« つれづれ<そろそろGW> | トップページ | ドラッグストアの売れ筋 »

2009年4月24日 (金)

『左遷の哲学』

昨夜の『ニュースJAPN』(フジ)で解説委員の箕輪さんが紹介していらした。

左遷の哲学―「嵐の中でも時間はたつ」(伊藤肇氏著)

昭和53年からのロングセラーらしい。

早速買いました。

目次をチェックすると相当興味深い。

(ちなみに、ニュースJAPANの解説でもお馴染みの箕輪さんの座右の銘は「志」そして「常に弱者の視点を忘れないでいたい。」だそうです。)

GWに読む一冊に加えました。

|

« つれづれ<そろそろGW> | トップページ | ドラッグストアの売れ筋 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『左遷の哲学』:

« つれづれ<そろそろGW> | トップページ | ドラッグストアの売れ筋 »