« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月30日 (水)

ページを開く前に泣いた

「浅田真央 そして、その瞬間へ」(吉田順氏著 学研教育出版)が届いた。

本文を読む前に本の装丁で泣いたのは初めて……。

ファンにはあえて説明が無くても通じる願いが、そっと表現されているのを見つけ……。

学研教育出版の担当者さん&デザイナーさん素敵だ!(;_:) 真央ちゃんは、本当に沢山の愛に包まれている。

そして、ページを開き……。

プロローグを読んだだけで涙腺崩壊。

| | コメント (2)

Japan Open 2013

Dscf0370web

あまりに長くブログを放置していて、たまたまこちらのブログをご覧になった方に「ジャパンオープン?いつの話だ?!」と、思われるのではないかと思いつつも、このブログは私自身の備忘録的なものでもあるので、アップすることに……。

というわけで。

10月5日(土)、雨の中、今年もジャパンオープン観戦に。

あたたかくて選手と会場の一体感があって、良い大会でした。

プロ&アマ参加ということで、試合といってもショー的な意味合いもありつつ、SNSなどみていると(主に海外の)スケートファンの間で、ジャパンオープンの位置づけやコンセプトはどうなのよ?という戸惑いの声もありつつ、その辺の疑問を私自身も多少は感じつつ……。それでも選手の皆さんが高い本気度で臨む演技、全ての選手に惜しみない拍手を送るアットホームな観客の応援、シーズン初公開の演技……。それはそれは一スケートファンとして楽しい大会でした。

中でも、圧巻は、浅田真央選手の今シーズンのFSプログラム。タチアナ・タラソワさん振り付けのラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。

浅田真央選手の演技が始まる直前、会場が水を打ったように静まり返ったのですが、その沈黙がとても長く感じられました。

ファンの期待と祈りに近い気持ちが、彼女にも十分に伝わっていたと思います。

そのプレッシャーをエネルギーにしての演技は、圧倒的な美しさと力強さでした。(特に、後半のスタミナ、スピードは、これまでの彼女のスケートから更なる進化を遂げたことを感じました……。)

鳥が空を舞う力強さと軽やかさ。そして、どの瞬間も彼女のスケートに対する愛と真摯な心が伝わってきました。

冒頭のトリプルアクセルにはじまり、コンビネーションジャンプを含む6種類のトリプルジャンプ(それに加えて2A+2T)、最高レベルのスピン、演技終盤の怒涛のステップ……。これだけの超高難度なプログラムを最高の技術と美しさで演技するための日々の心身への負荷は、想像を絶するものがあります。

浅田選手が、今シーズンを現役生活の集大成として事実上の引退宣言をしたことを、とても寂しく思いましたが、渾身の演技と、演技終了後の輝く笑顔を目の前で観て、彼女の決断に心から納得しました。

感動、そして元気と勇気がわいてくる素晴らしい演技にただただ感謝。

(以下、試合スコア。)

http://www.jsfresults.com/InterNational/2013-2014/jo/data0105.pdf

http://www.jsfresults.com/InterNational/2013-2014/jo/data0205.pdf

| | コメント (0)

気付けば

ブログを放置しておりました……。

ついついFBを更新しては放心して終える日々が続き。

仕事先で「ブログに書いてましたね」と言われることが度々あり、もう少し真面目にブログを更新せねばと思ってはいたのですが……。

さて。

先週、ちょっとした手術を受け、無事昨日抜糸しました。

日本は、いい国だな~と、あらためて思いました。

もちろんいろいろな問題を抱えていることは確かですが、私のような零細個人事業主でも加入できる国民健康保険があって、医療機関を自分で選ぶことができ、清潔な医療施設でちゃんとした医療が受けられ、平均寿命も世界最高レベル。

それが当たり前のように感じてしまうこともありますが、本当にありがたいことです。

幸せ!!  

というわけで、もう少しまめに更新します。(多分)。

| | コメント (0)

2013年10月23日 (水)

手術

口腔外科で歯根嚢胞を取り除く手術。終わりました!以前にも同じ手術をしたことがあったのですが、今回は痛い!!(ToT)とにかく痛い!! 麻酔切れるの速すぎ。(ノД`)・゜・。 
ロキソニンを飲んで、ようやく痛みがおさまってきました。

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »