« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月31日 (水)

オリジナルバッグ開発会議

先日、サライの「オリジナルバッグ開発会議」に参加してきました。

雑誌『サライ』と、銀座の老舗鞄店「銀座タニザワ」が、オリジナルバッグ製作の共同開発プロジェクトを始めることになり、プロジェクトの第1回商品開発会議に「サライブロガー」も参加することになったのです。

「銀座タニザワ」は、創業1874年(明治7年)、 会社成立1950年(昭和25年)という老舗中の老舗。

なんと「鞄(かばん)」という字は、タニザワの母体を築いた創業者の谷澤禎三さんが考案したといわれているそうです!

☆さて、今回のオリジナルバッグのコンセプトは、上質な大人のお散歩バッグ。

銀座タニザワさんの試作品を手に取りながら感想や意見を出し合ったのですが・・・。

面白かったです!

会議には男性・女性が参加しましたが、バッグに求める収納性が男性と女性ではかなり異なりました。女性は男性のようにポケットにお財布などを収納することがほとんど無いため、(意外にも?)女性の方がバッグに収納するアイテムが多いのですね。またお財布もポイントカードやクレジットカードでかさ張り大きい。それから化粧品なども・・・。

ところが、求める質感や機能は男女とも、共通点が本当にたくさんありました。

中の物が取り出しやすいこと、バッグの中がごちゃごちゃにならないこと等々・・・。

Dscf1772weblog

銀座タニザワさんのサンプル。すべて日本国内で生産。カジュアルさがありながら、上質。

ショルダーやファスナーなどにも、見た目だけでなく、使いやすさや耐久性、衣服を傷めないことなど様々な配慮と工夫が。

Dscf1773weblog

内部は「タニザワブルー」と呼ばれる美しい青色の布地が使用されています。

(一見、マチも薄くあまり容量がなさそうだったのですが、印象よりも収納力があり、いつも持ち歩いている500ミリのペットボトルや、コンパクトデジカメなども入りました。更に、もう少しマチが広く、ポケットの数も更に増えれば・・・との意見が複数出ていたので反映されそうな予感・・・)

このサンプルを元に、ブロガーの意見なども取り入れつつ改良を重ねていき、秋ごろ完成の見込みだとか。

『サライ』の通信販売コーナー「らくだ屋通信販売部」で販売される予定。

完成が楽しみです!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

BlueMoon

Dsc_0185weblog

窓を開ければ・・・ブルームーンより先にスカイツリーが目に飛び込んできました。

えぇっ?!その方角でしたか・・・。多分昨日か今日あたりから見え始めたと思われ・・・。随分と大きくなったものよのぉ。

ワクワク度比 「窓から東京タワーが見える」>「窓からスカイツリーが見える」

何故だろう・・・。デザインの好み?!

さて、2010年は、1月と3月の2回「ブルームーン」がある珍しい年。

願い事をしてみようかな♪

☆ブルームーンとは、ひと月のうちに満月が2回あるとき、2回目の満月のこと。

1991年から2010年までの20年間では、そのうちの8年でブルームーンが起こり、

中でも1991年と2010年は、1月と3月の2回「ブルームーン」が。(20年間のブルームーンの回数は計10回)。

また、2018年1月31日の「ブルームーン」に皆既月食があり、晴れていれば日本全国で見えるそうですよ。

http://www.nao.ac.jp/nao_news/data/000509.html(国立天文台ニュース)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

世界選手権、浅田真央優勝!安藤4位、鈴木11位

浅田真央選手が世界選手権で優勝、金メダルを獲得しました!

おめでとうございます!!

男子は高橋選手、女子は浅田選手、二人の努力の天才がアベック優勝です。本当に嬉しいです。

そして、SPで11位だった安藤美姫選手も順位を上げ4位、SP20位だった鈴木明子選手も11位と健闘しました!

(浅田選手のトリプルアクセルは、一本目の単独3Aは認定されました!二本目の3A+2Tのコンビネーションがダウングレード判定となっています。)

http://www.isuresults.com/results/wc2010/wc10_Ladies_FS_Scores.pdf

これからテレビでしっかり見ます♪

<女子結果>

1 Mao ASADA JPN 197.58 2 2

2 Yu-Na KIM KOR 190.79 7 1

3 Laura LEPISTO FIN 178.62 3 6

4 Miki ANDO JPN 177.82 11 3

5 Cynthia PHANEUF CAN 177.54 8 4

6 Carolina KOSTNER ITA 177.31 4 5

7 Mirai NAGASU USA 175.48 1 11

8 Ksenia MAKAROVA RUS 169.64 5 8

9 Rachael FLATT USA 167.44 6 9

10 Viktoria HELGESSON SWE 161.79 9 10

11 Akiko SUZUKI JPN 160.04 20 7

12 Sarah HECKEN GER 153.94 13 13

13 Alena LEONOVA RUS 152.86 14 14

14 Jenna MCCORKELL GBR 150.90 15 12

15 Julia SEBESTYEN HUN 147.66 10 15

16 Yan LIU CHN 141.29 18 16

17 Cheltzie LEE AUS 137.78 17 17

18 Elene GEDEVANISHVILI GEO 137.33 12 21

19 Kiira KORPI FIN 134.49 16 20

20 Sonia LAFUENTE ESP 133.31 21 18

21 Elena GLEBOVA EST 132.85 22 19

22 Min-Jung KWAK KOR 120.47 23 22

23 Anastasia GIMAZETDINOVA UZB 113.89 19 23

24 Manouk GIJSMAN NED 111.94 24 24

http://www.isuresults.com/results/wc2010/wc10_Ladies_SP_Scores.pdf

http://www.isuresults.com/results/wc2010/wc10_Ladies_FS_Scores.pdf

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年3月27日 (土)

フィギュアスケート世界選手権男子シングル(備忘録)

<男子シングル結果>

1 Daisuke TAKAHASHI JPN 257.70 1 1

2 Patrick CHAN CAN 247.22 2 2

3 Brian JOUBERT FRA 241.74 3 4

4 Michal BREZINA CZE 236.06 5 3

5 Jeremy ABBOTT USA 232.10 6 6

6 Adam RIPPON USA 231.47 7 5

7 Samuel CONTESTI ITA 218.66 8 11

8 Kevin VAN DER PERREN BEL 218.43 10 9

9 Adrian SCHULTHEISS SWE 218.26 12 7

10 Takahiko KOZUKA JPN 216.73 4 12

11 Kevin REYNOLDS CAN 216.58 14 8

12 Javier FERNANDEZ ESP 215.66 13 10

13 Denis TEN KAZ 202.46 9 15

14 Sergei VORONOV RUS 200.60 11 14

15 Florent AMODIO FRA 197.25 15 13

16 Anton KOVALEVSKI UKR 186.03 16 19

17 Jinlin GUAN CHN 182.68 19 16

18 Ryan BRADLEY USA 179.24 21 17

19 Alexandr KAZAKOV BLR 175.57 24 18

20 Viktor PFEIFER AUT 170.79 17 21

21 Abzal RAKIMGALIEV KAZ 166.20 22 20

22 Jamal OTHMAN SUI 156.41 20 22

23 Min-Seok KIM KOR 149.31 18 24

24 Ari-Pekka NURMENKARI FIN 148.34 23 23

<スコア詳細>

http://www.isuresults.com/results/wc2010/wc10_Men_SP_Scores.pdf

http://www.isuresults.com/results/wc2010/wc10_Men_FS_Scores.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

高橋大輔選手が世界選手権金メダル!日本男子初

やりました!高橋大輔選手が世界選手権優勝!日本男子として初の金メダルという偉業を達成しました。

☆成長目覚しい小塚選手は10位。SPでは素晴らしい演技だったのに、メダルが見えてFSは緊張してしまったのでしょうか。来季も更に飛躍してくれることを期待しています!

☆3位ジュベール選手の気迫のこもった演技、活き活きとした表情、オリンピックから一ヶ月でよくここまで持ち直したと感動しました。(Albena Denkova&Maxim Staviskiの振り付け。この二人のダンスも大好きでした)

☆今回の試合は、バンクーバー金メダルのライサチェック、銀メダルのプルシェンコが出場していませんでしたが、高橋選手の今回の得点257.70点は、ライサチェック選手がバンクーバー五輪で優勝した時の得点257.67を上回っています!

高橋選手、本当に、本当におめでとう!!

冒頭の4Fは回転不足&両足着氷で残念でしたが、最終滑走で守りに入らず果敢に攻めたことは誇らしい!後半5つのジャンプを見事に決め、すべてのステップ&スピンでレベル4。素晴らしい表現力。情感溢れる演技。

彼こそ「アーティスト」だと思います。

☆振り返れば・・・。

05・06シーズンはトリノ五輪8位に終わり、翌06・07シーズンは世界選手権で銀メダル。

そして、07・08シーズン。

四大陸選手権(08年2月)、高橋選手は264.41の自己ベスト、そして世界歴代最高得点での勝利をおさめました。(現時点でも歴代最高得点)

このシーズンではSPのヒップホップ版白鳥の湖は、意表をつくフィギュアの歴史に革命を起こすプログラム。 そして、FSのロミオとジュリエットは正統派のプログラム。

特にSPの白鳥の湖は、「次のシーズンは大変だろうな。これ以上のプログラムがあるのだろうか?」と個人的には思うほど、画期的な名プログラムでした。

このブログに何度か「(浅田真央選手と)高橋大輔選手は歴史に残るスケーター、トービル&ディーン以来の心震える感動と変革を感じるスケーター」と書きましたが、このシーズンの高橋選手の演技の「感動」と「変革」には、まずプログラムの振り付けあってこそ・・・という部分もあったように思います。(FSでは4T、4T&2T、3Aを見事に決めるなど、もちろん技術的にも素晴らしかったのですが)このシーズンを締めくくる3月の世界選手権では、「これでSP『白鳥の湖』も見納めなのか」と考えると、寂しさを感じたほどでした。

07・08は、世界選手権では4位と表彰台を逃したものの、四大陸&スケートアメリカ&NHK杯では優勝、GPファイナル2位、(三年連続の)全日本優勝と、とにかく輝かしいシーズンでした。

☆そして、高橋選手にとって不運と試練の08・09シーズン。

08年5月には、その画期的なプログラムをともに作り上げたモロゾフコーチとの決別。( この時の報道によれば、モロゾフ氏が織田選手とコーチ契約を結んだことは高橋選手は「寝耳に水」だったとか。)

更に、秋には右膝の前十字靭帯と半月板を損傷。まさに致命的な負傷です。手術とリハビリのため、08・09シーズンの全大会に出場できないことに・・・・。

どれほど辛く、心細く不安な日々だったでしょう。

☆そして、困難を乗り越えての今シーズン。

今季のプログラムSP「EYE」、FS「道」とも高橋選手らしい、というよりも人生の大きな不運と試練を経験した高橋選手にしか演じることの出来ない素晴らしい感動的なプログラムでした。

特に「道」は、今の高橋選手だからこそ表現できる、味わいと深み、軽やかさと生命の輝きがあります。(キス&クライでの長光コーチの笑顔が心に染みました。また、試合後、FS振り付けのCamerlengoさんと抱き合って喜んでいる姿がちらりと映りましたね!宮本さんはどこだ?!と探してしまいました)

更なる柔軟性が加わった高い技術、そして身体の中から湧き上がるような情感とともに表現される音楽は高橋選手の人生そのものだと感じました。

07・08シーズンを遥かに越える感動の演技。

今季のプログラムは高橋選手以外の誰も演じ切れないだろうと思いました。

踊るように滑る選手は多いですが、真に踊り、演じ、表現している選手は、今大会では高橋選手だけだったように感じました。

全身で人生そのものを表現する高橋選手の演技は、魂が揺さぶられる感動でした。

高橋選手はやはり、最高のスケーターでありアーティストです!!

同じ時代に生きていてリアルタイムで演技が見られるなんてフィギュアスケートファンとして幸せの極みです。

高橋選手、世界選手権優勝おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

フィギュア世界選手権男子SP、高橋トップ、小塚4位、織田28位

フィギュアスケート世界選手権、男子SPは高橋大輔選手がトップ、2位はパトリック・チャン選手、3位はブライアン・ジュベール選手、4位は小塚崇彦選手です!

(織田選手はSP28位。残念ながらFS出場の24位以内に入れず・・・。)

今回は、プルシェンコ、ライサチェックが出場しておらず、多くの海外メディアで高橋選手は優勝候補の筆頭にあげられていました。そして、小塚選手も大会の度にめきめきと実力をつけてメダル圏内。日本のテレビも中継して欲しい・・・。

日本選手の演技は、男子も本当に素晴らしいのに、どうして日本のテレビはどこも中継しないのか不思議です。是非とも中継して欲しいです!

高橋選手、小塚選手、FSも頑張れ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

アイススレッジホッケー、日本は銀!

昨夜は徹夜してしまいました。徹夜でバンクーバーパラリンピック、アイススレッジホッケー決勝戦、日本対アメリカをテレビ観戦です。

手に汗握る熱戦。

結果は、0対2でアメリカに敗れ、銀メダル!

敗れたのは本当に惜しかったけれど、歴史的快挙、初のメダル獲得です。

試合終了直前に1点加えるなど最後の最後までアメリカは強かった。

それにしても激しいスポーツです。

スピードといいスレッジがぶつかり合う迫力といい、まさに「氷上の格闘技」ですね。

試合後、選手の身体から白い湯気が見えていました。 文字通り「熱闘」。

銀メダルおめでとうございます!(^^)

☆テレビ中継は、銀メダルが日本選手の首にかけられようとしているところで、まさかの放送終了!感動の瞬間だったのに~~~あと5分見たかった(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年3月21日 (日)

狩野選手が金、森井選手が銅メダル獲得!

パラリンピック、アルペンスキースーパー大回転男子座位で、狩野亮選手が金メダル、森井大輝選手が銅メダルを獲得。

おめでとうございます!

そして、これからアイススレッジホッケー決勝。日本が初優勝をかけてアメリカと対戦です。

(NHK総合で中継するようです)

頑張れ日本!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カタリーナ・ヴィットさんがツイッター

サラエボ&カルガリー五輪の金メダリスト、カタリーナ・ヴィットさんがツイッターを!

https://twitter.com/Katarina_Witt

感激。あのカタリーナのつぶやきが読めるなんて。

海外選手はツイッターをやっている人が結構いて、五輪中もつぶやいている選手も多かったです。

日本のフィギュアスケーターのつぶやきも読みたいなぁと少し寂しく思ったり、きっと返信を読むのが大変になりそうだから始めなくてもよいのかもと思ったり・・・・・・。ファン心理は複雑(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

パラリンピック 新田佳浩選手が金メダル!

日本選手団主将の新田佳浩選手がノルディックスキー距離男子10キロクラシカル立位で金メダルを獲得しました!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100319-00000004-maip-spo

新田選手が所属する日立システムスキー部のブログを発見。

http://www.skiblog.jp/nitta.php

日頃のトレーニングや競技への熱い思いが綴られていてジーンときました!

