« 『GALAPAGOS』で電子書籍<その1> | トップページ | 2011フィギュアスケート世界選手権 »

2011年5月 3日 (火)

『GALAPAGOS』で電子書籍<その2>

_dsc0447web

『GALAPAGOS』で、最初に何を読むか・・・・・・。

手始めに3冊を購入してみました。

☆『NHKテレビテキストのご案内 「ビジネスパーソンのための 実践!英語でしゃべらナイト」 2011年春』(NHK出版)価格につられました。(無料でした!)

☆『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』岩崎夏海著(ダイヤモンド社)

☆『わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!』兼高かおる著(小学館)

正直なところ、実際に電子書籍端末を使ってみるまでは、「便利かもしれないけれど、やっぱり紙に印刷した本の方が読みやすいんじゃないの?」と思っていましたが……。

_dsc0448web

液晶画面は、思っていたよりずっと目に優しく、簡単に文字の大きさをかえて表示できるのが便利。

_dsc0449web

いや、「便利」というよりも、文字の表示を好みのサイズに換えることで、これほどまでに読みやすくなるとは思いませんでした。ありがたや。

ちなみにワタクシ、年齢的にはそろそろですが、まだ老眼の自覚症状はありません(^_^;) 

文字が大きくて認識しやすいせいか、何となく読むスピードが速くなった気もしました。

そして、『GALAPAGOS』には、紙に印刷された本には無い機能が。

_dsc0479web

動画や音声を含むコンテンツを楽しめます。

_dsc0517web

指でなぞってマーキング。マーキング箇所をあとから検索することも可能。

_dsc0525web

調べたい言葉をなぞり、内蔵の辞書で調べることも。

_dsc0523web

バッテリー駆動時間は(メーカーのデータによると)5.5型のモバイルモデルで約7時間。

☆私の場合、今後どんな場面で『GALAPAGOS』が活躍するか考えてみましたが、通勤・移動時はもちろん、旅の御伴にぴったりではないかと思います!

経験上、よほど豪華な旅以外は荷物が重いと気も重くなりがち。これまで、旅先に持っていく本はなるべく厳選して最小限に絞り込んでいましたが、『GALAPAGOS』なら、同梱の8GBメモリーカードに書籍なら1万冊以上保存可能。重量がネックになることなく好きなだけ旅先に。また、現地で急に読みたくなった本をダウンロード。ディスプレイの明るさが調整できるため、ホテルの部屋の薄暗い照明でも読みやすそうです。「たら・れば」ですが、航空会社勤務時代、渡り鳥のような生活をしていたあの頃『GALAPAGOS』があったら、ステイ先での読書がもっと充実していたのになぁ……(笑)

☆今後に期待したいこと。

○新聞・雑誌の充実。特に新聞の取り扱いがまだ少なく、選択肢が限られています。海外紙・雑誌の取り扱いも今後期待したいところです。

また(LAN環境以外でも同期で使える)『GALAPAGOS Station』から新聞・雑誌の購入もできるようになると便利。

○映画等の動画コンテンツや音楽コンテンツの販売。

○いつも電子辞書を持ち歩いている私としては、『GALAPAGOS』にSHARPの電子辞書がそっくりそのまま内蔵されるかダウンロードして使えるようになったらかなり嬉しい。

『GALAPAGOS』で電子書籍を楽しみつつ、今後の更なる進化に期待しています☆

|

« 『GALAPAGOS』で電子書籍<その1> | トップページ | 2011フィギュアスケート世界選手権 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『GALAPAGOS』で電子書籍<その2>:

« 『GALAPAGOS』で電子書籍<その1> | トップページ | 2011フィギュアスケート世界選手権 »