« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

マン・レイ展

Dscf2372weblog

先日、国立新美術館で開催中の「マン・レイ展 知られざる創作の秘密」を鑑賞しました。

マン・レイと言えばソラリゼーションやレイヨグラフなどの手法を使った写真でお馴染みですが、多岐にわたる分野で作品を創作しています。

展示には、写真、絵画、彫刻、デッサン、映画、そのほかマン・レイの所持品も。

でも、やはりマン・レイは「写真」なんだよな~。もっと写真の展示数が多ければいいのに、などと思いつつ、見所満載。映画の鑑賞時間を計算せずに行ったので、時間が足りなかった・・・。映画は、もう少し時間をかけてじっくり見たかった。(「アンダルシアの犬」が好きな人は、もしかしたら好きな系統の映画かも知れない。あれほどの衝撃は無いけれど・・・。)

代表作の一つ「黒と白」は、やはり傑作です!

☆それにしても今年の夏の暑さと湿気は耐え難い。人にとっても、写真作品にとっても。作品保護の目的で、会場は冷房がきつめに入れられていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

つれづれ

Dsc_2469web

わけあってテレビの無い生活を送っています。

(「わけ」=緊縮財政&実験)

5日目突入。大きな問題も無く。

ラジオ、ネット、ワンセグで必要な情報はほぼ網羅。

最大の問題はフィギュアスケートシーズン。やはりスポーツはテレビですね。

あとは、笑点が見られないのはつらい!長年に渡る日曜夕方の習慣ですから(笑)

☆昨夜はJMMの編集で最近では「BORN TO RUN や「 フリー 」等の大ヒットを連発している松島さん&JMM寄稿家で経済評論家の津田さん、五輪メダリストで競輪選手で最近は政治にチャレンジ中の長塚智広さんと飲み会。(@神楽坂)

政治の話やマスコミの話などで盛り上がりました。

二軒目で、侍ハードラー・為末大さん、TBSの白畑さんも参加。(お二人には初めてお目にかかりました。為末さんは、以前から一度お話を伺ってみたいと思っていましたが、思いがけない形で実現。やはり凄い方でした。)

それにしても皆パワフル・・・・・・。

ワタクシこれまで友人や恩師に「生命力が強い!」と度々言われてきましたが、パワフルな皆さんを前に「私って、生命力弱すぎかも・・・」と思ったり(笑)

刺激的で楽しい宴でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

「レスラー」

遅ればせながらミッキー・ローク主演の「レスラー」を劇場鑑賞。

現在唯一の上映館、ワーナー・マイカル・シネマズ守谷(茨城!)まで行ってきました。

夜中にツイッターのやりとりをしていて、ミッキー・ロークの話題からこの映画の話になり、どうしても劇場で観たくなったものの、守谷・・・。

しかし、つくばエクスプレスがあるので思ったよりも(時間的な距離は)近かった。

☆「レスラー」は2008年公開の映画で、ゴールデン・グローブ賞主演男優賞/ゴールデン・グローブ主題歌賞/ヴェネチア国際映画祭金獅子賞/トロント映画批評家協会賞主演男優賞/ボストン映画批評家協会賞主演男優賞/英国アカデミー賞主演男優賞/ロンドン映画国際協会賞作品賞と、数々の受賞。

かつて全米ナンバーワンレスラーだった男が50代になってもスーパーでアルバイトをしながらプロレスを続けているのだが、ある日(年齢的にハードな試合や使用している薬の影響もあってか)試合後に心臓発作で倒れてバイパス手術。 (プロレスはもちろんドクターストップ。)

そのことをきっかけに、一旦は引退を決意し、スーパーのデリカ売り場のアルバイトに専念。疎遠になっていた娘や馴染みのストリッパーに心の拠り所を求めつつも・・・。最後は命を賭けて自分が輝ける場所であるリングに戻っていく・・・。というストーリー。

泣きました。

ミッキー・ロークが切なくて哀しくて痛々しく、そして最高にカッコイイ!!

ストリッパー役のマリサ・トメイが美しくて愛しくて、やっぱり哀しい。(そして見事な脱ぎっぷり)

また、レスラー同士の人間関係にも心揺さぶられました。

それにしても、ミッキー・ロークは凄い俳優だな~。

レスラー スペシャル・エディション

レスラー スペシャル・エディション

価格:3,591円(税込、送料別)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

プルシェンコの競技会出場資格剥奪処分決定

ISUが、エフゲニー・プルシェンコの競技会出場資格剥奪の処分が確定したと発表しました。

3月と4月にロシア連盟の許可なしにアイスショーへ出演したことによる処分決定から21日以内に異議申し立てを行う権利を有していたものの、申し立てはなかったため出場資格剥奪処分が確定・・・。

http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2010082400657 「プルシェンコ、競技会出場資格失う=ISU規定違反、異議申し立てせず」時事)

http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20100824-OYT1T00573.htm「プルシェンコ資格はく奪、許可なくショー出演」読売)

☆今回の処分確定により、ソチ五輪を含むISUの全ての競技会に出場する資格を失ったことになります。

プルシェンコは、フィギュアスケート界の宝。

本当に残念なニュースです。

☆以下、ISUの発表文

Note to ISU Communication No. 1622, item 5, eligibility of Mr. Evgeny Plushenko (RUS) 23 Aug 2010 08:56

Further to the Decision of the ISU Council on the eligibility of Mr. Evgeny Plushenko published in ISU Communication No.1622, item 5, the ISU informs that no appeal against this Decision has been filed by Mr. Evgeny Plushenko within the 21 day deadline and that as a result the above Decision of the Council has become final. The ISU Members are obliged to take due notice of the ineligibility of Mr. Evgeny Plushenko for any ISU activity.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

銀座ぶらぶら

Dscf2316weblog

☆銀座のポーラ ミュージアムアネックスで開催されていた『桐島洋子 骨董物語』に。桐島洋子さんが、収集した骨董の展示。

桐島さんは、50歳を過ぎた頃から骨董の魅力にのめり込んだそうです。ドラマチックな桐島さんの人生と骨董が持つ物語を想像し重ねながら、どっぷりと骨董の魅力に浸ってきました。

☆以前お世話になった局の方がプロデュースされている番組を見学。10年ぶりにお目にかかるので覚えていらっしゃるかな~などと少々不安に思いつつご挨拶したのですが、10年前と変わらぬ笑顔に感激。また、以前よりも更に活き活きとされている姿を見て、刺激を受けました。好きなことを仕事にしているパワーって強いですね!

☆炎天下でも少しだけ銀ブラ。ブランドショップのショーウインドーはすっかり秋冬物。どれも素敵でしたが、この暑さでは、まだ冬支度は考えられませんでした。緊縮財政中なので、全く物欲が沸かずに良かったのかも(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NIKON D3100

「そろそろ」との噂が流れていましたが、ついに!ニコンのデジタル一眼エントリーモデルの新製品が発表となりましたね。

NIKON D3100。

新開発のニコンDXフォーマットCMOSセンサーと新画像処理エンジン「EXPEED2」を搭載。

CMOSセンサーは、14.2メガピクセル(D3000は10.2メガピクセル、CCDセンサー)。

常用感度はISO100~3200で(D3000はISO 100~1600)、Hi2(ISO 12800相当)までの増感設定が可能。

新しい「EXPEED2」では、どのような画となるのか気になりますね。そのほか、ライブビュー撮影機能やフルHD動画撮影「Dムービー」なども搭載しています。

9月16日発売予定。

☆現在使っているデジ一のサブがD40Xなので、そろそろ買い替えかな・・・と思いつつ。

物欲は尽きず。

う~ん、かなり気になります!

D3100 レンズキット

D3100 レンズキット

価格:74,800円(税込、送料込)

D3100

D3100

価格:64,800円(税込、送料込)

(気になる価格は、ニコンダイレクトでは、8月22日時点でボディのみが6万4800円、レンズキットが7万4800円。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

つれづれ

最近の物欲。

ニコンのデジタル一眼新製品発表近しとの噂もありつつ、目先の物欲はコンパクトデジカメに向かっています。

現在使用しているFujifilm Finepix F100fdの画質や使い勝手やコストパフォーマンスなど満足度があまりにも高かったため、その後新製品を見てもコンデジに関する物欲は低かったのですが・・・。

画質には満足しつつも、もう少し高倍率が欲しい時も。(F100fdは5倍)

F80EXR(10倍)か

間もなく発売のF300EXR(15倍)か・・・。

どちらも1/2型スーパーCCDハニカムEXR原色フィルター。

(画質だけ比較したら、今使っている旧モデルのF100fdで十分満足なんてことがあるかもしれないと思いつつ・・・。)

ズームに心惹かれ物欲が膨らみがちな今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

ベルギービールと料理のマリアージュを楽しむ会

Dscf2195web

WEBサライ(雑誌『サライ』+ニフティ)のオフ会(宴会?暑気払い?)「ベルギービールと料理のマリアージュを楽しむ会」に参加してきました。

場所は銀座のベルジアンビア・カフェ アントワープシックス

http://www.belgianbeercafe.jp/

ベルギーは、1000年の伝統と、100を超える醸造所、800種類以上といわれる銘柄を持つ地ビール王国。そして、ベルジアンビア・カフェ(以下BBC)は、世界最大のビール醸造企業ABInBev社(世界市場シェア25%占有企業!)の公認ブランドです。

ベルギービールと伝統的ベルギー料理のマリアージュを、本物のアンティークインテリア空間で味わうことにより、ヨーロッパ文化そのものを身近に体験できることをコンセプトに、ヨーロッパを中心に米、豪など全世界に展開していて、アジア初出店は、2003年12月に大阪・淀屋橋「Barrel」。そして05年には東京・丸の内に日本第2店舗目となる「ANTWERP CENTRAL」、07年9月に東京・銀座「ANTWERP SIX」、 08年3月には東京・赤坂「ANTWERP PORT」がオープンしました。

BBCでは、歴代ワールドドラフトマスター日本チャンピオンを輩出していて、この日は岩本裕愛(いわもとひろえ)さんがサーブしてくださいました。

Dscf2203web

美味しいビールを最高の状態で提供するための「9ステップ」と呼ばれるプロの技。

Dscf2200web

グラスの洗浄、注ぎ方、泡の量など、間近で見てもほれぼれする熟練の技でした。

さて、この日のマリアージュ。

1、トマトクルヴェット&樽生(ドラフト)ステラ・アルトワ

Dscf2221webDscf2219web

小エビをマヨネーズで和え、トマトとあわせた夏らしい前菜と、世界で最も多く飲まれているベルギービールの組み合わせ。フレッシュなトマトの酸味とキレのあるステラ・アルトワは夏の宴のスタートにふさわしい。

2、ムール貝のキャセロール蒸し(ビール風味)&樽生(ドラフト)ヒューガルテン・ホワイト

Dscf2238web Dscf2230web

待ってました!ベルギーといえばムール貝。ヒューガルテンはコリアンダーやオレンジなどを加えて作られていて、ほのかなスパイシーさと清涼感があります。

Dscf2241web

ヒューガルテン・ホワイトで蒸しているので、この組み合わせも当然のごとく好相性です。スープも残さず頂きました。

3、子羊ときのこのクロケット&トラピストビール オルヴァル

Dscf2263webDscf2270web

子羊とローズマリーの芳香と、オルヴァルの爽やかでありながらパンチの効いた味わい、豊かなフレーバーと苦味。ただただ幸せ。オルヴァルはトラピストビールの最高峰と呼ばれているそうです。

4、牛ホホ肉のビール煮込み カルボナードフラマンド&樽生(ドラフト)レフ・ブラウン

Dscf2276web

ビールの王国ならではの一品。とろけるような食感。あまりの柔らかさに「こんなに贅沢しちゃって良いのでしょうか?!」という気分に。レフ・ブラウンは、大麦を焙煎、深い茶色、フルボディ。熟したフルーツのような味わい。(写真失念。この頃になると、だいぶまわっていたようで・・・)

5、シメイ・ア・ラ・ビエル&トラピストビール シメイ・ホワイト

Dscf2284web

ウォッシュタイプのチーズ。良質の牛乳にホップ液を加えて製造した後、シメイビールでウォッシュ。ウォッシュタイプは強烈な味わいも多いですが、上品な味わい。シメイホワイトはドライですっきり爽やか。(チーズの写真を失念・・・。夢心地のピークでした。)

6、セージ風味のイチゴのスープ ハーブのアイスを浮かべて&樽生(ドラフト)ベルビュー・クリーク

Dscf2286webDscf2287web

締めくくりには、ベルビュー・クリークを使ったデザート。ベルビュー・クリークは、伝統的自然発酵ビールにチェリーを漬け込み熟成。家でも時々飲んでいますが、やはりお店で提供されるものは格別でした。

☆ベルギービールには、その銘柄やブランドごとにそれぞれ決まったグラスがあり、ビールの美味しさを引き出すために徹底したこだわりが見られます。

Dscf2267web

(トラピストビールのオルヴァル専用の聖杯型グラス。「トラピスト」だから「聖杯」というだけではなく、豊かな香りの広がりを楽しんだり、トラピストビールはアルコール度数が高いものが多いので、ゆっくり飲むために傾けにくい形に・・・などの理由があるそうです!)

そして、それぞれのビールには専用コースターがあり、これまた楽しみの一つ。

Dscf2226web Dscf2252web

ベルギービールとベルギー料理を思う存分堪能した贅沢な時間でした。

Dscf2233web

参加者の皆さま、岩本さんはじめBBCの皆さま、プレスの鈴木さん、サライ&ニフティの皆さま、楽しい時間をありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

キャンディード

Dsc_0173web

村瀬美幸ちゃんにご招待いただき、佐渡裕さん指揮のオペラ(コミックオペレッタ?ミュージカル?)「キャンディード(CANDIDE)」に。

哲学的で荒唐無稽でパワフル。

特に、クネゴンデ(Conegonde)役のマーニー・ブレッケンリッジ(Marnie Breckenridge)の声、声量、技巧、華やかさ、チャーミングさにはノックアウトされました。

そして、フィナーレ"Make our garden grow"では生きるエネルギーがわいてきました。

素晴らしい時間。

その後蕎麦屋で一杯。あぁ、なんと贅沢な週末。

幸せを感じつつも、焦燥感。

Make our garden grow.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »