« 品薄続くガイガーカウンター | トップページ | 劇団四季の現在過去未来と顧客満足 »

2011年6月30日 (木)

つれづれ

Dsc_2152weblog

親しい人との別れはいつも悲しいものですが、自分より若い人を見送るのはこたえますね。

寂しさと、「一期一会」という言葉の重みをかみしめています。

|

« 品薄続くガイガーカウンター | トップページ | 劇団四季の現在過去未来と顧客満足 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つれづれ:

« 品薄続くガイガーカウンター | トップページ | 劇団四季の現在過去未来と顧客満足 »