« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月24日 (木)

米経済<FOMC声明とスティグリッツ氏発言>

☆FRBは23日、FOMCを開催。終了後に声明を発表。

そして、気になる最近のスティグリッツ氏の発言。

続きを読む

|

2009年9月19日 (土)

資格とキャリア

資格をどのようにキャリアアップにつなげていくかをテーマに番組のインタビューを受けました。

続きを読む "資格とキャリア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

『木枯し紋次郎』HD鑑賞会

Dscf1042weblog

「あっしにはかかわりのねえこって……」流行りましたね~。真似した方も多いのでは?!

365日“時代劇”だけを放送する「時代劇専門チャンネルが、10月からハイビジョン放送の「時代劇専門チャンネルHD」を開局。 この開局を記念して、市川崑監督×中村敦夫主演の名作TVシリーズ「木枯し紋次郎」の放送が決定! テレビ放送に先駆けて行われたハイビジョン試写会(@神保町シアター)。70年代生まれの敏腕ドラマプロデューサーTさんをお誘いして行ってきました。

続きを読む "『木枯し紋次郎』HD鑑賞会"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

要研究

携帯、使いこなせていません。

続きを読む "要研究"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

はじめてのP

緊縮財政中なので買い物は出来るだけ控えたかったのですが、

続きを読む "はじめてのP"

| | コメント (2)

2009年9月12日 (土)

7円安

週末までにどうしても見たい&繰り返し見ておかねばならないDVDがあったのだが、

続きを読む "7円安"

| | コメント (0)

2009年9月11日 (金)

ネット広告

某SNSのホームにダイエット食品の広告が。

そして、その直ぐ下のニュース欄に

続きを読む "ネット広告"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

放送業界

総務省が発表した平成20年度の国内放送事業者の収支状況は、

地上系一般放送事業者の最終損益が初の赤字。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02ryutsu09_000040.html

私のような末端は、そりゃ景気が悪いわけですな。 そして、21年度も周囲の様子をうかがう限り極めて厳しい状況が続いているようで。回復すると良いなぁ。

などとのんきなことを言ってる場合ではなく。いやホント……。業界全体が厳しくてもがっつり稼いでいる人はいるわけで。がむばらねばっ。

頑張れ、零細個人事業主!(と、自分を励ましてみました)

続きを読む "放送業界"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いまさらですが<ワードで似顔絵>

54080020webprof_18

↑似てますか?

続きを読む "いまさらですが<ワードで似顔絵>"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

TOKYO PHOTO 2009

Dscf0969web

9月4日から6日まで六本木ベルサーレで開催されていた東京フォト。最終日に行ってきました。

写真自体もプリントも質の高い作品が多く、見ていて気持ち良かった。あ~~~スッキリした!という気分になる展示でした。(数点、照明や映り込みが作品を邪魔しているという点で少々残念な展示もあったけれど作品自体は素晴らしかった。)

コレクターにも見ごたえのある展示だったのではないかと思う。(しかも、「えっ?この作家のこの作品がこの値段でいいの?」と思える「お値打ち」価格の作品も多かった。材料費などつい考えてしまい、作家の利益があるのかなぁと心配になるくらい。絵画などと比べて景気悪化に伴う価格下落がマイルドだといわれる写真だが、それでもかなりお値打ちだと感じた。)

友人(一緒に写真を学んだいわば同級生)も展示をしていたので観に行ったら丁度在廊。

もうひとり展示を観に来ていた(現在プロフォトグラファーとして頑張っている)同級生にもバッタリ。他にも知り合いの作家さんや写真関係者に遭遇したり。なんだか本当にあっちもこっちも繋がっていることが判って、世の中狭い(笑)

会場で話し込んでいたらあっという間に展示終了時間。友人とミッドタウンの虎屋でお茶→イタリアンで夕食。よくよく考えてみたら、教室以外で二人きりでじっくり話すのは初めてだった。近日中の再会を約束して別れた。

☆それにしても……

この経済状況の中で参加している国内外のギャラリーは、作家を育て売り込むのに真剣。そして、写真への造詣と愛情の深さが伝わってくる素敵なギャラリーが多かった。

(更に言えば、今回は日本のギャラリーの方が海外勢よりもパワーがあると個人的には感じた。地の利は差し引かねばならないかもしれないけれど……)

今後の展開に向けたギャラリーの熱い心意気を感じた。

今回の展示の質の高さは、ある意味経済状況が厳しいからこそと言えるかもしれない。

また、景気が悪い時にこそ作家には支援が必要。(私の友人もプリントに関しては企業の支援を受けたそうだ。)

バブルになるとアート活動を支援し、バブルが崩壊すると撤退・縮小する企業も多い。(もちろん株式会社である以上、企業にとっては仕方の無い事情もあるのだけれど)

景気の波に関わらず支援活動を続ける企業には、素直に敬意を払いたいと思う。

他にも「TOKYO PHOTO」について色々書きたいことがあるんだけれど、諸々の事情により(?)今日はこの辺で・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

ツチノコ

一週間ほど前

続きを読む "ツチノコ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

つれづれ

Dscf0822weblog

今年は秋の訪れが早いなぁなどと思いつつ

続きを読む "つれづれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

最近の物欲

緊縮財政中なので買いませんよ。買いませんが・・・・

続きを読む "最近の物欲"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

医療

↑最近あらためて『シッコ』 をじっくり見直したのですが、こんな医療制度だけはごめんです。どんな政権になろうとも、こんな医療制度にだけはならないようにウォッチせねばと思う次第。もし、まだご覧になっていない方は是非!オープニングから恐ろしすぎます。(いろんな意味で)

ちなみに、民主党のマニフェスト2009には・・・

後期高齢者医療制度を廃止し、国民皆保険を守る
【政策目的】
○年齢で差別する制度を廃止して、医療制度に対する国民の信頼を高める。
○医療保険制度の一元的運用を通じて、国民皆保険制度を守る。
【具体策】
○後期高齢者医療制度・関連法は廃止する。廃止に伴う国民健康保険の負担増は国が支援する。
○被用者保険と国民健康保険を段階的に統合し、将来、地域保険として一元的運用を図る。
【所要額】
8500億円程度

医療崩壊を食い止め、国民に質の高い医療サービスを提供する
【政策目的】
○医療従事者等を増員し、質を高めることで、国民に質の高い医療サービスを安定的に提供する。
○特に救急、産科、小児、外科等の医療提供体制を再建し、国民の不安を軽減する。
【具体策】
○自公政権が続けてきた社会保障費2200億円の削減方針は撤回する。医師・看護師・その他の医療従事者の増員に努める医療機関の診療報酬(入院)を増額する。
○OECD平均の人口当たり医師数を目指し、医師養成数を1.5倍にする。
○国立大学付属病院などを再建するため、病院運営交付金を従来水準へ回復する。
○救急、産科、小児、外科等の医療提供体制を再建するため、地域医療計画を抜本的に見直し、支援を行う。
○妊婦、患者、医療者がともに安心して出産、治療に臨めるように、無過失補償制度を全分野に広げ、公的制度として設立する。
【所要額】
9000億円程度

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »