« 今年も豊作 | トップページ | たまに飲みたくなるもの »

2010年6月28日 (月)

炭素クレジット国際取引の現場から

先週、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)京都メカニズム事業推進部長の清水康弘さんが講師をつとめる勉強会に参加しました。NEDOは、政府の委託を受けて、炭素クレジットの調達業務を行っており、その責任者が今回の講師である清水さんです。<続き>

|

« 今年も豊作 | トップページ | たまに飲みたくなるもの »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 炭素クレジット国際取引の現場から:

« 今年も豊作 | トップページ | たまに飲みたくなるもの »