おめでとうございます!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

プルシェンコ選手に独自の金メダル贈呈計画が

バンクーバー五輪銀メダルのエフゲニー・プルシェンコ選手のロシア国内の支援者らが、独自の金メダルを贈呈する計画を進めているそうです。

メダルの表面には「バンクーバー2010」の文字と4回転ジャンプをするスケーターのデザインと報じられています。

http://mainichi.jp/select/world/news/20100316k0000m030081000c.html?link_id=RSD03

ファンからは、金メダル作製のために使ってほしいと、金の指輪やイヤリングを送りたいとの申し出が相次いでいるとか。

銀メダルを「プラチナメダル」と自身のHPに掲載していたプルシェンコ選手ですが、

http://takakowatanabe.cocolog-nifty.com/photoblog/2010/02/post-9141.html

プルシェンコ選手へのファンの熱い気持ちと敬意が伝わってくるニュースですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

ヱビスビール記念館「エビスツアー」に参加しました

Dsc_0064weblog_3

WEBサライのサライブロガー特別イベント「ヱビスツアー」に参加してきました。

(実は先日、小学館の月刊誌『サライ』とニフティがサライの20周年を記念して共同で運営するサイト「WEBサライ」の「サライブロガー」に縁あってお声を掛けていただいたのです。『サライ』は旅など興味深い特集が多く、掲載されている写真もとても美しいことから以前から大好きな雑誌だったので大変嬉しかったです。)

☆「ヱビスツアー」はヱビスビールのエキスパート「ブランドコミュニケーター」による、ヱビスビールの歴史などの館内説明(約20分)+ヱビスビールの試飲(約20分)で約40分のコースです。

Dsc_0002weblog_2 Dsc_0093weblog_3

ヱビスビールが2月25日に発売120年を迎えたことを記念して恵比寿ガーデンプレイス内にオープンした「ヱビスビール記念館」。一歩足を踏み入れると、そこにはヱビスビールの世界が広がっていました。

1890年(明治23)発売のヱビスビール。

Dsc_0012weblog_2 Dsc_0014weblog Dsc_0010weblog_2

ヱビスビールは、マン・レイと同年生まれ。

Dsc_0023weblog_2 Dsc_0024weblog_2

ヱビスビールの知名度が広がり始めたのは、当時の馬越恭平社長がPRのために1899年(明治32)8月4日に開設した恵比寿ビアホールがきっかけ。8月4日はビアホールの日に認定されているそうです。

Dsc_0021weblog_2 Dsc_0022weblog_2

ビアホール最初のつまみは大根スライス。人気はいまひとつ。というわけで、海老や蕗の佃煮が登場。

Dsc_0017weblog_2

1904年(明治37)ごろのビール一本の値段は20銭。当時、庶民の食べ物であるかけそば1杯が約2銭。庶民には高価な飲み物だったのですね。

Dsc_0030weblog_2

1900年にはパリ万博に出品。金賞を受賞。明治時代にヱビスの味が世界的な評価を受けていたことには感動します。ブランドコミュニケーターの方の語りも熱がこもっていました。金賞受賞の焼印が入った贈答用木箱は大正から昭和初期のもの。

Dsc_0044weblog

輝かしい歴史の一方、悲しい歴史も。1937年(昭和12)を境に、経済は急速に戦時色が濃くなり、物資は不足。1940年(昭和15)にはビールが配給制に。1943年(昭和18)には、全ビールメーカーのブランドが廃止され、「麦酒」という表記のラベルに統一されました。

そして、1972年(昭和47)12月。戦争で販売を中止していたヱビスビールが復活しました。

ヱビスビールの歴史を学んだ後は・・・・

試飲タイム。

Dsc_0066weblog Dsc_0070weblog

最適な状態で提供されるビールは最高に美味しい。ヱビスビールと琥珀ヱビスの二種類をいただきました。

レア・ラベル(ラッキーヱビス)の話や、美味しい缶ビールの飲み方のレクチャーも楽しかったです。誰かに話したくなるミニ知識(笑)

☆今回のツアーを通じて感じたことは、やはりヱビスビールは美味しい!ということ、そして、会社の歴史や技術、商品に愛と誇りを持てることの素晴らしさです。ますますヱビスビールが好きになった40分でした。

☆もっとヱビスビールを楽しみたいと言うことで、参加者有志はツアー終了後、場所を恵比寿ガーデンプレイス内のビアステーションに移し、更にビールへの理解と(?)親交を深めたのでした。お世話になったヱビスビール記念館の皆さま、サライ編集部&ニフティの皆さま、サライブロガーのお仲間の皆さま、本当にありがとうございました♪

ヱスビール記念館&ヱビスツアーの詳しい情報は↓こちらをご参照くださいませ。

http://www.sapporobeer.jp/brewery/y_museum/index.html

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

パワーランチ

ANA同期で友人の村瀬美幸ちゃんと、

美幸ちゃんとワイン・チーズつながりのSさんと六本木でご飯。

Dscf1745weblog_2

海鮮丼。(気づけば、私までSさんにゴチになっておりました。Sさん、ご馳走様でした!恐縮です。)

その後、美幸ちゃんと二人でお茶@TORAYAカフェ。

Dscf1749weblog_2

心地よい空間。

Dscf1759weblog_3

日本茶は和みますね。

お茶を飲みながら、あれこれ今後の作戦会議・・・・・・。

そういえば、美幸ちゃんとは仕事だけじゃなく、オフの時間も結構一緒に過ごしたなぁ。

そうだ、バディシステム!

一緒に赤十字救急法救急員の資格を取りに講習を受けに行き、バディを組んだのです。

筆記試験のほかに、倒れたバディを背負って救助する実技試験もあったのだけれど、美幸ちゃんは背が高いので身長差がきつかった~(笑)

色んな話をするうちに、あれこれ楽しい企画が次々思い浮かびました。少しずつ楽しい企画を実現していきます♪

しっかりした専門分野がある人って本当に素晴らしいよな~。尊敬。

(美幸ちゃんは、シュヴァリエ・デュ・タストフロマージュ、チーズプロフェッショナル、シニアソムリエ、シニアワインアドバイザー 、インターナショナル・カゼウス・アワード日本代表で世界2位なのです。)

気分はすっかり美幸ちゃんのマネージャー&プロデューサー。もしくは宣伝部長(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

村主章枝さんが会見

村主章枝さんが記者会見を行いました。

現役続行の希望を表明しつつも、スポンサーが見つからなければ引退の可能性も。

厳しい経済環境が続く中、スポンサー探しは大変なことだと思います。

そして、多額の費用がかかるフィギュアスケートを競技選手として続けることも本当に大変なこと。

村主さんは(現在のフィギュアスケートブームが起きる以前から)長年日本の女子フィギュアを牽引してきた選手の一人です。

会見では「アラサーの星に」と話していましたが、誰かのためとか、ファンのためではなく、村主さん自身のために頑張って欲しいです!

他の誰のためでもなく、大好きなスケートを続けたいという村主さん自身の希望をかなえるために。

ん~。私が儲かっている会社の社長か宣伝部長だったら・・・・・・。

すみません。「たられば」の話じゃないんですよね。

自分の甲斐性の無さが、なんとももどかしいです。

頑張れ、村主章枝さん!

(☆妹の千香さんのブログにも記者会見に至る経緯などが書かれていました。)

http://ameblo.jp/chikasuguri/entry-10479568963.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

たこ焼きパーティ

Dscf1700weblog

先日、お世話になっている写真家Nボスさんにお誘いいただき、たこ焼きパーティ@Nボスさんのスタジオ。

(雑誌の連載のお仕事でご一緒して以来、Nさんには長年何かとお世話になっています。)

実は、この日のたこやきパーティはNボスさんのいわば息子的存在の写真家Kさんの結婚祝いも兼ねたパーティだったのです。(ちなみに、私はKさんのことを勝手に写真アニキと思っている。年下だけど・・・・・・。)

広告写真家の方々、大手フィルムメーカー、元館長さんはじめギャラリー関係者、プロ向け機材店など写真関係者の方々、Kさんが撮影を担当している携帯電話会社の方などが集まってとても賑やかな会でした。

「披露宴のリハ」と称して、集まったメンバーそれぞれから祝辞。

私は(ホントは初対面の)新婦の幼馴染役に指名されました。

全員が思いつくままに新郎新婦との妄想エピソードを並べるので何が本当かさっぱりわからず面白かったですw

Dscf1701weblog

↑たこやきパーティーのために用意された提灯。スタジオの入り口には「たこ焼き 営業中」のポスター(笑)

Nボスが作るたこ焼きの期待を上回る美味しさ。想定以上の売れ行きに途中から具が無くなり、Kさんの奥さんがこそっとタコの代わりに柿の種を仕込んだロシアンルーレットたこ焼きが振舞われました。なかなかファンキーな奥様ですwしかも美人。

皆の笑顔が絶えない心温まるパーティでした。(Kさん&Nボスの人柄と人望ですね!)

Kさん、末永くお幸せに♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

噂のラー油

Dscf1710weblog

流行りにのせられて購入した噂の桃ラー。

「桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油」

トライしてみました。

「少し辛い」って?!

私には全然辛くない(笑)

ラー油というよりガーリックオイルの類ではないかと。

これはあれこれ料理に使いたくなりますね。

というわけで早速。

Dscf1720weblog

夜食に焼きビーフンを作ってみた。

これはチャーハンとか餃子、パスタなんかにも使えそう♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

3月10日

1945年3月10日東京大空襲。

300機超の米軍B29による無差別爆撃。

犠牲者約10万人。

地獄絵図だったと父と祖母に聞いた。

二度と戦争はすべきでない。

そのためにも、非戦闘民に無差別攻撃を容赦なく繰り返し行うような大国とは余程上手くつきあっていかねばならないのではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つれづれ

前回の更新から間が空いてしまいました。

というのも・・・。なんと書いてよいものやら。

感動的な女子フィギュアの熱闘。これまで(札幌五輪以来)私が見てきた冬季五輪フィギュア女子シングルの中でも記憶に残るであろう素晴らしい演技の数々。一方で、個人的には後味の悪さもこれまた記憶に残るであろう大会だと思ったのです。

女子SPについての日記でも書きましたが、basevalueや、GOEやFPCについては一スケートファンとして感じることがありました。

子供の頃から大好きだったフィギュアスケート。大好きな競技ゆえ、なるべく自分の主観を取り除こうとしても湧き上がってしまう疑問と違和感。

前回の日記でご紹介した『フィギュアスケーター』で爆笑して涙して、それがガス抜きになってはいけないと思いつつも・・・。

一スケートファンとしては、多くのファンがあまりに大きな違和感を感じないような採点方法となることを祈りつつ、日本や他の国の選手達の素晴らしい演技と健闘を心に残したいと思います。

☆浅田選手、3Aを含めノーミスだったSPの演技、そしてFSの二度の3Aの成功と鬼気迫るステップ、本当に心に残る演技と攻めの姿勢に感動しました。ソチまでずっと応援します!

(SP、FSどちらか一方でもローリー・ニコル振り付けだったら・・・いろんな意味でのリスク分散が出来たのではないかと思ったりもしました。もちろんそれが出来ない事情もあったかもしれないと思いつつ・・・。FSの衣装は改善の余地があったような気がしました)

☆安藤選手、SP、FSも良かったけれど、一番良かったと思ったのは情感溢れるEXの演技。心に響きました。

(FSの衣装は大胆でしたね。トラ柄などコンセプトがつかみにくい衣装も多かっただけに、五輪本番でどんな衣装を着てくるのか気になっていましたが、曲にも安藤選手にも似合っていましたね。インパクト大!一方、EXの衣装はお母様が用意したそうですが、露出の少なさが母親目線というか親心を感じました)

☆鈴木選手、FSの喜びや生命力がはじける演技が感動的。スケートの楽しみや魅力そのものですね。EXも見たかったな~。

☆EXと言えば、プルシェンコの演技は圧巻でした。

☆さてさて、

間もなく世界選手権。

引き続き応援しますよ~!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »