった日本代表のプレゼンテーションは感動モノでした。

何と言うか、日本人として誇らしかったです!

審査発表の動画は、既に結果を知っていながらドキドキして、「ジャポン!」と呼ばれた時には「やった~!!」と、叫びながら見てしまいました。

今回の受賞でいろいろな方から「おめでとう!」というお祝いのメールや電話を受けたそうなのですが、田崎真也さんだけが「おめでとう。でも残念だったね」とおっしゃったそうです。この言葉には、厳しさと愛と信頼を感じます。そして、「世界一」という称号を持つ方だからこその言葉なのだと・・・。

夜になって美幸ちゃんからもらったメールに、「やっぱり1位のほうがよかったけれど、まだまだ自分には足りないところがあるというサインだと思って・・・」という言葉がありました。

彼女はこれから活躍の場もますます広がり、日本でのパイオニア的存在としてより多くの人たちに認知される存在になることと思います。

あらためて、おめでとう!!

素晴らしいチャレンジに感動と元気と幸せをもらいました。

(ブログ内 関連記事) 

http://takakowatanabe.cocolog-nifty.com/photoblog/2009/01/post-a87f.html

http://takakowatanabe.cocolog-nifty.com/photoblog/2009/01/international-c.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

早いもので

Dscf0269weblog

D300ダウン中につき、大活躍のFINEPIX F100fd。デジ版ナチュラという感じ。

コンデジたのしい(^^)

早いもので、今年も間もなく12分の1が過ぎようとしている。

気合を入れなおさねば!!

これから一年間は、私にとって特に大事な一年になるに違いないし、そうしなければならないのだけれど、人生において優先すべきことを最優先しないと、激しく後悔するとあらためて痛感。

肝に銘ずる。

(でも忘れっぽいので、ブログにも備忘録。)

強くなるぞ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

ちょっと遅めの新年会

ダイヤモンド社の土江編集長主催の新年会に行ってきました。

以前から一度行ってみたかったミシュラン東京一つ星の神楽坂ラリアンスをど~ん!と貸しきってのパーティでした。

参加者は、マスコミ、出版関係、映像関係、クリエーター、経営者、作家、アナウンサー等々・・・総勢なんと300名。

しかも、土江さん個人主催の内輪の会というのがすごい!(知り合いも何人か参加しているようだったので、久々に話がしたいな~と思っていたのだけれど、最後まで見つからなかった・笑)

元気でパワフルな方ばかり。

会場は熱気にあふれていました。

Dscf0340web

二階席でまったりしている時に、隣のソファーでまったりゆったり過ごす美女と目が合った!青いドレスに身を包んだS社の麻央さんと一緒に写真を撮ってもらいました♪とってもせくすぃ~で素敵な方でした(^^)

Dscf0347web

某証券の高橋さんとIT社長・長沼さんとも記念撮影。

(こちらの二人は、来月の青梅マラソンに向け準備中。高橋さん、ホントに間に合うのか!?この後、長沼さんの奥さんも合流して二次会に・・・)

あっという間に時は過ぎ・・・

閉会間際に慌てて目の合った方とご挨拶。

初めて会った方なのに、名刺交換してみたら知り合いの知り合いだったり。

世の中狭いというか、それにしても不思議なご縁を感じたり・・・。

参加者の皆さんからポジティブなエネルギーを沢山いただいた会でした。

いつも素敵な出会いと楽しい会をプレゼントしてくださる土江さんに感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更新情報

あちらのブログを更新しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

オウケイウェイヴ兼元社長<ホームレス体験からの起業>

オウケイウェイヴ(名証セントレックス3808)の兼元謙任社長とラジオNIKKEIの番組で対談しました。<続き>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

International Caseus Award 2009<二位入賞!>

フランスのリヨンで24日(現地時間)開催されたチーズの世界大会「インターナショナル・カゼウス・アワード 2009」で、村瀬美幸ちゃん&井上裕子さんの日本代表ペアが見事2位になりました!優勝は、地元フランスでした。

以前、このブログでもご紹介したANA同期の村瀬美幸ちゃんの世界チャレンジ、

http://takakowatanabe.cocolog-nifty.com/photoblog/2009/01/post-a87f.html

強豪揃いの12カ国の中で(しかもアウェーの地で)2位という成績は本当に凄い!!

そして、美幸ちゃんから携帯に歓喜の留守電が。゜゜(´□`。)°゜。もう、本当に嬉しくって嬉しくって涙が出ちゃいました!!一日興奮気味。(「気味」というか、「大興奮」)

やっぱり成田で日の丸振ってプレッシャーかけたのも良かったのかも・・・というのは冗談で(笑)彼女の日々の努力の積み重ねが見事に形になりました!!

好きなことをひたむきに努力している友人が世界の舞台で活躍するって本当に嬉しいな~。

彼女のチャレンジには、本当にたくさんの元気と幸せをもらいました。

おめでとう!!

_dsc2219weblogmini

やったね!美幸ちゃん!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

オバマ大統領就任<気になるあの問題>

オバマ新大統領就任式。未明の中継を見て、もろもろ感じるところあり。私も久々に長いブログ日記を書きましたよ。が、しかし・・・。投稿しようとしたら「1M以上は投稿できません」。うっ・・・。どないなっとるねん!o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!かなり削っても投稿できず。(そもそもどんだけ長いんだよ!って感じだが)気力喪失。 こりゃ「かたい話を長々書かずに、お前はゆるネタを書けっ」ていう神の思召しかもしれん。(そんな細かいこと思し召す神はいないと思うが)

☆ここから本題。就任式で気になったこと。

首都ワシントンには歴史的瞬間に立ち会おうと、約200万人が駆け付けたそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090121-00000642-san-int

フライトで何度も訪れた場所だけに、人で埋め尽くされた首都の光景は「あそこからあそこまで人で埋まってるのか!」と、そのスケールと新大統領へのアメリカ国民の期待をあらためて感じた。

そこで、気になったのがトイレ問題である。

一体どう対処したのだろう。

大量に仮設トイレとか設置したのだろうか?

どうでもよいけど気になるトイレ問題。

だって200万人ですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

オバマ大統領就任演説

バラク・オバマ新大統領が20日(日本時間21日午前)、連邦議会議事堂前での就任式で宣誓し、第44代大統領に就任。約18分間の就任演説。

以下、備忘録的に就任演説全文。

My fellow citizens:

I stand here today humbled by the task before us, grateful for the trust you have bestowed, mindful of the sacrifices borne by our ancestors. I thank President Bush for his service to our nation, as well as the generosity and cooperation he has shown throughout this transition.

Forty-four Americans have now taken the presidential oath. The words have been spoken during rising tides of prosperity and the still waters of peace. Yet, every so often the oath is taken amidst gathering clouds and raging storms. At these moments, America has carried on not simply because of the skill or vision of those in high office, but because we the people have remained faithful to the ideals of our forebears, and true to our founding documents.

So it has been. So it must be with this generation of Americans.

That we are in the midst of crisis is now well understood. Our nation is at war, against a far-reaching network of violence and hatred. Our economy is badly weakened, a consequence of greed and irresponsibility on the part of some, but also our collective failure to make hard choices and prepare the nation for a new age. Homes have been lost; jobs shed; businesses shuttered. Our health care is too costly; our schools fail too many; and each day brings further evidence that the ways we use energy strengthen our adversaries and threaten our planet.

These are the indicators of crisis, subject to data and statistics. Less measurable but no less profound is a sapping of confidence across our land — a nagging fear that America's decline is inevitable, and that the next generation must lower its sights.

Today I say to you that the challenges we face are real. They are serious and they are many. They will not be met easily or in a short span of time. But know this, America — they will be met.

On this day, we gather because we have chosen hope over fear, unity of purpose over conflict and discord.

On this day, we come to proclaim an end to the petty grievances and false promises, the recriminations and worn out dogmas, that for far too long have strangled our politics.

We remain a young nation, but in the words of Scripture, the time has come to set aside childish things. The time has come to reaffirm our enduring spirit; to choose our better history; to carry forward that precious gift, that noble idea, passed on from generation to generation: the God-given promise that all are equal, all are free and all deserve a chance to pursue their full measure of happiness.

In reaffirming the greatness of our nation, we understand that greatness is never a given. It must be earned. Our journey has never been one of shortcuts or settling for less. It has not been the path for the faint-hearted — for those who prefer leisure over work, or seek only the pleasures of riches and fame. Rather, it has been the risk-takers, the doers, the makers of things — some celebrated but more often men and women obscure in their labor, who have carried us up the long, rugged path towards prosperity and freedom.

For us, they packed up their few worldly possessions and traveled across oceans in search of a new life.

For us, they toiled in sweatshops and settled the West; endured the lash of the whip and plowed the hard earth.

For us, they fought and died, in places like Concord and Gettysburg; Normandy and Khe Sanh.

Time and again these men and women struggled and sacrificed and worked till their hands were raw so that we might live a better life. They saw America as bigger than the sum of our individual ambitions; greater than all the differences of birth or wealth or faction.

This is the journey we continue today. We remain the most prosperous, powerful nation on Earth. Our workers are no less productive than when this crisis began. Our minds are no less inventive, our goods and services no less needed than they were last week or last month or last year. Our capacity remains undiminished. But our time of standing pat, of protecting narrow interests and putting off unpleasant decisions — that time has surely passed. Starting today, we must pick ourselves up, dust ourselves off, and begin again the work of remaking America.

For everywhere we look, there is work to be done. The state of the economy calls for action, bold and swift, and we will act — not only to create new jobs, but to lay a new foundation for growth. We will build the roads and bridges, the electric grids and digital lines that feed our commerce and bind us together. We will restore science to its rightful place, and wield technology's wonders to raise health care's quality and lower its cost. We will harness the sun and the winds and the soil to fuel our cars and run our factories. And we will transform our schools and colleges and universities to meet the demands of a new age. All this we can do. All this we will do.

Now, there are some who question the scale of our ambitions — who suggest that our system cannot tolerate too many big plans. Their memories are short. For they have forgotten what this country has already done; what free men and women can achieve when imagination is joined to common purpose, and necessity to courage.

What the cynics fail to understand is that the ground has shifted beneath them — that the stale political arguments that have consumed us for so long no longer apply. The question we ask today is not whether our government is too big or too small, but whether it works — whether it helps families find jobs at a decent wage, care they can afford, a retirement that is dignified. Where the answer is yes, we intend to move forward. Where the answer is no, programs will end. Those of us who manage the public's dollars will be held to account — to spend wisely, reform bad habits, and do our business in the light of day — because only then can we restore the vital trust between a people and their government.

Nor is the question before us whether the market is a force for good or ill. Its power to generate wealth and expand freedom is unmatched, but this crisis has reminded us that without a watchful eye, the market can spin out of control — and that a nation cannot prosper long when it favors only the prosperous. The success of our economy has always depended not just on the size of our gross domestic product, but on the reach of our prosperity; on our ability to extend opportunity to every willing heart — not out of charity, but because it is the surest route to our common good.

As for our common defense, we reject as false the choice between our safety and our ideals. Our founding fathers ... our found fathers, faced with perils we can scarcely imagine, drafted a charter to assure the rule of law and the rights of man, a charter expanded by the blood of generations. Those ideals still light the world, and we will not give them up for expedience's sake. And so to all the other peoples and governments who are watching today, from the grandest capitals to the small village where my father was born: know that America is a friend of each nation and every man, woman, and child who seeks a future of peace and dignity, and that we are ready to lead once more.

Recall that earlier generations faced down fascism and communism not just with missiles and tanks, but with sturdy alliances and enduring convictions. They understood that our power alone cannot protect us, nor does it entitle us to do as we please. Instead, they knew that our power grows through its prudent use; our security emanates from the justness of our cause, the force of our example, the tempering qualities of humility and restraint.

We are the keepers of this legacy. Guided by these principles once more, we can meet those new threats that demand even greater effort — even greater cooperation and understanding between nations. We will begin to responsibly leave Iraq to its people, and forge a hard-earned peace in Afghanistan. With old friends and former foes, we will work tirelessly to lessen the nuclear threat, and roll back the specter of a warming planet. We will not apologize for our way of life, nor will we waver in its defense, and for those who seek to advance their aims by inducing terror and slaughtering innocents, we say to you now that our spirit is stronger and cannot be broken; you cannot outlast us, and we will defeat you.

For we know that our patchwork heritage is a strength, not a weakness. We are a nation of Christians and Muslims, Jews and Hindus — and non-believers. We are shaped by every language and culture, drawn from every end of this Earth; and because we have tasted the bitter swill of civil war and segregation, and emerged from that dark chapter stronger and more united, we cannot help but believe that the old hatreds shall someday pass; that the lines of tribe shall soon dissolve; that as the world grows smaller, our common humanity shall reveal itself; and that America must play its role in ushering in a new era of peace.

To the Muslim world, we seek a new way forward, based on mutual interest and mutual respect. To those leaders around the globe who seek to sow conflict, or blame their society's ills on the West — know that your people will judge you on what you can build, not what you destroy. To those who cling to power through corruption and deceit and the silencing of dissent, know that you are on the wrong side of history; but that we will extend a hand if you are willing to unclench your fist.

To the people of poor nations, we pledge to work alongside you to make your farms flourish and let clean waters flow; to nourish starved bodies and feed hungry minds. And to those nations like ours that enjoy relative plenty, we say we can no longer afford indifference to the suffering outside our borders; nor can we consume the world's resources without regard to effect. For the world has changed, and we must change with it.

As we consider the road that unfolds before us, we remember with humble gratitude those brave Americans who, at this very hour, patrol far-off deserts and distant mountains. They have something to tell us, just as the fallen heroes who lie in Arlington whisper through the ages. We honor them not only because they are guardians of our liberty, but because they embody the spirit of service; a willingness to find meaning in something greater than themselves. And yet, at this moment — a moment that will define a generation — it is precisely this spirit that must inhabit us all.

For as much as government can do and must do, it is ultimately the faith and determination of the American people upon which this nation relies. It is the kindness to take in a stranger when the levees break, the selflessness of workers who would rather cut their hours than see a friend lose their job which sees us through our darkest hours. It is the firefighter's courage to storm a stairway filled with smoke, but also a parent's willingness to nurture a child, that finally decides our fate.

Our challenges may be new. The instruments with which we meet them may be new. But those values upon which our success depends — hard work and honesty, courage and fair play, tolerance and curiosity, loyalty and patriotism — these things are old. These things are true. They have been the quiet force of progress throughout our history. What is demanded then is a return to these truths. What is required of us now is a new era of responsibility — a recognition, on the part of every American, that we have duties to ourselves, our nation, and the world, duties that we do not grudgingly accept but rather seize gladly, firm in the knowledge that there is nothing so satisfying to the spirit, so defining of our character, than giving our all to a difficult task.

This is the price and the promise of citizenship.

This is the source of our confidence — the knowledge that God calls on us to shape an uncertain destiny.

This is the meaning of our liberty and our creed — why men and women and children of every race and every faith can join in celebration across this magnificent Mall, and why a man whose father less than sixty years ago might not have been served at a local restaurant can now stand before you to take a most sacred oath.

So let us mark this day with remembrance, of who we are and how far we have traveled. In the year of America's birth, in the coldest of months, a small band of patriots huddled by dying campfires on the shores of an icy river. The capital was abandoned. The enemy was advancing. The snow was stained with blood. At a moment when the outcome of our revolution was most in doubt, the father of our nation ordered these words be read to the people:

"Let it be told to the future world ... that in the depth of winter, when nothing but hope and virtue could survive...that the city and the country, alarmed at one common danger, came forth to meet (it)."

America, in the face of our common dangers, in this winter of our hardship, let us remember these timeless words. With hope and virtue, let us brave once more the icy currents, and endure what storms may come. Let it be said by our children's children that when we were tested we refused to let this journey end, that we did not turn back nor did we falter; and with eyes fixed on the horizon and God's grace upon us, we carried forth that great gift of freedom and delivered it safely to future generations.

Thank you. God bless you. And God bless the United States of America.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

大相撲中継

昨日、初場所8日目の大相撲中継。

取り組みはもちろん、実況・解説も最高に面白かった。

ゲスト解説が元横綱の輪島さんとデーモン小暮閣下。

輪島さんは、今回が初解説。

1985年12月に相撲協会を辞職してから初めて本場所の土俵を観戦したそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090118-00000075-jij-spo

出演にあたり、1週間かけて相撲界の現状を勉強したという。

知識豊富なデーモン小暮閣下とのやりとりは絶妙で、あっという間に放送終了。

どんなスポーツ中継にも言えることだけれど、そのスポーツへの愛と敬意が感じられる実況・解説は聞いていて気持ちが良い。そして、客観的で豊富な知識やデータに基づくコメントは聞きごたえがある。

是非また今回の組み合わせで放送して欲しいものだと思った。

余談。

アナウンサーは、デーモン小暮閣下のことを「デーモン小暮閣下さん」と呼んでいた。(さすがNHK。)

となると・・・サンプラザ中野くんは「サンプラザ中野くんさん」になるのだろうか。

(ほんとに余談でした。)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年1月18日 (日)

故障?

_dsc2336weblog

先週からD300のAEの調子がおかしい・・・。

使い方をちゃんと把握していないのかも(そうであって欲しい!)と思って取説をくまなく読んだけど、やっぱり故障かな。

メンテに出さなきゃ。(;´Д⊂

故障といえば、テレビ。

音だけしか出なくて、たま~に画像が出る。

たま~にだから、画像が出ている時間を無駄に出来ないという気に。

金曜日なんて、「L チェンジザワールド」と「ラブシャッフル」をザッピング。よくぞこれだけテイストの違うものを・・・と自分で呆れつつ。無駄にしちゃならん!などど思いつつ。

加えて、ウチの母が「そろそろDAIGOが出るからチャンネル戻して!」と激しくリクエストするもんで・・・。

恐るべし、ウチの母。恐るべしDAIGO。

それにしても、最近立て続けに色んなものが壊れて、なかなかテレビの買い替えに踏み切れんです。

アメリカでは、液晶テレビが相当値崩れしているらしいから、価格破壊の波が到来するのを待ちますか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

日本代表・村瀬美幸ちゃんの世界チャレンジ

_dsc2217weblog

今日は、ANAの同期で現在は田崎真也さんのワインサロンの支配人をしている友人・村瀬美幸ちゃんを見送りに成田まで行ってきました。

彼女は、フランス・リヨンで開催されるチーズの世界大会「インターナショナル・カゼウス・アワード(ICA 2009)」に日本代表として出場します!

2007年に続き、二度目の挑戦。(前回の世界大会では4位)

今回は是非とも優勝してほしいので、空港で日の丸を振ってプレッシャーをかけてきました(笑)

ホントは専属カメラマン&日の丸応援団、あんど荷物持ちでフランスまで同行したかったんだけどな~。燃油サーチャージめ!予算不足につき成田で全力応援(^^)

Dscf0304webmini

↑(ちなみに、ANA訓練生時代の私たちの写真はここ 私たちがどんな訓練生だったかはまたの機会に・・・)

出発前に空港の韓国料理店で久しぶりに一緒に食事をしながら、お互いのキャリアチェンジについても話をしました。

「美幸ちゃんは、本当に凄いね」と言ったら、

「こんなことになるなんて全く考えてもいなかったよ。好きだから続けていたらいつのまにかって感じなんだよね」と話していました。

それってやっぱり凄いよ、美幸ちゃん!!

いかに自分が幸運だったか、田崎真也さんやソムリエの先輩方との出会いや、これまでの成り行き、いろんな人の後押しがあって自然な流れで今があるということを語ってくれました。

私も彼女が言うように人生には「運」や「出会い」や「タイミング」がとても大切だと思います。成功には絶対に必要なこと。でも、それだけで成功することも絶対にありえない。

「このままでは、どんなに努力しても叶わないことがあるということを私が証明してしまうことになる。好きなことを続けることに大きなパワーがあることを証明したい。」そのような主旨の言葉を、フィギュアスケートの村主章枝さんが、惜しくも表彰台を逃したトリノ五輪の後に話していたのを思い出します。そして今季、再び世界の舞台の表彰台に戻ってきた村主さん。その進化と努力の軌跡に感動しました。

美幸ちゃんは、村主さんのように何かを証明するためにとか、多分そういうことは考えていないと思うんだけど(笑)世界を舞台に活躍している人は、どこか共通点があるように思いました。

そして、理不尽なことや希望を見出すのが難しいことも多い世の中で、好きなことをひたむきに続けている人や懸命に努力している人を応援することで、私たちはどれほど大きなパワーをもらっていることか。

美幸ちゃんを応援しにいったつもりが、私の方が沢山たくさん元気をもらってきちゃいました!

目指せ世界一!!

_dsc2219weblogmini_2

_dsc2226weblogmini_3

頑張れ、美幸ちゃん(^^)おもいっきり期待してるからね!!

<大会結果などブログ内の関連記事>

http://takakowatanabe.cocolog-nifty.com/photoblog/2009/01/international-c.html

http://takakowatanabe.cocolog-nifty.com/photoblog/2009/01/post-cb02.html

_dsc2305weblog

| | コメント (2) | トラックバック (0)

体験・ニセモノ親子

Dscf0259weblog

カワイイ顔して、我が家の庭に・・・・(以下自粛)。コラッ!!

私の母と叔母は、背格好も雰囲気も非常によく似た姉妹。

子供の頃、母だと思ったら叔母だった・・・なんてことが何度もあった。

父も間違って叔母に「おいっ」と呼びかけたことがあるらしい(苦笑)

子供や旦那が間違うくらい良く似ていましたよ。というお話。

で、本題。

本日、駅の階段を下りていたら、幼稚園くらいの女の子が私の手をぎゅっと握ってきた。

びっくりして彼女を見たら・・・

なんと、反対側の手はお父さんと握っている・・・。!!(゚ロ゚屮)屮

リアクションに困りつつ、「母性本能」ってほどのもんじゃないけど、階段の途中で小さな子の手を振りほどくのも危ないんじゃないかと思い、手をつないだまま

しばしニセ親子を演じてしまいました。

(↓こんな感じで)

「(^^;)┌┐(^0^)┌┐(´-`)┌

(ニセ母 ― 子供 ― 父親)

子供が「あれ?間違った・・・」と気付くまで恐らく10秒あったかなかったかでしたが、非常~に長く感じられ・・・。

その後、ホンモノのお母さんがどれほど私と似ているのか確かめようとキョロキョロしてみたのだが、その場にはどうも見当たらず。

う~む・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

コムチュア・向社長<二度のピンチをチャンスに>

コムチュア(JASDAQ3844)の向浩一社長とラジオNIKKEIの番組で対談しました。<続き>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

養老孟司さんの

_dsc2188weblog

霜柱が昼になっても融けず。

猫体質な一日を過ごす。

猫といえば・・・。

文藝春秋 2009年 02月号 [雑誌]

いくつか読みたい記事があって購入したのだけれど、

養老孟司先生の猫に爆笑!

堂々たる体格。よそ様の猫ながら、運動したほうが・・・などと思ったりするわけですが。

重そうに&大事そうに抱えてニンマリしている養老先生の猫っ可愛がりぶりがうかがえます。どんだけ甘やかしているんだか(笑)

↑なんと、本まで出していたらしい。

養老先生、メロメロですな。

表紙の写真を撮影した時分はまだ可愛い子猫だったようで・・・。

今でも可愛いですが・・・育ちすぎ!(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

折れた

とっても美味しいんだけど、やたらと硬いかりんとう。

前歯が折れそうなので手で割っていたら・・・。

爪が折れました。

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

歯じゃなくて良かった!

強運、強運。(ということで)

つ~か、どんだけ硬いんだ!!

☆頑張っている友人の世界チャレンジを現地まで応援しに行きたいと思い、あれこれ調べていたら・・・。

ビッグイベント開催の影響でマイレージ利用はキャンセル待ち。

取れなかった場合を考えてネットでチケットを探したら思ったよりも安い。

しかし、燃油サーチャージが!(マイレージ利用にしてもサーチャージがかかる)

原油相場暴落後のサーチャージの下げ幅がもう少し大きくてもいいんじゃないかと思うのはワタシだけ?

う~ん。もろもろ予算オーバーかも。_| ̄|○

日の丸持って応援に行きたいのにな。

成田で見送りか?!(;´▽`A``

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

痛快!イチオシの本

昨日、仕事帰りに駅構内のブックショップで買った本。

世界一細い「痛くない注射針」でおなじみの岡野工業の岡野雅行さんの人生は勉強より「世渡り力」だ! (青春新書インテリジェンス) がめっぽう面白い。

岡野さんは1933年東京都墨田区生まれ。社員6人の町工場・岡野工業株式会社を経営している。そして、現役の職人さんだ。

針穴直径が0.08ミリという世界一細い「痛くない注射針」や、携帯電話の小型化を可能にしたリチウムイオン電池ケースの量産化等により「世界一の職人」として知られている。

岡野さんはこれまでメディアでもさんざん取り上げられてきたし、インタビューなども目にしたことがあった。

凄い職人であり面白い社長さんだということは知っていた。

が、それにしても痛快!

本質的な話の内容もさることながら、べらんめえで下町のオヤジさん調の文体が楽しい。

帰りの車内で完読。家に帰ってもう一度面白かったところを拾い読み。

☆重要な情報が飛び交う集まりに「あいつを呼ぼう」と言われるには

☆何倍にもなって返ってくるお金の使い方

☆言いにくいことをキッチリ伝え、意見を通す方法

☆自分のアイデア・ノウハウを守る方法などなど

なるほど!

ごもっとも!!

と思うこと多々。

諦めない、そして自分を信じきる力。

町工場のオヤジさんとして、超一流の職人としての誇りを保ちながら、その技術力と発想で大手企業と渡り合ってきた岡野さんのマーケティング力と渡世術には学ぶことが多い。

そして、これまたこのタイプのオヤジさんにありがちな若干の眉唾話&与太話も(笑)

義理人情を大事にしながらも、鼻持ちならない嫌な奴や人の足を引っ張るような奴に対するチョイ悪な渡世術も披露している。

これが爆笑。腹を抱えて笑ってしまった!

どこまでが本当の話で、どこまでが風呂敷なんだか判らないところも含めて。

そして、「世界一の職人」としての岡野さんの仕事に対する取り組み、発想と経験に基づいた勘を信じて不可能を可能にするその才能にはあらためて感動する。

「特許」をとるなら大手と組む。だけど本当に凄い技術は特許なんてとらなくても誰も真似できない。

これぞ世界一の職人!!

あれこれもっと詳しく書きたいんだけど、あまりに面白いからやめておく(笑)

お薦めしたくないくらいのお薦め本。

笑って、感動して、元気が出る本。

この本は定価以上の価値がある!(断言)

こりゃ中古で安く買っちゃぁいけないね。バチがあたるってもんだ。てな感じで。(岡野さん調で)

何倍にもなって返ってくるお金の使い方としては是非、新品・定価で買いましょう(笑)

あぁ、今年はやっぱり強運。

どんな本と出合うかも一つの運だもんね。

新年の読書運は上々の出足。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仕事始め<アップ&ダウン>

昨日は仕事始め。

ラジオ収録に行ってきました。

新年って、前の年がどんなに暗くても、一旦気持ちがリセットできるし、なんとなく華やいでいて、みんな笑顔でいいなぁとあらためて思った。

きっと皆気持ちの中に「今年はやるぞ!」という新たな誓いとか前向きな目標が各々あるからなんだと思う。

新年の対談ゲストも人生経験豊かな素晴らしい方でした!

この話はまた別途アップします(^^)

収録後は今年からの新たな第一歩のそのまた第一歩。

一年間の目標に近づくための・・・。

これまた良いご縁が。

ある意味必然なのだけど、なんという偶然!ちょっとびっくり。

良い方向に動き始めている感じ。

あせる必要は無いけれど、スピードも必要。

気分良く気合も充実した仕事始め。

☆と、思って家に帰ったら・・・が~~~ん!!

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

pcがやられました。

しかも3台同時。

ありえない!!

一台はそろそろお疲れなのかも・・・。もう完全に立ち上がりません。

メインの一台はIEをアップグレードした途端に、あれもこれおかしくなった。つ、使えん!しかもフリーズしっぱなし。

もう一台は通信ソフトが他のソフトとどうもかみ合ってなくて・・・。何度接続しようとしてもシャットダウンされちまう。

くぅ~~~。

昨夜から今朝にかけてようやくメインの一台を復旧しましたよ。

どないなっとんねん!IE7!!

って、ワタクシだけの現象なのかな。

とりあえず、前のバージョンに戻しました。

あぁ、それにしても。昨日は超・モチベーションが高かったので調子に乗って書きたい原稿もあったのに。

時間を返して~!(ρ_;)

こ、こんなことではめげませんぞ!

いやはや、それにしても。

もはやパソコンなしでは一日たりとて安心して過ごせない個人事業主のワタクシですよ。

やっぱりいざという時のパソコン購入用貯金箱が必要かもな(原始的だけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

三箇日備忘録

_dsc1949weblog

凝視・・・

今年は初っ端に初詣も済ませ、三箇日はほぼ家に篭りっきりで、やったことといえば年賀状作りくらい。

かなり頑張ったけど、書こうと思った半分くらいの枚数しか書けなかった。

やっぱり何事も目標の半分できれば上々なのかも。ってことは目標は適度に高く持たないとな・・・。(つ~か、今回の年賀状は、いくらなんでも準備が遅すぎっ!今年は明日から準備を始めるぞ!まずは住所録づくりじゃ!!)

などと思いつつ、ほとんどぼーっとして過ごした。

そして「見つけてしまったかもしれない」と思えることがひとつ。

小さな

以上、本日は備忘録。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅ればせながら

読んでみました。

「脳にいいこと」だけをやりなさい!

自己啓発本の類は、どうも自分の性分に合わなかったり、一冊の中に矛盾を見つけてしまったり、いろんな意味でウソっぽさを感じてしまったりすると、私の場合、そりゃもう強い拒絶反応が起きてしまうのですが、 これは良かったです!

まさに「脳にいい」本でした。

脳の使い方がうまい人の特徴、脳のすごい力を引き出す方法、脳にポジティブな回路をつくる方法、人とのつきあいかたなどなど・・・

実践しやすく、しかも効果大。(でも夜型だけはなかなか修正できないんだよなぁ

ヒット本なので既に読んだ人も多いと思いますが、おすすめの一冊!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

年越し&初詣

2008-2009の年越しの出来事。

大晦日の夜、おせち料理を作り終えてから(主に作ったのは母で、私が作ったのは伊達巻だけ)近所の酒屋に年賀状を買いに行くも売り切れ。

あちこちコンビニを渡り歩き、ようやく必要枚数をかき集める。

ほっとしたのもつかの間。PCを開いたら、年賀状ソフトが入っていなかったことに気付く。

持っているソフトがアップグレード版で(しかも04年購入)、あれこれ面倒くさいので、以前使っていたPCを開く・・・。が、しかし!電源を入れると「ピ~ッ!」というアラート音。何度やっても立ち上がらず。壊れた???

WINDOWSの取説をひっぱり出すのも面倒だし、

(どっちも面倒なんだけど、面倒度がより軽微な選択として)やむなく新しいPCに古い年賀状ソフトを入れなおして、外付けHDDから住所録のファイルを探し・・・。

ソフトをインストールしたところで日付変わって新年に。近所のお寺から除夜の鐘が聞こえる。

「ゆく年くる年」と言えば・・・初詣でしょ!さっさとPCを閉じ、近所の神社に向かう。

すると・・・凄い人出。「この街はこんなに住民が居たのか?」と思うくらいの。

いや、ホント。全く有名な神社ではなくてですね、本当に近所の人たちしか行かない下町の小さな神社なんですよ。やはり不況の影響なのか「神頼み」が多いのかもしれない。

そして初詣も「安・近・短」傾向と見ました。

(「安」という言葉にはけしからん!とのご指摘もありそうだけど、人出の割りに破魔矢などの売れ行きはイマイチだったらしいです。そういう意味での「安」。ちなにみお賽銭の傾向は現時点では調査不足にて不明。調査する予定も無いけど・・・。)

というわけで、境内に入るまで行列に並ぶこと3、40分。
Dscf0250web

あまりの寒さに身を震わせていたら

Dscf0247web

町内会の人から「女性限定ね」とチョコをもらいました(笑)

参拝をすませてから、町内会の人たちが作ってくれた振る舞いをいただきました。

Dscf0253web

豚汁。

Dscf0255web

甘酒。

いや~、おいしかった。五臓六腑、身体全体に広がる温かさ。

境内は振る舞いを頂く人とこれから参拝する人で溢れかえり・・・。

ご近所の人と挨拶を交わしつつ、見渡せば、みんなの表情からは明るい新年を願う気持ちと希望のようなものがどことなく感じられました。

それにしても寒かった。

寒風の中に長時間居て家に帰ったら、普段は寒いと感じるボロ屋の自宅でも本当に暖かいなと感じました。雨風をしのげる寝床があるって幸せだなと。つくづく。

そして、家と仕事を同時に失うって、本当につらいことだし冬場や真夏は命に関わることだとあらためて思う。

新年の景気回復を祈りつつ、今年はとにかく必死で働こうと決意した。

********************************

で、年賀状。

ただいま作成中。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009謹賀新年

_dsc2086weblog

あはっぴぃにゅ~いにゃ~ん♪

新年あけましておめでとうございます。

いよいよ新しい年がスタートしました。

一年の計は元旦にあり。私の賀状作成も本格スタートしました。←おい!

今年は良い星回りとのことなので、その運気にあやかりつつ(笑)昨年以上に猫と遊びながらパワーをチャージしつつ、前に向かって進んでいけたらと思います。

皆様新年もどうぞよろしくお願いいたします。

お互いに、明るくあたたかい一年にしましょう(^^)

新年が皆さんにとってスバラシイ一年となりますよう心からお祈りします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »